海ほたるPAから千葉方面を眺める画像

     


東京湾アクアラインが開通して以来、東京・神奈川から千葉の内房・外房の観光スポットへ行くのがものすごく近くなりました。その途中にある東京湾の海の中にポツンとあるのが「海ほたるPA」。このPAが単に休憩できる場所ではなく、かなり楽しめる観光スポットになっていることをご存知ですか?その海ほたるPAをはじめ、千葉のスポットをご紹介します。


今回は、久しぶりに千葉県千葉市にある「幕張メッセ」にやってきました。

友人があるブースで食べ物の実演をされていたので、その様子を見るために訪れました。

日本最大級のコンベンション施設と言われていて、私は以前には東京モーターショーをはじめ、プラレール展などを見学に訪れた事があります。

最近では、お台場にある「東京ビッグサイト」や有楽町にある「東京国際フォーラム」なども大きなイベントが開催されますが、たまに「あのイベントどこだっけ?」と迷ってしまうこともあるくらいです。

よく確かめないと現地へ行ったら、思っていたイベントと違うこともあるでしょう。

幕張メッセには広大な駐車場が設置されており、障害者用駐車スペースもものすごい数があるのと、係員さんが必ず誘導してくれるので安心です。


幕張メッセ障害者用駐車スペース


幕張メッセ有料駐車場看板
ただ駐車場は屋外なので雨が降った時は、すぐそばにある連絡橋まで多少濡れてしまいますが、連絡橋のエレベーターを乗ってからは屋根がついています。

連絡通路
駐車場のすぐそばに車椅子で利用できるトイレは、設置されておりました。

駐車場の多目的トイレ


多目的トイレ内①


多目的トイレ内②


多目的トイレ内③
ちなみに幕張メッセに向かうには、長い連絡橋を通らなければならないので、現地で誰かと集合するときは、15分程度の余裕をもった方がいいでしょう。

連絡通路内


幕張メッセの入口


幕張メッセ内通路
そして現地では、必ず入館手続きなどをしなければならないので、どこが受付なのかをきちんとチェックしてください。

車椅子でも利用できる多目的トイレは、数多くありますし、段差もないバリアフリー構造になっています。



幕張メッセのイベント
そして車椅子でも利用できるレストランなどもありますので、ゆっくり楽しむこともできるでしょう。

幕張メッセのレストラン


レストラン内の車椅子利用席
また近くには、全国のショッピングモールで最大級のイオンモール幕張新都心があり、レストラン・フードコートなども充実しており、そちらを利用するのも楽しいと思います。


イオンモール幕張新都心
今回は幕張メッセでの見学を終えた後に、友人を乗せてドライブで東京アクアラインの「海ほたるPA」に向かいました。

友人は車を持っていないようで、東京湾アクアラインを通ったこともなければ、海ほたるPAを利用したことがないので、とてもワクワクしていました。

私も初めて行った時は、海の上を走る光景や、海の中にポツンと建てられている海ほたるPAがとても奇妙に感じました。

この東京湾アクアラインによって、都心からも楽勝で日帰りできるくらい千葉県の南房総方面(館山・鴨川など)は近い場所にあります。

しかも開通当初に比べて大幅に料金も値下げされているので、気軽に千葉方面へ行くことができるでしょう。

また千葉県君津市から南に向かって高速道路もすでに開通しているので、館山市の手前の富浦まで高速道路で行くことができます。

そのため都心から2時間程度で千葉県の南房総地域へ行くことができるでしょう。

そしてその途中に欠かせないのが、今回ご紹介する「海ほたるパーキングエリア(PA)」です。

「単なるパーキングエリアでしょ?」と思っていらっしゃるかもしれませんが、実はここはショッピングモールのような素敵な観光スポットになっています。

ちなみに私自身は、5年に1回くらいの割合で何気なく立ち寄るのですが、毎回立ち寄るたびに大幅改装されているような感じがします。

そのため、ショッピングモールが前回訪れた時のイメージとは全くガラリと変わっていることに毎回びっくりしています。

海ほたるPAには、千葉側から川崎方面に走行して向かいました。

木更津金田ICを過ぎると、一気に海の上を走行します。


東京湾アクアラインの看板
今まで日本のいろいろな橋を通りましたが、この橋だけは他の有名な橋と違って、明らかに海の上を走っているような不思議な感じがします。

橋の最後に海ほたるPAがあって、PAを利用しない車は、トンネルの中に入っていき、川崎浮島JCTまで海の中のトンネルを走行することになります。

ちなみに海ほたるPAだけを利用して、Uターンして千葉方面に戻ることも可能になっています


海ほたるPAへの看板


海ほたるPAの駐車案内看板
毎回、駐車場は賑わっている事もあり、5台だけある障害者用駐車スペースは空いていませんでした。(上下線ともに障害者用は5台ずつ)

