月待の滝 二股の滝

     


茨城県大子町、月待の滝。
この滝は安産などのご利益などで訪れる人もおりますが、滝の裏に入れる事でマイナスイオンを感じられたりなにより優しい滝として有名で、そこにいるだけで癒しを感じられる場所でした

月待の滝 入口の門


月待の滝 看板
パワースポットと呼ばれる場所が日本全国各地にあります。

その効果などは人によって様々かと思いますが、発達障害と吃音を持ち毎日を過ごしています私としましては、日々の肉体的及び精神的な疲れを癒すために色々なパワースポットなどを訪れています。

今回はその一つ、茨城県大子町にあります月待の滝の話をさせていただきたいと思います。


月待の滝へのアクセスはJR水郡線下野宮駅もしくは常陸大子駅となり車で5分から10分程度となります。

滝の近くに駐車場がありまして、滝の近くでカフェを営んでおりますもみじ苑さんの門を通り、滝まで向かいます。

このもみじ苑さんでは、自家焙煎のコーヒーとおいしい蕎麦がいただけるとの事で、ここにも後ほど伺わせていただこうと思います。

細い砂利道


石垣と砂利道


月待の滝 案内標識


小さな休憩所
滝までの道のりは、少しの階段と細い砂利道を進んでいきます。

多少の歩きづらさはありますが、そこまでの困難はなく足腰に不安のある方でも十分歩ける道となっております。
 
この緑に囲まれた砂利道を歩いていますと、隣を流れています小川のせせらぎと共に遠くの方から水が落ちる音、すなわち滝の音が少しずつ聞こえてきます。

私が行った時期が夏の終わりに近い事もありまして、その水の音と共にセミの鳴き声が重なり、季節をしっかりと耳で感じさせてくれました。

またこの日は晴れて割合暑い日でしたが、爽やかな風と水の涼しさが感じられ、暑さ自体ほとんど気にならない行程でした。

歩いている途中には小さな休憩所のような物もありまして、休憩がてら鮮やかな緑と穏やかな水の流れを感じる事もできます。


月待の滝 遠景


月待の滝 遠景
5分ほど歩をすすめて行きますと、今回の目的地であります月待の滝にたどり着きました。

高さ17メートル、幅12メートル程の滝で、普段は二筋の夫婦滝なのですが、水量が増えるとさらに
子滝が増えて親子滝になるそうです。

そのため、この滝は安産や子育て、また開運の場として多くの人が訪れるとの事です。
 
この滝は優しい滝とも言われ、他の滝に比べますと水量などは少ないですが、その言われの通り穏やかな滝で、見ているだけで癒しを与えてくれます。


月待の滝 案内看板


月待の滝 裏側


至近距離の滝


流れる小川


水車小屋
そしてその優しい滝だからこそですが、ここは裏側に入って間近で滝を感じる事ができます。

裏側に回るまでの足場は多少悪いので注意が必要ですが、そこにさえ気を付ければほとんど濡れずに滝の裏側に回る事が出来ます。

水量が少ない優しい滝と書きましたが、やはり間近で滝を見ますとその音と迫力には圧倒されます。

それでいて滝のマイナスイオンも至近で感じる事が出来て、癒しスポットとしてはこれ以上ない場所でした。

しばし時間を忘れて滝を眺めて日々の雑念を払って穏やかな気持ちになった後その場を離れます。

道中でも涼しさを感じましたが、やはりここまで滝が近いとその涼しさも格別で、歩いて多少汗をかいたとしてもここで心身共にくつろげます。

滝の近くには水車小屋のような物がありまして、使われているのかどうか今回確かめられなかったのですが、名物の蕎麦を引くためにもしかしたら使われているのかもしれません。


滝行の案内写真


カフェ店内のポスター


カフェ店内の様子 木製基調の店内


自家焙煎のコーヒー


コーヒーと月待の滝
滝で十分癒された後、近くでカフェを営んでおりますもみじ苑さんに伺わせてもらいました。

もみじ苑さんにて事前申し込みが必要となりますが、月待の滝で滝に打たれる滝行をさせていただくことが出来ます。

今回は時間の都合上滝行は出来ませんでしたが、次訪れさせていただく時は是非滝行にも挑戦させていただきたいと思います。

もみじ苑さんでは店内で食事をさせていただく事もできるのですが、今回は外に設けられたスペースで自家焙煎のコーヒーをいただくことにいたしました。

コーヒーの味にそれほどうるさいわけではないのですが、とても優しい味わいのコーヒーで、なによりそのコーヒーを飲みながら優しい滝を眺めるというのは格別な贅沢でした。
 
今回はコーヒーだけをいただいたのですが、次回はお蕎麦の方も堪能させていただきたいと思います。


開運の水 説明看板


開運の水 表示看板
月待の滝は開運でも有名と書かせていただきましたが、それにあやかり開運の水もここで汲ませていただく事ができます。

宝くじ等にもご利益があったり、その他の開運にも効果があるということなので訪れた際には是非汲んでいかれる事をお勧めいたします。


十二分にパワースポットの恩恵をいただき、ゆったりと優雅にコーヒーを飲みながら日々の疲れを忘れる。

日ごろ発達障害で特に対人関係で疲れている私としましては、一人心安らかに滝の音だけに集中できる環境はとてもよき癒しでした。

日々の関係に疲れている方がいらっしゃいましたら、ひと時の休息を月待の滝でいかがでしょうか。

所在地
〒319-3556  茨城県久慈郡大子町大字川山


男性/40代 発達障害, 精神障害

栃木県在住
発達障害に加えて吃音を抱えています。
もともとは会社員でしたが発達障害からの鬱を患い
現在はフリーランスとして活動中。
趣味は人物撮影でよく屋外でも撮影をしております。

もともとじっとしていられない性質で
時間があれば各地をドライブして
発達障害等での心身の疲労を癒しスポットで
回復しています

旅行エリア
関東, 茨城県, 大子町
旅行期間
対象読者
発達障害 精神障害
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます
なし
関連タグ
発達障害吃音月待の滝癒しスポットパワースポットもみじ苑茨城県大子町