タクツァン僧院と著者、手すりに食われかけ君

     


2016年、ブータンの旅。
旅中は聞こえなくても目で見てわかるコミニュケーションツールとして指差し会話できる本と紙のメモ帳を持って行きました。指差し会話で使用した本はこちら。
●地球の歩き方2016〜17ブータン(発行所:株式会社ダイヤモンド・ビッグ社)
●旅の指さし会話帳ブータン81ゾンカ語(発行所:株式会社情報センター出版局)
●紙のメモ帳

道路から見た青空、流れる雲にかかっている大きな山
今回も快晴!ブータン旅もいよいよ最終回!いよいよタクツァン僧院へ。



柵に大量の杖が束ねられている、左右にブータン様式の細長い東屋がある
登山口では登山用の杖が売られている。写真の左右にある細長い廊下みたいな東屋スペースではお土産屋さんが物を売っている。現在は朝の8時ごろなのでガラーンとしている。下山しているころにはたくさんのお土産が売られているので、タクツァン僧院へ行く時はお土産を買うお金も用意しておくと良い。



平地にたくさんの馬、向こうには大きな山、画像加工でタクツァン僧院の場所を矢印で示している
登山口の近くにたくさんの馬がいた。希望する人は途中まで乗馬で行けるようだ。ちなみにここからでも小さくタクツァン僧院が見える。

●●●

ここからタクツァン僧院までの道のりの様子の写真を何枚か載せていく。読者の方で今後ブータン旅での参考になれば幸いである。



とても広い登山道、道の先に誰かが1人歩いている
木漏れ日の登山道。



大人二人が余裕で歩ける広さの登山道、道の先にお堂がある
ずーっと行くと奥にお堂が見える。お堂の中には水車で回る巨大なマニ車があった。



坂の山道
だんだん道の傾斜が急になってくる。



坂の山道を見る食われかけ君、右手にタオルのようなルンタがある
どんどん登る。右手には白のルンタが風になびいている。



左手に巨大なマニ車がある東屋、ウォーサーバーを手に持つ男性、右手奥に大きな山
視界が開けた。右の山の真ん中にあるタクツァン僧院がまだ小さく見える。

色とりどりのルンタが吊るされているところ
登る道の途中にあるカラフルなルンタが見事で目を奪われる。


●●●



山をバックに記念写真、腰に両手を当てている著者
1時間登ってここまで来た。正面の山にある小さなタクツァン僧院と小さなマニ車が並んでいるところをバックに記念撮影。少しだけここで一息つく。



腰に両手を当てている著者の拡大画像
タクツァン僧院に行くための私の服装はこんな感じ。登山用の吸湿速乾性の化学繊維のインナーの半袖とパンツ、腰に巻いているのはレインウェア。靴は登山用のスニーカー。

少し肌寒いかなと思ったのと、寺院にはいるのにあまり肌が露出しないように綿素材であるがYシャツを重ね着。リュックの中には帽子やレインウェアのパンツがある。天気が良いため腰のレインウェアも中にしまった。

水を入れた水筒もあるが、タクツァン僧院に行く時は空の水筒なども用意していくとオススメ。理由は後述する。


ペットボトルでできたマニ車が2段に設置されている
ペットボトルでできた近代的マニ車。ブータンのあちこちで見ることができる。



ルンタをバックに、右から子ども、乗馬している女性、草冠をつけているブータン女性、乗馬している人
休んでいるところに乗馬できた人たちがやってきた。こうしてみるとなんだかパレードみたいな構図。

●●●



川が流れた跡のような登山道
川が流れた跡のような足場の悪い道。



川の跡のような道、窪みをわたる橋のような地形がある
ここも川の跡のような道。足をひねらないように気をつけて端っこを歩いていく。



登山道を歩く白髪の高齢女性、犬1匹、ルンタがたくさんある
同じくタクツァン僧院を目指すご婦人。そして犬。野良犬だろうか。なんかほのぼのする。あとで調べるとタクツァン僧院の道でこういうお犬さんはよくいるみたい。