でも5台あったらどなたかが出発されるだろうと思い、駐車場内をウロウロとしていました。

ラッキーなことに5分くらい経過したら、1台分が空いていたので、海ほたるPAを利用することができました。


障害者用駐車スペース
海ほたるPAは、5階建てになっていて、1階が高速バス乗り場、2・3階が駐車場、4階がショップやアミューズメント、5階がレストランや展望デッキなどになっています。

私たちは木更津側の駐車場にとめたので、2階からエレベーターに乗って、5階へ行きました。


海ほたるPAのフロア案内掲示板
まずは5階にある記念撮影用オブジェの前に行きました。




5階にある記念写真撮影用オブジェ
ここからは千葉県木更津側の道路が見えます。

日が暮れる前の木更津方面の様子
ちなみにこちらが日が落ちたあとの画像です。

こちらもロマンチックに見えます。

日が暮れた後の木更津方面の様子
海ほたるを紹介するときによくテレビなどにも出てくる景色でとても清々しく感じることができます。

5階は海ほたるの周りの景色を楽しむことができます。


5階フロアの外周の状況


5階で海の写真を撮影している白倉栄一


5階にある亀のオブジェ


5階で川崎方面を撮影している白倉栄一
こちらは神奈川県川崎側の景色です。

川崎方面の様子


川崎方面の途中にある施設
海ほたるから川崎側は、地下トンネルになりますので、海を航海している大型船を見ることができます。

ただ多くの人が楽しみにしていたのは、東京湾に沈む夕陽でした。

三脚付きのカメラでそのシーンを待っている人がたくさんいました。


東京湾を航行するタンカーとカメラマン
私は普通にスマホで撮りましたが、夕陽が海に沈む景色はこんな感じです。

海ほたるPAから撮影した夕陽が海に沈む光景
次に5階フロアの状況を紹介します。

中にはレストランやフードコートがありました。


5階フロア内の様子➀


5階フロア内の様子②


5階フードコート
回転寿司のお店もあるので、どのお店に入ろうかものすごく迷うくらいです。

5階にある回転寿司店


5階のフードコート


5階のフードコートを利用している白倉栄一
私たちは、フードコートを利用しましたが、海の幸を使った丼でものすごくおいしかったです。

5階で食べた海の幸を使った丼



ただコロナ禍にあるのでお店によっては、夕方にはすでに閉店していた場所もありましたのでご注意ください。

まだまだ見所がたくさんあるので、次回の記事でも「海ほたるPA」をお伝えします。

★幕張メッセ
住所:千葉市美浜区中瀬2-1
電話:043-296-0001
HP:https://www.m-messe.co.jp
※ホームページには、バリアフリーのページもあるので分かりやすく記載されております。


男性/40代 肢体不自由, 車いす

茨城県在住、車椅子ユーザー。

動画広告クリエイター(15〜30秒のCM作り)の仕事をする傍ら、バリアフリー推進のために講演・コンサルなどを活動しています。

1996年9月に交通事故によって脊髄損傷になり現在に至る。
事故後に初めて遠出をした旅行で泊まったホテルが、バリアフリールームなのにただ広いだけで、フロントから「我慢してください」と言われた経験をもつ。

その経験をきっかけに、正しいバリアフリーの情報を調べて発信したいと思い、2005年より車椅子でも気軽に行けるバリアフリースポットの情報を実際に現地調査してブログで発信。

2016年11月には日本1周のバリアフリー 調査に挑戦。

今後は、車椅子でも楽しめるバリアフリースポットの情報をお伝えしたいと思い、コラムを書いております。

・バリアフリースタイルHP https://baria-free.jp

・バリアフリースタイルTV(YouTube)→バリアフリー全般における情報番組 https://www.youtube.com/channel/UCLVs0FQUeas4O2o3KSzshtw
o3KSzshtw

旅行エリア
関東, 千葉県
旅行期間
対象読者
肢体不自由 電動車いす 高齢者
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
ユニバーサルツーリズムバリアフリー車椅子脊髄損傷介護海ほたる千葉観光幕張メッセパーキングエリアサービスエリア