スクリーンに映る、新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身会長

     


コロナ禍が続く2021年8月。移動のたびに、感染を拡大させてしまうのではないかと肩身の狭い思いをしている方も多いのではないでしょうか。
私もその一人です。「必要な移動は仕方がない」と自分に言い聞かせながら、中部国際空港(セントレア空港)を訪れました。

つり革につかまっているトノサマバッタ
名古屋鉄道の「名鉄名古屋」駅から「中部国際空港」駅までは、特急で約35分、890円です。
コロナ禍で移動する人が少ないためか乗客もあまりおらず、空席が目立ちました。
途中の停車駅には、
三種の神器のひとつ「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」を祀る神社として知られる熱田神宮のすぐ目の前「神宮前」
兵庫県神戸市垂水区の舞子地区(以前、関西地方の寺巡りをしていた時によく通っていました)と風景が似ていることから地名がついたとされる「新舞子」
急須などの焼き物で有名な常滑焼(とこなめやき)の産地「常滑」
など、私にとって興味深い駅がたくさんあり、思わず途中下車しそうになりましたが、なんとかこらえて空港にたどり着きました。

降りようと思って立ち上がりかけたとき、目の前のつり革にトノサマバッタがとまっているのを発見。びっくりして、思わず「わっ」と声が出てしまいました。いったいどこから乗車してきたのでしょうか。

人気のないセントレア空港
改札口を出ても、がらんとしています。「まさか、コンビニエンスストアも休業しているのでは?」と思いながら、おそるおそる店へ向かいました。
行ってみると、コンビニエンスストアは営業していました。助かりました!
私は服用している薬の影響もあってすぐに喉が渇いてしまうので、こまめな水分補給が必要です。
でも、線維筋痛症の痛みを軽くするためにできるだけ荷物を減らしたいので、移動するときも水筒は持たずに、その都度購入することにしています。なので、予定していた店が開いていないと一大事。コロナ禍では特に、店の営業時間を確認しておかなければいけないと思いました。

スクリーンに映る尾身会長
大きなスクリーンは、新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身会長が「感染症拡大防止のため、外出はできるだけ控えてください」と一生懸命アナウンスしている姿を映していました。
私は心の中で尾身会長に「必要な移動が済んだら外出を控えます」と言い、小さくなりながらスクリーンの前を通りました。

授乳室の扉
チェックインを行う前にトイレを利用しました。トイレの横には授乳室があり「ご家族専用授乳室」と書いてあります。内側からカギをかけて使えるようです。これなら、お父さんも授乳を手伝いやすくて良いですね。

木製の台に設置された消毒液
私の利用する航空会社のチェックインカウンターは、通路の先の第1ターミナルにありました。
通路の入口にあったもののほか、空港内では、消毒液がすべて足踏み式の木製スタンドに設置されていました。愛知県産の木材が使われているそうです。きれいな木を土足で踏むのが申し訳ない気もしましたが、しっかり手指を消毒しました。

がらんとした空港の4階
搭乗手続きの際、カウンターのスタッフさんに「搭乗口が遠いので、フライトの30分前までには保安検査場にお進みください」と言われました。
荷物を預けて身軽になり、しばらく時間ができたので、4階へ上がってみました。セントレア空港の第1ターミナルの4階には、おみやげ店やレストランが並んでいます。しかし、ここもがらがらでした。

臨時休業してシャッターを下ろしている店


シャッターの閉まった店が並んでいる
臨時休業している店も多く、寂しい感じがします。

搭乗口までの長い通路、ゆるやかな下りのスロープ


動く歩道が設置された長い通路
以前、セントレア空港の第2ターミナルを利用したときに、「中部国際空港」駅の改札口まで距離があったため、荷物を持っての移動で体が痛くなってしまい、困ったことがありました。あまり大きな空港を利用することがないのでうっかりしていたのです。
「今回利用するのは第1ターミナルだから大丈夫」と思っていたのですが、搭乗口がターミナルの端っこで、またまた遠かった。カウンターで「30分前までに」というアナウンスがなければ、焦ってしまうところでした。余裕がないと痛みまで強く出てしまうこともあるので、アナウンスがあってとても助かりました。

空から見た港
無事に搭乗できました。上空から景色を眺めながらほっと一息つきました。

上空から見る町並み
必要な移動をするたびに、「悪いことをしているわけではないはずなのに、見えない誰かに責められているような気持ちになるのはとてもつらいことだな」と思います。早くコロナ禍が収束して、誰もが移動を楽しめるようになると良いですね。

中部国際空港 セントレア:https://www.centrair.jp/index.html
名古屋鉄道:https://top.meitetsu.co.jp/

女性/30代 発達障害, 精神障害

九州地方在住。ボランティアから始めた地震被災者支援の仕事が終わり、現在将来を模索中。
発達障害、線維筋痛症、強迫神経症などあり。理解ある周囲のサポートを受けながら生活しています。
長く拒食症でしたが、今はおいしく食べています。旅先での食事もご紹介したいです。
・すきなもの:草、花、猫、スピッツを歌いながらドライブ
・すきな場所:お寺、水源、薄暗いところ
同じところにいても見ているものが違うとよく言われます。ちょっと違った視点での楽しみ方をお届けできたらうれしいです。

・発達障害者主体のNPO法人で活動しています。
HP:https://unevennpo.wixsite.com/decoboco

旅行エリア
中部, 愛知県, 常滑市
旅行期間
対象読者
発達障害 精神障害 その他
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
発達障害ADHD自閉症LD線維筋痛症セントレア空港コロナ禍