細い山道
細い山道。



細い急な山道をあるいているガイドさん
結構急な坂道である。


●●●

ホースから水が出ている水場
ブータンのホーリーウォーターが汲めるところ。



ホースからの水を空きペットボトル容器にいれている様子、著者の左手
空いている水筒や容器があればこうして入れられる。疲れた体に染み渡る。



英語で「Don't Please Drink]と書かれた立て札のある水場
飲めない湧き水もあるので注意。


●●●



たくさんのゴミがまとめられて置いてある、前を歩くガイドさん
どんどん歩いていくと左手にごみ捨て場のようなところがある。道を整備している人が使っているのだろうか。基本的には自分のゴミは宿まで持ち帰るのが当たり前なのでご注意願いたい。



一本のダルシンが立っている
このダルシンがあるところまで来たらもうすぐ!ダルシンの下には人だかりができている。



タクツァン僧院と著者、手すりに食われかけ君
それもそのはず。ここはタクツァン僧院のベスト撮影スポット。断崖絶壁のタクツァン僧院は到着してしまうと全貌を撮影できないからである。

うわー!ついにやってきた!最高!

その昔、ブータンに仏教を伝えたグル・リンポチェが雌トラの背に乗って寺院があるところに舞い降りた。そして17世紀おわり頃にその聖地に僧院が建立された。



食われかけ君を左手の平に置く白人のご婦人
食われかけくんと一緒に撮影しているとご婦人から「これ、かわいい!」と声をかけられる。ありがとう!

●●●



手すりのある螺旋階段のような階段を降りるガイドさん
撮影スポットでのひとときを終えると階段を下っていく。手すりはダルシンあたりからタクツァン僧院まで設置されている。



窓のある壁だけの石造りの東屋のような建物がある
下りた先にはこのようなフォトジェニックなところがある。(フォトジェニックとは「写真映りのいい」と言う意味で使われているそう。著者が最近覚えた言葉。)



谷底と階段
階段は渓谷の下まで続いている。「下っているということはまた登っていかなければならないのか」とゲンナリしながら進む。ダルシンのある辺りから道はしっかりしている。



たくさんの観光客が道を歩く
黙々と歩いていく我ら観光客。



細い滝
渓谷の間を滝が流れている。



ルンタに囲まれている橋がある
橋を渡って渓谷の向こう側に渡る。(写真は橋を渡った側から撮影)



たくさんのルンタ、欄干に食われかけ君
橋のところ。水しぶきはそれほど強くないけど補聴器をつけている方や機械類は水かかりにご注意。ここの場所はルンタがたくさんあってとてもフォトジェニックなところ。滝のおかげで空気が爽やか。

さて頑張って長い長い登り階段を行くか。



山肌に沿って設置されている階段がある
登って行く途中で来た道を振り返る。本当にここまで来るのはとても大変だ。



階段の途中からみたタクツァン僧院の一部がある
1段1段頑張ってようやく…ようやく!近づいてきた!


●●●



タクツァン僧院の入り口
到着ー!!現在10時あたり、2時間ぐらいかかった。タクツァン僧院はカメラやスマホ、リュックなど持ち込み禁止なのでまずロッカーに荷物を預けなければ。



縦3段のロッカーが並ぶ
ここがロッカーの場所。今回のブータン旅でロッカーのある寺院はここだけ。



タクツァン僧院の入り口の様子、たくさんの人がいる
タクツァン僧院の入り口には警察官(画面中央にいる。上下が紺色の服装で黒ブーツの人)がいて、入る前にボディチェックされる。食われかけくんをワイシャツの胸ポケットにいれたままだったので警察官がそれを手に取り「なんだこれは?」としげしげと見る。

私は「それは私の友達なんだ」と説明する。次の瞬間、警察官はおもむろに食われかけくんを空中に放り投げた!

