サンシャイン水族館の大水槽の様子

     


昔は巣鴨プリズン。その後は日本一の高層ビルのサンシャイン60。そしてサンシャイン水族館、コニカミノルタプラネタリウム満天、古代オリエント博物館、ナンジャタウン、そして最近はガチャポンのデパート池袋総本店までできました。ショッピング・レストランも豊富で1日ではまわりきれないくらいのエンタメのあるショッピングモールになりました。その様子をお伝え致します。ぜひご覧ください。

サンシャイン水族館の前で撮影する白倉栄一
今回も前回に引き続き、サンシャインシティをお伝えします。

次にご紹介するのが、サンシャイン水族館です。

空中を飛んでいるように見える「空飛ぶペンギン」でかなり話題になった水族館です。

ワールドインポートマートビルの屋上階にあります。

ちなみに屋上階は、水族館とプラネタリウムに分かれています。


水族館・プラネタリウム受付


プラネタリウム・水族館入り口
コニカミノルタプラネタリウム満天も、以前利用したことがあります。

さすがに車椅子のままでプラネタリウムを見るのは、首がかなり疲れるので、可能であれば車椅子から固定された椅子へ乗り移って見ることをオススメします。

このプラネタリウムは、国内でもかなり人気ですので、水族館に立ち寄った時に、利用するのもいいでしょう。

今回は水族館をお伝えします。

それでは中に入っていきます。


水族館入り口
ちなみに一般的な水族館によくあるイルカショーのようなものはありません。

でも熱帯魚をはじめとして、いろいろなお魚たちが水槽の中で泳いでいて、かなりロマンチックな印象を感じる水族館です


水族館のお魚たち①


水族館のお魚たち②
車椅子で見学する場合は、エレベーターが設置されているので安心です。

館内のエレベーター入り口
そして大きな水槽の前には、車椅子利用者用の見学スペースがありました。

大水槽での車椅子見学スペース
ここで見ると大きなエイの様子など間近で見ることができて、迫力を感じることができます。

大水槽を泳ぐ魚たち
そして水槽の中で、大きな亀が少しずつ頑張って歩いている姿を見ました。

ゆっくり1歩1歩歩いている姿は、自分も頑張らないといけないと思ってしまうくらいです。


亀の様子
そして外に出てくると、オットセイなのかトドなのか私は見分けがつきませんが、お互いが牽制しあっている2匹がいました。

これは多分、仲が悪いように見えました。

会社や学校でも仲が悪い人と一緒にいるのでさえ辛いのに、こんな狭い場所の中で毎日顔を付き合わさなければならないと思うとかなりのストレスです。


オットセイかトドか分かりませんが戦っている2匹
そしてこれが話題の空飛ぶペンギンです。

空中を飛んでいるように見えてワクワクします。


空飛ぶペンギンの様子


ペンギンの種類
こちらは、のどかなところにいるペンギンたちです。

優雅なところにいるペンギン
こちらが、お土産販売のコーナーです。

お土産コーナー①


お土産コーナー②


お土産コーナー③
館内には、似顔絵を描いてくれるコーナーや水族館専用のガチャガチャなどもありました。

水族館にも車椅子で利用できるトイレは設置されております。


車椅子で利用できるトイレ①


車椅子で利用できるトイレ②


車椅子で利用できるトイレ③


車椅子で利用できるトイレ④
そして昆虫の自販機がありました。

なぜこんなところにあるのか不思議に感じてしまいました。

水族館を見た人は。昆虫を食べたくなるのでしょうか?

