タイトル

     


 高千穂で心安らかな2日間を過ごした後、愛媛県松山市へ向かいました。私の愛読書、司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」ゆかりの地です。
 高千穂から松山市に到着するまでが大変でした。バス・列車・船・路面電車を乗り継いで、総移動時間は約8時間!
 少々無茶をしましたが、念願の地に来ることが出来た感動は大きかったです。

加藤
 2019年9月27日の昼過ぎ、宮崎県高千穂町の観光を終えた私は、高千穂バスセンター発のバスで延岡駅に向かいました。延岡駅に着いたのは午後3時過ぎ。ここで一泊してもいい時間でしたが、松山で宿を予約していたので、足を止めずに松山を目指しました。
 延岡から列車で大分県臼杵市へ移動し、臼杵発のフェリーに乗って愛媛県八幡浜市、八幡浜から電車で松山市、松山駅から路面電車に乗って、午後9時過ぎに宿へ到着しました。
 バス、列車、船を駆使した8時間以上の長旅でした。
 温泉でリフレッシュして、ぐっすり眠って、松山観光をスタートしました。
 写真は、伊予松山藩主の加藤嘉明(よしあき)公の銅像です。

秋山生誕地
 まず訪れたのはここ。

秋山生誕地2
 「秋山兄弟生誕地」
 秋山好古(よしふる)・真之(さねゆき)兄弟が生まれた場所です。
 秋山兄弟は、日露戦争で活躍した軍人で、作家の司馬遼太郎さんが、この二人と俳人の正岡子規を加えた3人を主人公にして、「坂の上の雲」という作品を書きました。私が大好きな作品です。

好古
 秋山好古。日露戦争で、当時世界最強と呼ばれたロシアの騎兵集団10万人を相手に、8,000人程の兵力で渡り合った軍人で、「日本騎兵の父」と呼ばれています。

真之
 秋山真之。日露戦争で、日本海軍がロシアのバルチック艦隊を破った「日本海海戦」の勝利に貢献しました。
 開戦前に彼が打電した「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」という文章も有名です。

 秋山兄弟生誕地では、秋山兄弟の生家が復元され、色々な資料が展示されています。
 ここでは、ガイドボランティアの方に案内していただいたのですが、その方のお母様が、小さい頃、晩年の秋山好古の近所に住んでいて、たまに好古氏と話をしたり果物をもらったりしたという話を聞きました。歴史に残る人物が、確かに存在していたんだと感じることのできる貴重な話でした。

ミュージアム
 続いてやってきたのは「坂の上の雲ミュージアム」。頑張って松山へ来た理由はこれです。

ミュージアム2
 実は、この旅の数年前にも松山に行ったことがあったのですが、その時は休館日(月曜日)だったため、見ることが出来ませんでした。ちなみに、先ほど紹介した「秋山兄弟生誕地」も月曜定休です。
 当時は、坂の上の雲ミュージアムの事を知らずに松山へ来たので、悔しい思いをしたことを覚えています。
 そのときから、いつか絶対に訪れてたいと思っていたこの場所。のぼりと建物の外観を見られただけで感動しました。

ミュージアムの中
 外観も内装も少し変わったデザインで、写真のような階段で上の階へ行きます。
 ちゃんとスロープもあるので、車いすの方でも安心です。また、車いすの方は、駐車場からエレベーターで館内へ移動できます。
 電動車いすの貸し出しもしています。

展示資料
 館内では、「坂の上の雲」という作品にちなんだ資料はもちろん、「坂の上の雲」の題材となった日露戦争に関する資料も展示されています。なので、「坂の上の雲」をあまり知らない人でも、日本の近代史に関心がある方なら楽しめると思います。
 音声ガイドの貸し出しをしているので、文字情報が苦手という方でも楽しめると思います。

 写真は、ロシアのバルチック艦隊の航路を表した図です。
 館内で撮影可能な場所が限られていたのもありますが、念願の坂の上の雲ミュージアムに夢中になっていたせいで、展示資料で撮っていた写真はこれだけでした。

ことり
 坂の上の雲づくしの午前中を過ごした後に昼食。当時の上司に教えてもらった「鍋焼きうどん ことり」です。 
 「大街道(だいかいどう)商店街」という商店街の中にある老舗で、昭和を感じさせる建物です。

鍋焼きうどん
 時間は正午を少し過ぎた頃だったと思いますが、運よく並ばずに入店することが出来ました。明るくて気さくな雰囲気の女性が席へ案内してくれました。
 メニューは鍋焼きうどんといなりずしだけだったと思います。
 鍋焼きうどんは、アルミの鍋で出てきました。具は、肉や卵、きざみ揚げ、ナルト、ネギと、シンプルながら豪華。つゆは、いりこの出汁がきいていて、とても美味しかったです。

パンケーキ
 食後のデザートのパンケーキです。
 「フライング スコッツマン」という喫茶店でいただきました。このお店も大街道商店街の中にあります。分厚くてフワフワなパンケーキに、シロップとバター。クリームやトッピングいっぱいのパンケーキも美味しいですが、昭和生まれの私には、こういうシンプルなタイプの方が合うみたいです。食後のデザートとしては、少しボリュームがあったのに、ペロリと食べられました。
 写真は撮っていませんが、パンケーキを食べた後、同じく大街道商店街の中にある「みよしの」というお店のおはぎもいただきました。食べ過ぎですね。
 
 疲労と満腹で重たくなった体を引きずって、この日の夕方のバスで徳島県徳島市へ向かいました。
 実はこの旅、結構長旅で、この後にも色々行ったのですが、旅行記はひとまずここまでです。

【坂の上の雲ミュージアム】
開館時間:午前9時から午後6時30分  
休館日:毎週月曜日(休日は開館)
観覧料:400円
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福  祉手帳の所持者及びその介護人は無料
住所:愛媛県松山市一番町三丁目20番地
※伊予鉄道城南線「大街道駅」下車 徒歩2分
URL:https://www.sakanouenokumomuseum.jp/

男性/30代 発達障害, 精神障害

愛知県岡崎市出身、名古屋市在住の「ふかつ」と申します。
発達障害(ADHD、ASD)で、精神障害福祉手帳(3級)を所持しています。

【仕事】
十数年間、一般就労で、民間企業や公務員を経験しましたが、能力や心身に限界を感じて退職しました。
現在は、
・貧困等の事情がある家庭の子供への学習支援
・webライター(勉強中。とにかく書けるものを書いています)
・SDGsに関心があり、自分に何かできることはないか模索中
その他、自分でも苦痛なく出来ることを探しています。

【趣味】
旅行、食事、散歩、読書
最近は、地域の祭のお手伝いをしたり、獅子舞の保存会で活動したりもしています。

【今行きたい場所】
新潟県、青森県、岩手県、秋田県、茨城県、群馬県
(あとこれだけ行けば47都道府県制覇なのです・・・)

記事のご感想等を頂けるとすごく嬉しいです。
akix0726@gmail.com

旅行エリア
四国, 愛媛県, 松山市
旅行期間
対象読者
発達障害 精神障害
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
愛媛県松山市坂の上の雲発達障害