いばらきフラワパーク正面

     


あしかがフラワーパークは有名ですが、茨城にもフラワーパークがあるんです。ご存じですか?ちょうど3年前に訪れた時は、かなり地味で昭和感満載のフラワーパークでしたが、2021年にリニュアルされたので気になって立ち寄ってみました。とにかくビックリするくらい至る所がかなりオシャレになっていたんです。ぜひその内容をお伝えしたいと思って執筆してみました。ぜひお花が咲き誇る季節に足を運んでいただければと思っています。都心からも車で1時間半程度ですので、利用しやすい観光スポットです。


茨城には、2021年に思い切って大リニュアルした観光スポットがあります。

その場所は「いばらきフラワーパーク」

茨城県石岡市にあって、都心からも1時間ちょっとなので、意外と気軽に行けるスポット。

今回リニュアルしたのは、「茨城県フラワーパーク」から「いばらきフラワーパーク」へ名称が変更されました。

漢字がひらがなになっただけでは?

それが違うんです。

中身がかなりおしゃれに変わっていました。

なぜそう言えるのかと言いますと、ちょうど3年前にこの地を訪れていたのです。

その時は、正直に言いますと、ちょっと地味なフラワーパークでした。

こちらが3年前のフラワーパークの入口です。


(旧)茨城県フラワーパークの入口
こちらがリニュアルした入口です。

(新)茨城県フラワーパークの入口
1985年のオープンからもう36年が経っているので、昭和感が満載で、「いずれ閉園してしまうのでは?」と思うような印象でした。

それが「えっ、こんなに変わったの?」と思えるほどビックリしたんです。

だからこそ今回ご紹介したかったのです。

ただ予めお伝えしておきますが、ここはもともと勾配のある場所に造られております。

私は、車椅子に取り付け可能な電動アシスト装置「スマートドライブ」を取り付けて見学しました。

そのため電動車椅子を利用している人や手動車椅子でも介助者がいらっしゃった場合は、十分楽しめると思います。

そうでない場合は、坂道が続くので厳しい点があるのは、ご承知おき下さい。


園内の勾配状況
それではフラワーパークへ行ってみましょう。

まず変わったのが、漢字とカタカナからアルファベットになっていました。


いばらきフラワーパーク外観
以前あった来園者センターは、「ローズファームマーケット&カフェ」に変わっています。

こちらは以前の「来園者センター」です。

(旧)来園者センター
こちらは新しくなった「ローズファームマーケット&カフェ」です。

(新)ローズファームマーケット&カフェ
そしてフラワーパークの中腹にあったフラワードームは「レストラン ローズファーム ハウス」になっていました。

それでは中に入って進んで行きます。

当時から東京ドーム約 4 個分の広さに、750 品種3 万株のバラが咲き誇っていて、東日本最大級となっていますのすごく大きいフラワーパークです。

今回は、残念ながら満開の時期ではなかったので、ほとんどローズトンネルにはバラはありませんでした。

園内の看板もおしゃれな感じになっています。

黒を基調としたデザインに変わっています。


黒を基調としたオシャレな看板
それではフラワードームから大改装したレストランへ入ってみます。

新しくなったランチのレストラン
レストランではランチセットのみの販売をしていました。

ランチメニュー
ちょっと値段はお高めの1980円でしたが、前菜から色々と揃っていて満足できる創作料理でした。

しかもメインディッシュはどれにしようかすごく悩みました。



レストランカウンター
結局、私は「10時間火入れした」という名前に引かれて、肉のリゾットにしました。

久々にリゾットを食べましたが、味がしっかり染み込んで美味しかったです。


リゾットのコース
ちなみに一緒にいた母は、その下にある海老のリゾットを注文しました。

こちらも美味しかったと言っていました。

その他には、お子様プレートとペットご飯がありました。

メニューはそれだけでしたので、もっと気軽にランチを食べたい場合は、各自で弁当を持参してもいいでしょう。


ランチ場所
この屋外の気持ちいいスペースで昼食を取ることも可能です。

眺めが素晴らしいので、昼食も清々しくて最高な気分になれるでしょう。


屋外のランチ場所
すぐ目の前が筑波山ですので、その景色を楽しむことができます。


ランチ場所から眺めた景色
話は変わりますが、ここは勾配だらけのフラワーパークなので、足腰のきつい人には園内を走るバスがおすすめです。

園内のバス停(車椅子での乗車は不可)
ただ車椅子では乗れないのが残念です。

園内のバス(車椅子での乗車は不可)
私たちは当初、もっと上の方に行こうと思いましたが、さすがに一緒に行った77歳の母が疲れてきて、レストランより上には向かわず、降りてきました。