以前、人気のYouTubeの「エガチャンネル」で、上野にある昆虫の自販機で購入して、昆虫の食べ比べをやっていました。


昆虫自販機①


昆虫自販機②
さすがにたがめだけは、本当にまずいみたいです。

たがめは、やはり人気がないせいか売り切れにはなっていませんでした。

これはイベントの罰ゲームなどで使えそうですが、昔と違って会社でやったりすると、パワハラになってしまいそうなのでご注意ください。


昆虫自販機③
次にサンシャインシティの中央に戻ってきました。

こちらはコンサートなどが行われているサンシャイン噴水広場です。

この噴水を見ていると、とても気持ちがいいですね。

1時間ごとの演出なのかもしれませんが、かなり勢いのある噴水ショーでした。

この噴水ショーも本当に楽しめます。


サンシャインシティ噴水広場


サンシャインシティ噴水広場と白倉栄一
そして次にやってきたのが、バンダイナムコが運営している屋内型テーマパークの「ナンジャタウン」です。

以前は、中で楽しんだこともありました。

縁日のようになっていて、さらに餃子の食べ比べができるお店がありましたし、スイーツなどもありました。

今回はナンジャタウンには入店しませんでしたが、外にあった餃子自販機を購入してみることにしました。


ナンジャタウン入り口
自販機はこのようなラインナップになっていました。

ナンジャタウンそばにある餃子自販機
こちらは肉餃子です。






肉玉そば越智の肉餃子
こちらはニンニクの効いた野菜中心の餃子です。

餃子でんでんの野菜餃子
サンシャインシティには、今回は行きませんでしたが、古代オリエント博物館があります。

文化会館ビルにあります。

ちょっと地味な存在ですが、西洋の歴史が好きな人にはオススメです。

最終入館時刻が16時なので、できるだけ早い時間に行かれるといいですね。


古代オリエント博物館ポスター
さらにこのサンシャインは、全国各地、主に東北方面などの高速バスも出ていました。

サンシャインバスターミナル①


サンシャインバスターミナル②
またこのサンシャインは、地下駐車場から首都高速とつながっているのがとても魅力的です。

都心の一般道は、運転するのが私自身もあまり得意ではない中で、一般道に降りることがないので、とても行きやすくなっています。

また私の利用法としては、都心でも車椅子でとめられる駐車場は多くなってきたものの、かなり限られています。

そうなると行きにくい駅もいくつかあります。

その際は、このサンシャインシティの駐車場にとめて、地下通路でつながっている有楽町線東池袋駅に行き、有楽町線に乗って駐車場が見つからない駅に行くこともあります。

まさにパークアンドライドのようです。

こういった使い方ができるのもとても便利です。

本当に便利な場所ですので、ぜひ一度お立ち寄りください。

★サンシャイン水族館
電話:03-3989-3466
HP:https://sunshinecity.jp/aquarium/

★コニカミノルタプラネタリウム満天
電話:03-3989-3546
HP:https://planetarium.konicaminolta.jp/manten/

★ナンジャタウン
電話:050-5835-2263
HP:https://bandainamco-am.co.jp/tp/namja/

★古代オリエント博物館
電話:03-3989-3491
HP:https://aom-tokyo.com





男性/40代 肢体不自由, 車いす

茨城県在住、車椅子ユーザー。

車椅子を利用する当事者の目線や企業でのお客さまサービスの責任者の経験からコンサルティング活動する傍らYouTubeのプロデュース・編集などをしています。

1996年9月に交通事故によって脊髄損傷になり現在に至る。

事故後に初めて遠出をした旅行で泊まったホテルが、バリアフリールームなのにただ広いだけで、フロントから「我慢してください」と言われた事がある。

その経験をきっかけに、正しいバリアフリーの情報を調べて発信したいと思い、2005年より車椅子でも気軽に行けるバリアフリースポットの情報を実際に現地調査してブログで発信。

2016年11月には日本1周のバリアフリー 調査に挑戦。

今後は、車椅子でも楽しめるバリアフリースポットの情報をお伝えしたいと思っています。

・バリアフリースタイルHP https://baria-free.jp

・バリアフリースタイルTV(YouTube)→バリアフリー全般における情報番組 https://www.youtube.com/channel/UCLVs0FQUeas4O2o3KSzshtw
o3KSzshtw

旅行エリア
関東, 東京都, 豊島区
旅行期間
対象読者
肢体不自由 車いす 電動車いす 高齢者
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
ユニバーサルツーリズムバリアフリー車椅子脊髄損傷サンシャインシティ池袋東京観光サンシャイン水族館ナンジャタウン首都高速