…と思ったらそれは投げたふりだった。イタズラっぽく笑って食われかけくんは返却されて入場チェックが終わった。「あーびっくりしたー!」(それからしばらく経っても未だに「なんてイタズラ心のある警官だ」とクスッと笑えるちょっとした思い出)

僧院の中は薄暗かった。人は多いが混雑している感じではなかった。カメラなどはないので自分の五感を使って記憶に残そうと寺院内を回った。それほど大きな寺院ではないので長居はしなかった。


●●●



楕円状の屋根の休憩所、建物の縁沿う様に椅子とテーブルが設置、中央にビュッフェのようなテーブル
帰りはあっという間。道の途中にある休憩所でお茶を飲んで一休み。タクツァン僧院にも無事に行けてブータン観光で一区切りついた気分だ。12時頃には下山し終わった。

車でパロの街に戻る途中でインド人のバックパッカーに出会った。ガイドさんが話を聞いて、私に「彼が私たちの車に乗せてもらえないかと聞いています。構わないですか?」と尋ねた。もちろん全然構わないとOKする。インド人バックパッカーは少しだけ車に乗り、希望の場所で降りた。「サンキュー」とお礼を良い颯爽とブータンの道を歩いて行った。

インド人だとブータンでバックパッカー旅できるんだなーと少し羨ましく思った。


●●●



パロの街
パロの街!ブータン出国は明日。できる限りまだまだブータンを楽しむぞ!

お土産やさんの窓にたくさん品物が置かれている
まずはお土産やさんをぶらぶらしますかー!



10人未満でいっぱいになりそうな小さな喫茶店
お土産さんを回った後は街角の喫茶店で一休み。さーてここからは似顔絵描き活動するぞ!何人描けるかな?



著者の両脇に2人の青年、青年たちの似顔絵
まずは喫茶店にいたブータンボーイズ。



著者と少年1人、少年の似顔絵
少しシャイなブータンボーイ。



体格の良い男性と幼児と著者、二人の似顔絵
父と息子。お父さんがご飯を食べさせている微笑ましい光景を見ることができました。

喫茶店で似顔絵を描かせてくれた人たちありがとう!


●●●

喫茶店を意気揚々と出て商店街に繰り出す。「ガイドさん!まだまだ似顔絵描きたいんだ」

お店の人たちに似顔絵を描く交渉する時はほぼガイドさんに頼りきりである。



著者と両脇に夫婦、2人の似顔絵
服や雑貨を売っているショップに飛び込み。描かせていただいた夫婦。



店内の様子、お店のカウンターの前に小さなテーブル、テーブル上にカップとキュウリを切った皿
突然お邪魔したにも関わらずきゅうりとお茶をご馳走になった。ありがとうございました。

店内のテレビは何やら歌コンテストみたいな番組が流れていてガイドさんはそれを見ていた。ドライバーさんと店主の奥さんが私が描いた似顔絵を見ながら談笑していた。

何気ない日常の感じがいいなと思ってきゅうりをシャクシャク食べながら撮影した風景。



著者と母親と赤ちゃん
またまた違うお店に行って描いた店番しているお母さんと小さいお子さん。


●●●

日も落ちてきたのでホテルに戻る。しかし体力の限り似顔絵を描く。次はホテルにいる人たちだ。ホテルのレストランで夕食をとった後、レストランにいる人たちに話しかけてみる。



著者とゴを着た男性、著者との似顔絵
「あなたと一緒の似顔絵にしてほしい」と希望をだした男性。私はモテモテで何より。



著者とキラを着た女性、女性の似顔絵
クールなタイプのブータン美人さん。そして少し緊張している私。



著者とゴを着た男性、ワインと「Portraitka×Japan」の文字のプレートと一緒に書かれた似顔
お気に入りのワインと一緒に、と希望で似顔絵を描いた人。

ここで似顔絵を描いている時はスマホでまず顔を撮影してレストランのテーブルで描いていたが、レストランも閉店の時間になっていた。まだ描いていない人が1人いるけど自分の部屋で描いて明日の朝に渡そう。

