パサール守谷(下り)の建物内部

     


コロナ禍ではなかなか遠出ができない中で、ちょっとした気晴らしはたまにはしたくなりますよね。そんな時に気軽にできる日帰りの旅はいかがでしょうか?おすすめなのが、茨城南部をメインとして、千葉北西部、埼玉を巡る観光スポット。地味なようにも見えますが、実はあまり知られていないワクワクするスポットが結構ありました。ぜひそのスポットをバリアフリーの状況も踏まえてご紹介致します


週末にドライブするならどこか近場の観光スポットがないか気になりますよね。

特にコロナ禍においては、あまり遠出がしにくい中で、おすすめなのが茨城県南部。

「あの観光ランキング毎年ビリの茨城県でしょ?」と思うかもしれません。

でも意外と面白いスポットがあるんです。

今回は、東京から茨城南部などのコースでご紹介します。

ちなみに茨城県は南部であれば、都心からもちょうど50kmで茨城県に入ることができますのでかなり近いと感じるでしょう。

常磐道で利根川を渡ってすぐの「守谷サービスエリア」は茨城県で、その2km先には谷和原 ICがあります。

そのため都心から片道1時間くらいで、茨城県の県南地域に行くことができますので、その周辺の観光スポットを今回ご紹介致します。

まずご紹介するのは、「守谷SA(サービスエリア)下り」

別名「パサール守谷(下り)」


パサール守谷館内
このパサールのついたSAやPAは、通常のSAやPAとはちょっと違って、ショッピングモールのような感じになっています。

以前ご紹介した幕張(京葉道)をはじめとして、今回ご紹介する守谷(常磐道)、三芳(関越道)、蓮田(東北道)、羽生(東北道)がパサールのSA・PAとなっています。

ちなみにこの5ヶ所は、普通のSA・PAとはちょっとコンセプトが違って、本当に楽しめるショッピングモールなどになっているので、ぜひ一度行ってみてください。

それでは話を元に戻すと、都心から首都高速、常磐道と走行した時に、途中で休めるPAは加平PAくらいしかありません。

その加平PAは、駐車台数が少ないことや、車の運転に慣れていない人だと追い込み車線から本線に合流しなければならないことから怖さを感じることでしょう。

そのため都心から走行してきた人にとって、確実にゆっくり休めるのは、利根川を渡ったすぐにある「守谷PA」になります。

ガソリンスタンドも設置されています。

駐車場とガソリンスタンド
守谷SAは、駐車台数も多いですし、障害者用駐車スペースも4台以上とめることができるのでとても便利です。

障害者用駐車スペース
ちなみに守谷SAは、一般道から入ることができるのも珍しいスポットです。

どういうことかと申しますと、守谷SAの裏側に一般道から入る駐車場があって、この高速道路のSAに行く歩道が設置されています。

そしてここから中に入っていきます。

一般道路からのパサール守谷入口
そのため車は高速道路に入ることはできませんが、人だけはこの守谷SAを利用することができます。



一般道路用駐車場からの店内入口
その駐車場にも障害者用駐車スペースが1台ありました。

一般道路からの駐車場にある障害者用駐車スペース
私もこの守谷SAのある守谷市に住んでいますので、何か美味しいものを食べたいと思う時は、高速道路に入らないで、一般道から入る駐車場にとめて、このSAを利用しています。