上の方まで行かなくても、園内の至る所に花が咲いていましたので、とても気持ちよく心が癒されました。


園内に咲いているピンクのバラ
さらに道がいろいろと分岐しているので、見たい箇所を決めていけば、車椅子でも十分楽しめます。

秋のバラが咲いていましたし、コスモスなども見ることができましたので、とても気持ちいい気分でした。


園内に咲いている赤いバラのアップ画像
そして少しずつゆっくり下の方へ進んで行きました。

下の方には噴水があるので、のんびりした気分にもなれるでしょう。


園内の噴水公園
そして「ローズファームマーケット&カフェ」に入ります。

ローズファームマーケット&カフェ内①
しかも名前だけがおしゃれになっただけでなく、外観も館内もものすごくおしゃれになっていました。

特にビックリしたのが、ここでしか買えないようなバラ関連のグッズなどを取り揃えていました。

買うか買わないかものすごく迷ってしまうくらいです。


ローズファームマーケット&カフェ内②
カフェは、素敵な手書きのメニュー看板があり、いかにも何か注文したくなるような雰囲気を感じました。

その中でも「季節限定フルーツパフェ」が食べたくなりました。


ローズファームマーケット&カフェ内③


ローズファームマーケット&カフェ内④
ところが現在ダイエット中でしたので、パフェは断念せざるを得ませんでした。

今度痩せた時に絶対に食べようと決意しました。

そして出口の後にフラワーパークの下に見えているのは、以前からあった物産館などです。


フラワーパークからの眺め
地元野菜や花などが色々と購入できます。

地場野菜販売所
車椅子で利用できるトイレについては、屋内にも数ヶ所、屋外の駐車場の脇の黒い建物にもありました。

こちらがカフェにあったトイレです。


ローズファームマーケット&カフェの地図(トイレ場所あり)


カフェ脇にある多機能トイレ①


カフェ脇にある多機能トイレ②


カフェ脇にある多機能トイレ③


カフェ脇にある多機能トイレ④


カフェ脇にある多機能トイレ⑤
こちらが屋外の駐車場の脇のトイレです。

屋外の多機能トイレ①


屋外の多機能トイレ②


屋外の多機能トイレ③


屋外の多機能トイレ④


屋外の多機能トイレ⑤
そして車ではなく公共交通機関を利用して行きたい場合は、JR常磐線石岡駅が最寄りの駅になります。

平日は本数が少ないものの、休日には本数がありました。

車椅子で乗れる路線バスかどうかは、関鉄グリーンバスへお問い合わせください。


フラワーパークのバス時刻表
今回は茨城県フラワーパークからリニュアルした「いばらきフラワーパーク」をご紹介しました。

ぜひこの機会に都心から近い「いばらきフラワーパーク」に一度ご来園してみてくださいね。

★いばらきフラワーパーク
住所: 茨城県石岡市下青柳200番地
電話:0299-42-4111
HP:https://www.flowerpark.or.jp


男性/40代 肢体不自由, 車いす

茨城県在住、車椅子ユーザー。

動画広告クリエイター(15〜30秒のCM作り)の仕事をする傍ら、バリアフリー推進のために講演・コンサルなどを活動しています。

1996年9月に交通事故によって脊髄損傷になり現在に至る。
事故後に初めて遠出をした旅行で泊まったホテルが、バリアフリールームなのにただ広いだけで、フロントから「我慢してください」と言われた経験をもつ。

その経験をきっかけに、正しいバリアフリーの情報を調べて発信したいと思い、2005年より車椅子でも気軽に行けるバリアフリースポットの情報を実際に現地調査してブログで発信。

2016年11月には日本1周のバリアフリー 調査に挑戦。

今後は、車椅子でも楽しめるバリアフリースポットの情報をお伝えしたいと思い、コラムを書いております。

・バリアフリースタイルHP https://baria-free.jp

・バリアフリースタイルTV(YouTube)→バリアフリー全般における情報番組 https://www.youtube.com/channel/UCLVs0FQUeas4O2o3KSzshtw
o3KSzshtw

旅行エリア
関東, 茨城県, 石岡市
旅行期間
対象読者
肢体不自由 車いす 電動車いす 高齢者
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
ユニバーサルツーリズムバリアフリー車椅子脊髄損傷茨城フラワーパークバラ#石岡都道府県魅力度ランキング