そうしてブータン旅での最後の夜は似顔絵描いて、心地よい疲労感でぐっすり眠った。


●●●


いよいよブータン旅最終日がきた。まずは昨日の夜似顔絵を描いた人に絵を渡しに行こう。

著者とゴを着た男性、水彩で描いた似顔絵
日本の芸能人に似てるとの声が多い、日本語が話せるガイドさん。彼からはちょっとしたプレゼントをいただき嬉しかったので大きめの紙に水彩で似顔絵を描いた。しばらく私の描いた絵を見てニコニコしていた。とても喜んでくれて何より。

朝食すませて、ゆっくりは…しないで昨日と同じように最後の似顔絵描きの交渉をする。



著者とゴを着た男性、水彩で描いた似顔絵
最終日第1弾はこちら。似顔絵の印象とは違って大人しい性格の人。

著者の両脇にゴを着た男性と調理用の服を着た男性、2人の似顔絵
最後はこちらの2人。簡単な英語だけど楽しくワイワイ話した。右のコックさんから「あなたは面白い人」と言われる。左の人は他の人の似顔絵を見て「いいなー」という顔していたので私が「描く?」と聞くと嬉しそうな笑顔が印象的だった。

●●●

著者と両脇にガイドさん、ドライバーさん
いよいよパロ空港へ向かう時間。ガイドさんとドライバーさんとのお別れの時間だ。完璧で最高に楽しかったブータン旅。このお二人のおかげだ。誠に感謝申し上げる。ありがとう!



ガイドさん家族の似顔絵、ガイドさん、奥さん、メガネの娘、変顔してる娘、男の赤ちゃんの絵
こちらはガイドさんにプレゼントしたガイドさんとそのご家族の水彩似顔絵。3人のお子さんに囲まれて幸せそうである。



ドライバーさんと今回の旅の車の似顔絵
こちらはドライバーさんと今回の旅の車の似顔絵。



腰までありそうな長い髪の女性の似顔絵
こちらはドライバーさんのお願いで描いた彼のお姉さんの似顔絵。



鉛筆で描かれた笑顔の著者の写実画
実はドライバーさんもかなり絵を描くのが上手くて今回の旅中の合間に私の似顔絵を描いてくれたのである!すごい!とても嬉しい!


●●●

パロ空港の待合室
パロの空港内の様子。写真の左手に小さなお土産のお店がある。写真には見えないところにカフェスペースもある。

空港内のショップ、たくさんの雑貨が置かれている
こちらが空港内のお土産屋さん。

空港の搭乗口から飛行機が見える、食われかけ君のシルエット
飛行機搭乗の時間がくると飛行機まで歩いていく。飛行機に乗る前に多くの人が飛行機を撮影したり、飛行機との自撮りしたりする。



ブータン空港の滑走路からみた青空
ありがとう!ブータン!また来たぁーーい!

男性/30代 聴覚障害

外国に行くと「ケニチロ」と呼ばれてしまう著者。
宮城県仙台市在住。生まれつき両耳70dBの聴覚障害があり補聴器をつけている。口話と手話を使う。英語など外国語が話せないが海外では知っている単語やジェスチャー、筆談を駆使してコミュニケーションを取る。
イラストなどのグラフィックや似顔絵の仕事をしている。読書や旅が大好き。この世界のことをもっと知りたい。私の旅の話が読者の旅の役に立てれば嬉しい。
障がい者のライフスタイルメディアMedia116で漫画連載。URLはこちらhttp://www.media116.jp/
ケンイチローのTwitterはこちらhttps://twitter.com/tdk1r

旅行エリア
アジア, ブータン, その他の観光地
旅行期間
対象読者
視覚障害 聴覚障害 肢体不自由 車いす 電動車いす 歩行補助具 発達障害 知的障害 精神障害 内部障害 高齢者 マタニティ 乳幼児連れ 補助犬ユーザ その他
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます
なし
関連タグ
聴覚障害難聴ろうブータンパロ一人旅