具志堅洋高像

     


沖縄本島には何度か行ったことがありましたが、今回ついに石垣島へ上陸しました。車椅子でも楽しめるアクティビティがあったとは想像していませんでしたが、現地のサポートによって成し遂げることができました。これから暑い夏を迎えるにあたり、ぜひ石垣島で楽しんでみるのはいかがですか?おすすめです。


今回は、沖縄の石垣島を巡る3泊4日の旅行。

皆さんは、石垣島へ行ったことはありますか?

私は沖縄本島には2度ほど旅行した事があるのですが、今回初めて沖縄本島以外の島へ行くことになりました。

沖縄本島以外は、車椅子ユーザーが直接運転できる手動運転装置付のレンタカーを貸してくれる業者を探せませんでした。

そのため沖縄本島以外の旅行は、以前から諦めていました。

ところが、以前の出雲旅行記でもご紹介しましたニコ・ドライブ製の着脱可能な手動運転装置「ハンドコントロール」があれば、該当のレンタカーがなくても可能になりました。

そうすれば現地の一般の方が運転するレンタカーに取り付ければいいわけです。

これで手動運転装置付のレンタカーを探す事なく、沖縄本島以外にも行けるようになりました。

それでは石垣島に向けて、茨城から東京の羽田空港へ向かいました。

今回の便はANAボーイング787 11時25分発 石垣行。




ANA石垣便に乗る白倉栄一
かつては東京から石垣島までの直行便がなく、那覇空港経由で向かうルートでしたが、今では直行便で行けるのでとても便利です。

ただ人気路線でありながら、1日に何本もあるわけではないので、予約がすぐ埋まってしまうこともあります。

この日の首都高速の状況はスムーズでしたので、乗り遅れする事なく、出発の1時間半前に羽田空港へ到着して、予定通りに搭乗手続を済ませました。

所要時間は3時間。

車椅子ユーザーの方にとっては、トイレが気になるところです。

ボーイング787機であれば、機内に車椅子利用者用のトイレは設置されています。

でも私はできるだけ飛行機の搭乗前にトイレへ行っておくようにしています。

そして機内ですが、行きはエコノミークラスの座席で、帰りはプレミアムクラスの座席を利用してみました。

こちらはエコノミークラスの座席です。


エコノミークラスの座席➀


エコノミークラス座席②


エコノミークラスの様子
ちなみに障がい者割引を適用して、羽田〜石垣間の航空運賃は、エコノミークラスで片道約4万円、プレミアムクラスで片道約5万4千円程度となっています。

この差額はもったいない感じもするでしょう。

しかしエコノミークラスの3時間は、結構長く感じましたが、帰りのプレミアムクラスはゆったりと足を伸ばす事ができて、リラックスできるのであっという間に感じました。

プレミアムクラスは、エコノミークラスと違って、ボーイング787機の場合は、自動リクライニングの座席になっていて、足も伸ばす事ができます。

また美味しい食事もついてくるので、優雅な気分で旅行する事ができるでしょう。


プレミアムクラスの座席
石垣空港に到着したのが、14時半頃。

石垣空港は、とても南国のような感じで、那覇空港とはちょっと違って、リゾート感が満載でした。


石垣空港


石垣空港内


石垣空港内②
空港なので車椅子で利用できるトイレがあり、オストメイト機能なども設置されておりました。



空港の多目的トイレ


空港の多目的トイレ②


空港の多目的トイレ③
レンタカーに関しては、予約の際に、石垣島空港のニッポンレンタカーに事前に電話連絡をしておきました。

「着脱可能な手動運転装置を持参するので、自分で取り付けるのでOKかどうか」を聞いたところ、「配線等を触らなければ大丈夫」との返答でした。

そのため今回も、着脱可能な手動運転装置「ハンドコントロール」を持参しました。




ハンドコントロール
900gの重量で、車椅子ユーザーでも肩からかけて持ち運びできるサイズです。

飛行機に乗り込む際は、荷物として預けました。


袋に入ったハンドコントロール
石垣空港のレンタカー会社は、空港の敷地内ではなく、空港周辺にあります。

ニッポンレンタカーさんが石垣空港まで来ていただきました。

自分が借りる車の助手席に自分が乗って、最寄りの営業所へ行きました。



石垣空港でレンタカーに乗り換える
そして営業所にて手動運転装置のハンドコントロールを取り付けました。

取り付けるまでにかかった時間は15分程度。

取り付け方は、自分のiPadにてYouTube上にあるニコ・ドライブさんの取り付け動画を見ながら進めました。

こちらの写真が取り付け前の状態です。


ハンドコントロール取り付け前写真
こちらの写真はハンドコントロールを取り付けた後の状態です。

ハンドコントロール取り付け後の写真
ちょうど取り付けが終了した時点で、夕方の16時近くになっていました。

さすがに今からアクティビティをするわけにもいかないので、本日から3泊予約したホテルへ直行しました。

利用したのは、有名リゾートホテルの「ホテルグランヴィリオガーデン」


ホテルグランヴィリオガーデン外観
ホテルから見える景色はとても素敵で、いかにも南国に来たという感じがしました。

ホテルグランヴィリオガーデンの客室から見える眺め


ホテルグランヴィリオガーデン内からの眺め
以前、沖縄本島に2度ほど行った時に感じたのが、那覇市内をはじめとしてかなり都会すぎて沖縄っぽく感じなかった思い出があります。

そして今回、石垣島に行って感じたのは、自分がイメージしていた沖縄らしい風景や建物などに出会えた事です。

そしてリゾートホテルでは、毎日のように素敵なミニコンサートが行われておりました。

沖縄の踊りであるエイサーや三線の弾き語りとか沖縄らしさを満喫する事ができるホテルでした。

昼間はアクティビティ、夕方から夜にかけてホテルでコンサートを楽しむといった形になりました。


ホテルグランヴィリオガーデンでの演奏イベント


ホテルグランヴィリオガーデンでのエイサーイベント
それでは2日目の模様は次の記事にてご紹介します。

男性/40代 肢体不自由, 車いす

茨城県在住、車椅子ユーザー。

動画広告クリエイター(15〜30秒のCM作り)の仕事をする傍ら、バリアフリー推進のために講演・コンサルなどを活動しています。

1996年9月に交通事故によって脊髄損傷になり現在に至る。
事故後に初めて遠出をした旅行で泊まったホテルが、バリアフリールームなのにただ広いだけで、フロントから「我慢してください」と言われた経験をもつ。

その経験をきっかけに、正しいバリアフリーの情報を調べて発信したいと思い、2005年より車椅子でも気軽に行けるバリアフリースポットの情報を実際に現地調査してブログで発信。

2016年11月には日本1周のバリアフリー 調査に挑戦。

今後は、車椅子でも楽しめるバリアフリースポットの情報をお伝えしたいと思い、コラムを書いております。

・バリアフリースタイルHP https://baria-free.jp

・バリアフリースタイルTV(YouTube)→バリアフリー全般における情報番組 https://www.youtube.com/channel/UCLVs0FQUeas4O2o3KSzshtw
o3KSzshtw

旅行エリア
九州・沖縄, 沖縄県, 石垣市
旅行期間
対象読者
肢体不自由 車いす 電動車いす 高齢者
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
ユニバーサルツーリズムバリアフリー車椅子脊髄損傷介護石垣島アクティビティシュノーケリングレンタカー