大きなカップに入ったコーヒー

     


長野県の松本市には、地元の方も観光客もゆっくり過ごすことができるカフェがたくさんあります。今回は、そんなステキなカフェの中から、私が訪れた3か所をご紹介します。

昔の蔵を改装したカフェの外観、白壁
1.oldies b goodies
アンティーク雑貨が飾られていたり、木製のテーブルが良い味を出していたりする、レトロな雰囲気のカフェ「oldies b goodies」は、「和泉町伍蔵(いずみまちごくら)」という建物の1階にあります。
和泉町伍蔵は、江戸時代から明治時代に建てられた5つの蔵をリノベーションした建物群です。あちこちに蔵が残されている松本でも、これだけ活用されているところはめずらしいのではないでしょうか。
このお店は、友人と車で移動していた時にたまたま見つけて、いったんは通り過ぎたのですが、「さっきのお店、気になったよね」「戻って行ってみる?」と、Uターンして訪れました。しかし駐車場が見つかりません。私たちが困っていると、お店の中から店員さんが「そちらの路地を左折したところにあります!」と教えてくださったので、無事にたどり着くことができました。

薄暗い、雰囲気のある店内、テーブル


窓の前に並べられた昔の雑誌


店の真ん中にある大きな木のテーブル
明るすぎないので、発達障害の特性と線維筋痛症の症状で、まぶしい場所が苦手な私にぴったりの場所です。薄暗い空間で安心して過ごすことができました。

注文票とえんぴつ
注文は、テーブルの上にある紙に丸をつけて、店員さんに渡すシステムです。
英語ができない私は、書かれている単語を頭の中で訳すのに時間がかかってしまいました。

目玉焼きやベビーリーフなどが乗ったプレート


ワッフルやピカタなどが乗ったプレート
ワンプレートに盛りだくさんの朝食メニューです。私が気に入ったのは野菜。普段、スーパーでは目にしないような野菜がいろいろ使われていて、おいしかったです。

マグカップになみなみのカフェラテ


アイスカフェラテ
カフェラテもふんわりとしたミルクの口当たりが良かったです。

蔵の中を通る道


花屋さんの壁


並べられているたくさんの切り花


花屋さんの前の小さな暖簾
カフェの向かい側にはお花屋さん「花屋 彦兵衛」がありました。様々な種類の珍しい草花を扱っているようです。
値段のついていない小さな鉢物があり、売り物ではないかもしれないと思いましたが、気になったので店員さんに尋ねてみると、「ちょっとお待ちください。オーナーに確認してみますので」とわざわざ電話をかけてくださいました。
しばらくして「そちらはまだ育てている途中のようで、売り物ではないとのことです。すみません」と教えてくださいました。丁寧な花屋さんだなあと感じたので、育ったころにもう一度訪れてみようと思いました。

「珈琲茶房かめのや」の入口
2.珈琲茶房 かめのや
「かめのや」を訪れるきっかけになったのは、塩尻市のワイナリー「五一わいん(ごいちワイン)」で出会った「ブランデーコーヒー」でした。このブランデーコーヒーが、びっくりするほどおいしかったのです。焙煎前のコーヒー豆をブランデーに浸しているそうで、アルコール分はすべてとばしてあるのに、しっかりとブランデーの香りがしました。値段は100グラムで840円とそれなりにするのですが、それ以上の価値があると思いました。
五一ワインをつくる林農園と共同でブランデーコーヒーを作っているのが「Alps coffee lAb.」で、「Alps coffee lAb.」は「珈琲茶房 かめのや」の焙煎所のブランド名だと知り、「かめのや」にも行ってみたいと思ったのです。

「かめのや」の入口を店内から見たところ
店内は昭和の歌謡曲が流れていて懐かしさが感じられる雰囲気でした。
昔からの常連さんと思われる年配のお客さんや、20代・30代のお客さんもいて、幅広く愛されているお店だということがわかりました。店内は私と友人が入ったところで満席になりました。

メニュー表


大きなカップのコーヒー
私は、インターネットで見た時から気になっていたネパール産のコーヒーを注文しました。

スイカアイスコーヒー
友人が頼んだのは「スイカアイスコーヒー」。スイカのシロップを加えてあるそうです。一口飲んだ友人は「あ、ほんとにスイカだ」と言っていました。スイカとコーヒーのコラボ、いったいどうやって思いついたのでしょう。

ビル1階の「かめのや」の外観
「かめのや」の外観です。松本市中心部のビルの1階にあります。

ベリーとコーヒーのジェラード
3.丸山珈琲 松本コーヒースタンド
最後に、「信毎メディアガーデン」の1階にある「丸山珈琲」です。こちらではジェラートをいただきました。
信毎メディアガーデンは、松本市中心部にある信濃毎日新聞の松本本社ビルです。2階にある「ポムジェ」という、シードルを中心にお土産品を扱っているお店でシードルを買い、1階の「MARKT」というキッチン雑貨屋さんでは、以前から探していた計量カップを見つけて購入し、満足したところで、一息つこうと思って丸山珈琲に立ち寄りました。
暑い日だったので、ベリーとコーヒーのジェラートを食べて涼をとりました。テーブルには新聞が立てられるようになったポケットがついていて、さすが新聞社だと思いました。もちろん、その日の信濃毎日新聞が置いてありました。
ちょうど外ではマルシェも開かれていて、小さな女の子がお母さんと一緒にパンを売っていたので、いちご味のパンを買い、さらに満足して帰路につきました。

みなさんも松本市を訪れる際は、ぜひ行ってみたいカフェもスケジュールに入れてみてくださいね。

和泉町伍蔵(Facebookのページ):https://www.facebook.com/izumimachi.gokura/
珈琲茶房 かめのや(Facebookのページ):https://www.facebook.com/coffee.kamenoya/
五一ワイン(株式会社林農園):http://www.goichiwine.co.jp/
Alps coffee lAb.オンラインショップ(BASEのページ):https://kamenoya.thebase.in/
信毎メディアガーデン:https://www.shinmai-mediagarden.jp/

女性/30代 発達障害, 精神障害

九州地方在住。ボランティアから始めた地震被災者支援の仕事が終わり、現在将来を模索中。
発達障害、線維筋痛症、強迫神経症などあり。理解ある周囲のサポートを受けながら生活しています。
長く拒食症でしたが、今はおいしく食べています。旅先での食事もご紹介したいです。
・すきなもの:草、花、猫、スピッツを歌いながらドライブ
・すきな場所:お寺、水源、薄暗いところ
同じところにいても見ているものが違うとよく言われます。ちょっと違った視点での楽しみ方をお届けできたらうれしいです。

・発達障害者主体のNPO法人で活動しています。
HP:https://unevennpo.wixsite.com/decoboco

旅行エリア
中部, 長野県, 松本市
旅行期間
対象読者
発達障害 知的障害 精神障害 その他
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
発達障害ADHD自閉症LD線維筋痛症松本市カフェ