所沢航空発祥記念館正面

     


私は交通事故で脊髄損傷になり、リハビリを行ったのが埼玉県所沢市にある国立障害者リハビリテーションセンター(通称:国リハ)。私と同様に車椅子利用者の多くがこの国リハで入院した経験が多い中で、近くにあるが誰もが行ったことのない最寄り駅にもなっている「航空公園」。そこで見つけた航空関連の博物館に行ってみました。飛行機好きなら行ってみたくなる観光スポットをご紹介します。


埼玉県所沢市。

私はちょうど1997年3月から9月までの6ヶ月間、この埼玉県所沢市にある「国立障害者リハビリテーションセンター(通称:国リハ)」に入院して、日常生活が送れるためのリハビリを実施しました。


国立障害者リハビリテーションセンター
私と同じく脊髄損傷になった方は、この病院の出身であることをあちこちでよく聞きます。

「私も入院していましたよ」とか「今も通っています」とか。

でも所沢に入院しても、この周辺についてはあまり知らないのがほとんどの方々です。

私もそうでした。

そして最寄り駅が、航空公園駅。

航空公園には一体何があるのかずっと気になっていました。

多分、私だけでなく多くのこの病院で入院していた人は同じではないかと思っています。

なぜなら外出する事は滅多にないからです。

私自身も壊れたメガネを作りのために、すぐ近くにある新所沢駅周辺には行っただけで、結局この周辺は何も分からないまま退院していきました。

そして通院をすることがあっても、なかなか周辺には利用しませんでした。

そんな中で、長年、気になっていた「所沢航空記念公園」へついに訪れてみました。


所沢航空記念公園


公園にある飛行機展示


公園案内図
ちなみにこの公園に隣接しているのが、東京航空交通管制部です。

所沢から飛行機に対して着地などの指示を送っています。

なぜ羽田や成田から遠く離れた所沢なのだろうか?

私自身よく分からないものの、ここは日本で初めて飛行場ができた場所、つまり所沢飛行場の跡地でした。

そういう意味で、この航空記念公園には、図書館、運動場、テニス場などがある中で、見学できる施設「所沢航空発祥記念館」がありました。

せっかくなので見学したいと思い、記念館に入ってみることにしました。

ちなみに障害者用駐車スペースは、公園内に設置されておりました。


障害者用駐車スペース
公園内を進むと記念館がありました。

所沢航空発祥記念館の建物の脇


所沢航空発祥記念館入口
スロープがついていますし、館内もバリアフリー対応になっているので安心です。

館内案内図
実を言いますと、私自身子供の頃から鉄道は好きだったのですが、車椅子生活になるとあまり鉄道に乗る機会が少なくなり、いつの間にか飛行機の方が好きになっていました。

毎回、羽田空港から乗る機材は、ボーイング777だとか787だとかかなり気にしています。

そんな私なので館内に入るとワクワクしてきました。

駐機場には、いろいろな飛行機の展示がされていました。

零戦、ヘリコプターの展示などを見ると、もし自分が車椅子生活をしていなかったら一度乗ってみたいと思ったくらいです。


ヘリコプター展示


ヘリコプター展示②


ヘリと白倉栄一
「危険近寄ルナ」と書かれているヘリコプターもありました。

確かに飛び立つ時に近寄ったら危険ですね。

危険近寄ルナの明記されたヘリコプター
そしてエレベーターで上の方に行くと、空の管制塔の役割などを学ぶ事ができます。


管制塔の様子
そして真剣にやってしまったのが、空のクイズコーナーです。

実際にやってみたところ、全問正解でめちゃくちゃうれしかったものの、何か賞品とかが出るものではありませんでした。


館内のクイズコーナー
その他にもいろいろと見どころがたくさんありました。

フライトシュミレーター入口
そしてミュージアムショップでは、飛行機関連のグッズがいろいろとあって、毎回買いたくなるものの、家の中の荷物が増えるので、今回も何も買わず我慢しました。

