水

     


 仕事などでストレスが溜まると、食事や睡眠に支障が出てくる私。そんな日が続くと、肉体的な疲労も蓄積し、体調を崩してしまいます。そうなると、発達障害の特性が強く出て、日常のちょっとしたことにも過敏に反応し、パニックを起こすようになります。
 そうなる前に、私は散歩をしてリフレッシュします。基本的には近所を散歩しますが、時には遠出をすることもあります。
 2017年9月、岐阜県郡上(ぐじょう)市で「水」と「城」と「踊り」を堪能してきました。

長良川鉄道
 郡上は遠いです。
 最寄駅から金山駅へ出て、金山駅から岐阜駅へ、さらにJR高山本線に乗り換えて美濃太田駅、最後に美濃太田駅から長良川(ながらがわ)鉄道で郡上八幡(ぐじょうはちまん)駅へ。名古屋市の自宅から3時間以上かかりました。
 写真は長良川鉄道の列車です。

駅舎
 郡上八幡駅。時代を感じさせる駅舎ですね。
 「郡上おどり」の時期だったからでしょうか、提灯が吊るされていました。
 郡上おどりは、毎年夏に開催される盆踊りで、7月中旬から9月上旬にかけて30夜以上行われます。

道
 ここからは徒歩で、市街地の中ほどにあるお城「郡上八幡城」を目指します。。
 駅から城周辺までは2km以上あるので、タクシーを使うか、最初から車で行った方がいいかもしれませんね。
 私は長距離歩くことは平気なのですが、真夏だったので、さすがに暑くてきつかったですね。

川
 郡上八幡は長良川の上流に位置し、町の中を奥美濃の清流が流れていることから「水の町」と呼ばれています。

水場
 郡上八幡の中心部に近づくと、たくさんの水場が見られました。

鯉?
 写真では少しわかりにくいですが、鯉と思しき魚が町中の水路を泳いでいました。
 水場が多いためか、空気がひんやりしていました。暑い日でしたが、郡上八幡にいる間は涼しく過ごせました。
 ひんやりした空気を吸い込むと、水の香りが心地よく、体も心も洗われるようでした。

郡上八幡城
 郡上八幡城です。ここを訪れることも、旅の目的の一つでした。

像
 理由はこの像に隠されています!
 この像は、戦国武将・山内一豊(やまのうちかずとよ)と、その妻・千代(ちよ)の銅像です。
 山内一豊は、織田信長の家臣で、仕事ぶりが平凡な風采の上がらない男でした。しかし、千代を妻に迎えた後、少しずつ手柄を立てて出世していきます。一豊は、出世を重ねる中で豊臣秀吉、徳川家康と主君を変え、最終的には土佐藩(現在の高知県)約20万石の大名にまでのぼりつめました。
 一豊の立てた手柄は、妻である千代の助言や機転によるものが大きく、千代は「内助の功」や「良妻賢母」のお手本とされています。
 千代は、この郡上八幡城の城主であった遠藤氏の生まれだと言われているのです。

 私は、千代(と一豊)を主人公にして書いた「功名が辻(こうみょうがつじ)」が好きで、千代ゆかりのこの場所へ来てみたいと思っていました。念願かなって大満足です。

上から
 郡上八幡城からの景色です。
 山がかなり近くに見えて、郡上八幡が山に囲まれた土地であることがわかります。この山々が水の恵みをもたらしているんですね。
  
【郡上八幡城】 
住所:岐阜県郡上市八幡町柳町一の平659
開館時間:午前9時から午後5時(3~5月、9~10月)
     午前8時から午後6時(6~8月)
     午前9時から午後4時30分(11~2月)
※入城は閉館時間の15分前まで

休館日:12月20日~1月10日
入館料:大人(高校生以上)320円、小人(小・中学生)150円
※障がい者手帳所持者は無料

町中1
 城を見た後、もう少し町中を散策しました。
 
 昔は、こういう場所で洗濯したり水を汲んだりしていたんでしょうか。

町中2
 映画やアニメの一場面にありそうな風景だと思いませんか?こういう場所で、物語の鍵になる登場人物と出会うとか、不思議な体験をするとか…

商店街?
 昔ながらの商店街のような雰囲気です。
 長く営業していると思われる店が多く見られました。

白鳥おどり
 これは郡上おどり、ではありません。
 郡上おどりを見ていこうかと思ったのですが、すごい人出になることが予想され、人混みが苦手な私の特性的に厳しいと予想し、断念しました。
 代わりと言ってはなんですが、郡上市内の白鳥町に、郡上おどりより規模の小さい「白鳥おどり」があると知り、見に行くことにしました。
 急いで白鳥町の民宿を手配し、長良川鉄道で郡上八幡駅から美濃白鳥駅まで移動しました。30分くらいですね。

 白鳥おどりは、延べ十日間にわたってさまざまな会場で踊られる盆踊りですが、この日は徹夜で踊ったり町中を踊り歩いたりする日ではなく、神社の拝殿前でこぢんまりと踊る日でした。私にはこのくらいがちょうどいいです。
 郡上おどりとどう違うのか、素人の私にはよくわかりませんが、たびたび「あーしっちょいしっちょい」というフレーズが出てくるのが面白かったです。

 踊りを堪能した私は、宿で気持ちよく眠ることができました。
 翌日は、また長い時間をかけて名古屋へ帰りました。

男性/30代 発達障害, 精神障害

愛知県岡崎市出身、名古屋市在住の「ふかつ」と申します。
発達障害(ADHD、ASD)で、精神障害福祉手帳(3級)を所持しています。

【仕事】
十数年間、一般就労で、民間企業や公務員を経験しましたが、能力や心身に限界を感じて退職しました。
現在は、
・貧困等の事情がある家庭の子供への学習支援
・webライター(勉強中。とにかく書けるものを書いています)
・SDGsに関心があり、自分に何かできることはないか模索中
その他、自分でも苦痛なく出来ることを探しています。

【趣味】
旅行、食事、散歩、読書
最近は、地域の祭のお手伝いをしたり、獅子舞の保存会で活動したりもしています。

【今行きたい場所】
新潟県、青森県、岩手県、秋田県、茨城県、群馬県
(あとこれだけ行けば47都道府県制覇なのです・・・)

記事のご感想等を頂けるとすごく嬉しいです。
akix0726@gmail.com

旅行エリア
中部, 岐阜県, 郡上市
旅行期間
対象読者
発達障害 精神障害
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます
なし
関連タグ
岐阜県郡上市郡上八幡白鳥白鳥おどり