トップ

     


緊急事態宣言が解除された直後の2021年6月下旬、勉強会に参加するため、東京へ行ってきました。
せっかくなので、東京観光も楽しんできました。こんなご時世なので、ソーシャルディスタンスに留意しての観光です。
平日だったおかげか、大きなストレスなく旅を楽しむことが出来ました。
初日は新宿御苑です。

バスタ
 緊急事態宣言が解除されたとは言え、感染防止に気を付けなくてはいけないことに変わりはありません。少しでも人との接触を避けるため、午前6時台に名古屋駅を出発する新幹線で移動しました。
 コロナ禍で人出が減っていることと、平日の早朝ということが相まって、新幹線のホームも車内もガラガラ。私が乗った車両には、乗客が3人くらいしかいなかったと思います。
 東京駅に着いたのは午前8時過ぎ。通勤時間帯で人が多かったので、東京駅での乗り換えはやめました。丸の内側に出て皇居外苑を歩き、四谷まで行きました。そして、四谷からJRで新宿駅へ行き、新宿駅から新宿御苑まで歩きました。
 後で、東京メトロに「新宿御苑駅」があることを知りました。新宿御苑まではもちろんこちらからの方が近いです。ちゃんと調べておかないといけませんね。
 写真はバスタ新宿。私は高速バスを使って旅行することが多かったので、2、3年前まではよくお世話になった場所です。懐かしくて撮影しました。

御苑入り口
新宿御苑に着いたのは午前9時半頃でした。

新宿門
 新宿門から入園しました。
 入園料は500円ですが、身体障がい者手帳や精神障がい者保健福祉手帳を提示すると、本人と介助者1名が無料になります。

御苑内
 さっそく緑豊かな景色が出迎えてくれました。数分前までごみごみした東京の街中にいたのが嘘のような開放感です。草木の匂いがほのかに香っていい気持ちです。
 平日の朝で開園からあまり時間がたっていないためか、人の姿はあまり見えません。ソーシャルディスタンスはバッチリ確保できていて、密になりようがないですね。
 新宿御苑内にいるときは、基本的にマスクを外していました。まわりに人がいませんでしたからね。人との距離感を気にせず過ごせるというのはストレスがなくていいですね。逆に言うと、ここ1年半ほどの生活がストレスの大きいものだということかもしれません。
 こんなご時世だからこそ、こういう場所で過ごす時間を持つことが必要だと思いました。私のように障害の特性上、周囲の環境の影響を受けやすい人はなおさら。

木漏れ日とベンチ
 素敵な場所を発見。
 木が生い茂っている中に、ベンチが設置されています。タイミングが良かったのか、木漏れ日がいい感じにベンチを照らしていました。ここに座って少し休憩。この日は晴れていた上に風もあまりなく、少し動いただけでも汗ばむくらいの陽気でしたが、木陰は涼しくて暑さも感じず、心地よく過ごせました。
 そのつもりはなかったのに、少しウトウト…朝が早かったので。

この木なんの木がありそう
 広い芝生と、その向こうに見える木々。この写真だけ見ると、ここが新宿駅の近くだなんて信じられない景色です。 
 ここでは、保育士さんに連れられた子どもたちが遊んでいる姿を見かけました。なんてうらやましい子どもたちでしょう。新宿御苑は広くて自然が多いし、車にひかれる心配もないので、小さい子どもを遊ばせるにはいい場所なのでしょう。

やっぱりここは東京
 視線を移せば、高層の建物が見えます。やはりここは大都会、東京なんだということがよくわかります。たくさんの建物が集まっている街中にこんな場所があるのは、東京ならではかもしれませんね。

温室
 新宿門から東に行くと温室がありました。大木土門からはすぐ近くですね。

温室の中
 熱帯に生息する植物を見ることができました。
 こういうご時世だからなのか、普段からそうなのかわかりませんが、出入口や窓が開けっぱなしになっていました。換気のためでしょうか。これで温室内の環境を保てるのでしょうか。夏だから大丈夫なのかな?

みたいな場所
 日本庭園みたいな場所もあります。

日陰道
 ほとんど日陰で、道にうっすら苔が生えている場所も。いろいろな景色を見ることができる場所です。
 新宿御苑はかなり広いですね。私は歩くのが早い方ですが、1周するのに1時間はかかったと思います(ベンチで休んでいた時間を除く)。座って休憩できる東屋のような場所もあるので、適度に休みながら回るといいと思います。
 朝から豊かな緑を堪能した私は、午後からのセミナーのため、来た道を引き返して麹町へ向かいました。
 平日の新宿御苑、素敵です。

車いす
 新宿御苑では、無料で車いすを借りることができます。ただ、園内は車いすだと通るのが難しそうな道もあるので注意です。(写真は、千駄ヶ谷門の車いす置き場です)
 

【新宿御苑】
住所:東京都新宿区内藤町11番地
開園時間:季節によって変更あり。
春季・秋季 午前9時から午後5時30分(3月15日〜6月30日,8月21日〜9月30日)
夏季 午前9時から午後6時30分(7月1日〜8月20日)
冬季 午前9時から午後5時30分(10月1日〜3月14日)

休館日:毎週月曜日(月曜が休日の場合は翌平日)
観覧料:500円
※身体障がい者手帳、療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳の所持者と介助者1名は無料
URL:https://fng.or.jp/shinjuku/

男性/30代 発達障害, 精神障害

愛知県岡崎市出身、名古屋市在住の「ふかつ」と申します。
発達障害(ADHD、ASD)で、精神障害福祉手帳(3級)を所持しています。

【仕事】
十数年間、一般就労で、民間企業や公務員を経験しましたが、能力や心身に限界を感じて退職しました。
現在は、
・貧困等の事情がある家庭の子供への学習支援
・webライター(勉強中。とにかく書けるものを書いています)
・SDGsに関心があり、自分に何かできることはないか模索中
その他、自分でも苦痛なく出来ることを探しています。

【趣味】
旅行、食事、散歩、読書
最近は、地域の祭のお手伝いをしたり、獅子舞の保存会で活動したりもしています。

【今行きたい場所】
新潟県、青森県、岩手県、秋田県、茨城県、群馬県
(あとこれだけ行けば47都道府県制覇なのです・・・)

記事のご感想等を頂けるとすごく嬉しいです。
akix0726@gmail.com

旅行エリア
関東, 東京都, 新宿区
旅行期間
対象読者
発達障害 精神障害
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
東京都新宿新宿御苑ソーシャルディスタンス