守谷SAは下りだけでなく、上りでも同様に一般道から入ることができます。

ただしテナントが全く違うので、どちらもワクワクできるでしょう。

話を元に戻しまして、高速道路の障害者用駐車スペース(手前側)のすぐそばにあるのが車椅子で利用できるトイレがあります。

高速道路のSAなので、他のトイレよりもオストメイトなども設置されておりました。



多目的トイレなどの入口


多目的トイレ内①


多目的トイレ内②


多目的トイレ内③
その先にあるのは、スターバックスです。



スターバックス入口
茨城限定の「いばらきメロンいがっぺフラペチーノ」が気になりました。

私が訪れた時には、残念ながらすでに完売していました。

次回は一度どのような味がするのかぜひ試してみたいですね。


守谷限定のいばらきメロンのいがっぺフラペチーノ
スターバックスの隣が、守谷SA(パサール守谷)の入口です。

パサール守谷入口
まずはショップからご紹介します。



店舗紹介掲示板
以前と違って、2店舗がリニューアルされていて、今回そのうちの1店舗であるおこわのお店を利用しました。

ちょうど土用の丑の日だった事もあり、鰻のめでた箱を購入しましたら、ものすごく美味しかったです。



おこわご飯を販売する米八


おこわの販売ラインナップ


うなぎおこわ
その他にも守谷SAで有名なのが、パン屋さんの牛スジの焼きカレーパンです。

これはテレビのバラエティー番組でも何度も紹介されているもので、パンに直接カレ〜のルーをかけて食べる珍しい商品となっています。

通常のカレーパンよりかなり値段が高くてびっくりするでしょう。

その金額は1個530円。

でも味も普通のカレーパンとは思えない味でびっくりすること間違いなしです。

今回は購入しませんでしたが、こちらもものすごくおすすめです。

有名なパン店


テレビでも紹介されている話題のカレーパン
あとは東京上野の名店「肉の大山」です。

ここの特製大山メンチは250円なので、「えっ、なんでこんなに高いの?」とびっくりしますが、味は高級な肉を使っているので、ものすごく美味しいです。


有名な肉の大山
その他にもいろいろなショップがありますが、お土産を購入するなら「旬撰倶楽部」を利用するといいでしょう。

ここは下り線のSAなので、これから茨城・福島方面へ行く人がほとんどなので、茨城土産もありますが、東京・千葉などの土産も充実しています。

茨城の田舎へ行くのにもしお土産を購入するのを忘れたと思ったら、ここで購入してみるのもいいでしょう。

そしてここにも押し寿司なども販売されていて、以前購入した時はものすごくおいしかったです。


旬撰倶楽部入口(お土産など)


旬撰倶楽部の美味しい食材


関東のお土産がある旬撰倶楽部の商品
そしてこの守谷SAは、フードコートが充実しており、上り線も下り線も名店揃いです。

とんかつまい泉、焼肉トラジなどが入店しています。


フードコートまい泉


フードコートどんぶり子


フードコートせたが屋
今回はその焼肉トラジでハラミ定食、母はカルビ定食を注文しました。

フードコート焼肉トラジ


トラジの定食を食べる白倉栄一


ハラミ定食


カルビ定食
お互いにハラミとカルビを半分ずつ交換して食べてみたら、本当に最高のお肉の味でした。

さすがトラジだけあるなと感じる逸品でした。

その他にもコンビニエンスストアのローソンや宝くじ売場などもありました。




サービスエリア内のローソン


サービスエリア内の宝くじ売場
今回は守谷SAをご紹介しましたが、都心からの長旅の前にちょっと休憩してみるのもおすすめです。

また行きと帰りの守谷SA(パサール守谷)を利用されるのもおすすめです。

まさにショッピングモールのように素敵なスポットです。

今後は守谷SAの上りもご紹介したいと思っております。

それでは次の記事で、この守谷SAの次の谷和原ICで降りて、都心からでもすぐ行ける人気観光スポットをご紹介していきます。

★パサール(全体のホームページ)
HP:https://www.driveplaza.com/pasar/

★パサール守谷
HP:https://www.driveplaza.com/sapa/1400/1400016/2/



男性/40代 肢体不自由, 車いす

茨城県在住、車椅子ユーザー。

動画広告クリエイター(15〜30秒のCM作り)の仕事をする傍ら、バリアフリー推進のために講演・コンサルなどを活動しています。

1996年9月に交通事故によって脊髄損傷になり現在に至る。
事故後に初めて遠出をした旅行で泊まったホテルが、バリアフリールームなのにただ広いだけで、フロントから「我慢してください」と言われた経験をもつ。

その経験をきっかけに、正しいバリアフリーの情報を調べて発信したいと思い、2005年より車椅子でも気軽に行けるバリアフリースポットの情報を実際に現地調査してブログで発信。

2016年11月には日本1周のバリアフリー 調査に挑戦。

今後は、車椅子でも楽しめるバリアフリースポットの情報をお伝えしたいと思い、コラムを書いております。

・バリアフリースタイルHP https://baria-free.jp

・バリアフリースタイルTV(YouTube)→バリアフリー全般における情報番組 https://www.youtube.com/channel/UCLVs0FQUeas4O2o3KSzshtw
o3KSzshtw

旅行エリア
関東, 茨城県, 守谷市
旅行期間
対象読者
肢体不自由 車いす 電動車いす 高齢者
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
ユニバーサルツーリズムバリアフリー車椅子脊髄損傷介護茨城観光ランキング守谷サービスエリア日帰り