ミュージアムショップ
車椅子でも利用できる多目的トイレは、設置されております。

多目的トイレ①


多目的トイレ②


多目的トイレ③


多目的トイレ④
そして次に向かったのが、三井アウトレットパーク入間。

親友がこの周辺に住んでいて、その時に必ず向かうのが三井アウトレットパーク入間です。

この周辺には、いろいろなショッピングモールがある中で、駐車場が一番利用しやすいこととフードコートが充実しているので、必ずと言っていいほど利用しています。


三井アウトレットパーク内の様子
障害者用駐車スペースは、カラーコーンが置いてあるので、1人で行った場合は、入庫の時にボタンを押して連絡するといいでしょう。


三井アウトレットパーク立体駐車場障害者用駐車スペース
駐車スペースから店内までは連絡通路があるので、すぐに行くことができるのと、駐車場は屋内になっているので雨が降っても安心です。

駐車場から館内への連絡通路
そしてよく利用するフードコートですが、讃岐うどん、日本そば、ラーメン、オムライス、焼きそば、親子丼などその他にもいろいろなお店が入っています。

フードコート入口


フードコート店舗案内掲示


フードコート内


テナントの様子①


テナントの様子②


テナントの様子③
しかもどのお店も各地域の人気店のようです。

そこで私は、親子丼を販売している鶏三和を利用しました。

ここの名古屋コーチン親子丼は、卵がとろとろでものすごく美味しいです。

ちなみに鶏三和は、常磐道守谷サービスエリア上り(パサール守谷)にも入っていて、わざわざ親子丼を食べるためにサービスエリアに行くこともあるくらいです。


鶏三和の名古屋コーチン親子丼セット
そしてフードコートだけでなく、いろいろなショップが入店されていて、テレビでもかなり話題になりました。

私のように身体が大きい人のラガーシャツ(カンタベリー製)も販売していて、アウトレットだけにものすごくお値打ち価格で販売されています。


テナントの様子


テナントの様子
館内はエレベーターもあり、車椅子で利用できる多目的トイレも設置されておりますので、安心です。


館内エレベーター


多目的トイレ①


多目的トイレ②


多目的トイレ③


多目的トイレ④


三井アウトレットパークの様子
今回はこの2つの観光スポットをご紹介しましたが、この周辺には川越、秩父などもありますのでとても楽しめると思います。

皆さんもぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

★所沢航空発祥記念館
住所:埼玉県所沢市並木1-13 所沢航空記念公園内
電話:04-2996-2225
HP:https://tam-web.jsf.or.jp

★三井アウトレットパーク入間
住所:埼玉県入間市宮寺3169-1
電話:04-2935-1616
HP:https://mitsui-shopping-park.com/mop/iruma/


男性/40代 肢体不自由, 車いす

茨城県在住、車椅子ユーザー。

動画広告クリエイター(15〜30秒のCM作り)の仕事をする傍ら、バリアフリー推進のために講演・コンサルなどを活動しています。

1996年9月に交通事故によって脊髄損傷になり現在に至る。
事故後に初めて遠出をした旅行で泊まったホテルが、バリアフリールームなのにただ広いだけで、フロントから「我慢してください」と言われた経験をもつ。

その経験をきっかけに、正しいバリアフリーの情報を調べて発信したいと思い、2005年より車椅子でも気軽に行けるバリアフリースポットの情報を実際に現地調査してブログで発信。

2016年11月には日本1周のバリアフリー 調査に挑戦。

今後は、車椅子でも楽しめるバリアフリースポットの情報をお伝えしたいと思い、コラムを書いております。

・バリアフリースタイルHP https://baria-free.jp

・バリアフリースタイルTV(YouTube)→バリアフリー全般における情報番組 https://www.youtube.com/channel/UCLVs0FQUeas4O2o3KSzshtw
o3KSzshtw

旅行エリア
関東, 埼玉県, 所沢市
旅行期間
対象読者
肢体不自由 車いす 電動車いす 高齢者
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
ユニバーサルツーリズムバリアフリー車椅子脊髄損傷介護所沢航空博物館国リハ飛行機の歴史航空公園