ポールに掲げられたキューバ国旗が風になびいている、巨大なゲバラのモニュメントが取り付けられたビル

     


2016年、キューバの旅。
旅中は聞こえなくても目で見てわかるコミニュケーションツールとして指差し会話できる本と紙のメモ帳、電子メモパッドを持って行きました。指差し会話で使用した本はこちら。
●地球の歩き方2015〜16キューバ&カリブの島々(発行所:株式会社ダイヤモンド・ビッグ社)
●絵で見て話せるタビトモ会話メキシコ(発行所:JTBパブリッシング)
※メキシコとキューバの公用語がスペイン語のため持参した
●紙のメモ帳と電子メモパッド

宿の台所、天井に裸電球、古いコンロ、木製棚に食器がある
メキシコシティの宿、ペンションアミーゴの台所。

同じく宿にいた人がつい最近までキューバを旅していたという。(キューバのハバナでの居心地が良すぎて旅というより、長居していたらしい)
ハバナの宿を紹介してもらった。



宿のしおまらのカード
これはいただいた宿のカード。これを持って空港にいるタクシーの人に見せれば大丈夫だと教えてくれた。親切にしてくれて嬉しい。ありがとう。

この宿はキューバ、ハバナの観光スポットが集中する旧市街のど真ん中にある。宿の主人は日本人ではないが、日本人が集まる宿とのこと。(詳しい値段は忘れてしまったがかなり)安い宿泊料金に朝食(コーヒー、エッグ、トースト)がついてくるという。こんな嬉しい情報を教えていただいてなんて幸運なんだろう。

この宿はGoogleで「キューバ ハバナ」「カサ しおまら」で検索すると出てくる。「カサ」はスペイン語で「家」を意味する。
https://www.google.com/maps/place/%E3%82%AB%E3%82%B5+%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%83%A9/@23.1356561,-82.363371,18z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x88cd79b99acd1021:0x2e8fb4d11632bcc4!8m2!3d23.1356644!4d-82.3622226

日本人宿ではこのような情報交換ができるのでとてもありがたい。

さて、それではメキシコシティからキューバ、ハバナのこの宿へ向かおう。



飛行機から見た景色
これはハバナへ向かう飛行機から見た景色。

キューバの入国の時は、パスポートの他にツーリストカードが必要になる。旅行代理店を介さない個人旅行なので、仙台からわざわざ東京まで行ってキューバ大使館で代金を支払って事前に入手した。
しかし、メキシコシティのベニート・フアレス空港で航空会社の人からツーリストカードを配られた時は「東京まで行って代金支払って用意してきたのに…」と若干複雑な気持ちになる。

もちろん事前に用意しておくのに越したことはないが、もし海外旅行中にキューバに行きたくなって手元にツーリストカードがなくても航空会社が配ってくれると楽観しても良さそうな感じである。

●●●

飛行機がキューバ、ハバナのホセ・マルティ国際空港に着陸すると、乗客からの拍手がパチパチ鳴り出し驚いてしまった。そうか、航空会社の人に安全に無事送り届けてくれてありがとうという感謝の気持ちを伝えるのって良いな。私も拍手!パチパチ!

入国審査では審査官が「Can you speak English?(英語話せる?)」と聞いてきた。「a little(ちょっとだけ)」と回答するとゆっくりとした口調で「me too(私も)」と言う審査官。フレンドリーで和む。ちなみにキューバの公用語はスペイン語である。

審査官「泊まる宿はどこ?」
出入国カードに宿の記入が空欄だった。宿のカードで「しおまら」をどう書いていいか分からなかったからだ。宿のカードを見せて解決。

そんなこんなでキューバに入国。まだ空港から出ていないけど今回も良い旅になりそうな予感がする。

●●●





三階建のベランダがある古い建物、道路には自転車タクシーを押して歩いている人とクラシックカーが駐車
空港からタクシーでカサ しおまらに到着。どうやらこの建物の3階らしいが、階段の入り口には防犯用の鍵がかかっていた。タクシーの運転手さんが入り口にあるベルのボタンを押したり、3階に向かって大声を出して呼びかける。

そうしているとベランダから宿のオーナーらしき人が顔を出してきた。良かった気づいてもらえた。オーナーが何やら手をひらひらさせている。鍵らしきものが揺れていた。

建物の一階入り口から三階ベランダを見上げた写真
そして鍵は3階から落とされた。

なんという斬新な鍵の受け渡し。なんというカルチャーショック。もうハバナの虜になってしまった。ワクワクが止まらない。

旧市街の建物はエレベーターがない。来客の旅に階段を上り下りするより確かに合理的である。自分で階段入り口の鍵を開けて宿にチェックイン!

チェックインは宿の人からノートを渡されて必要事項を自分で書く。口頭でのやり取りではなく、ノートへの記入なので難聴の私としてはとても楽。記入方法も前の人のを参考にして書けば良い。



しおまらから見た夕日のハバナ旧市街
宿の窓から見た景色。時代が止まったかのような素敵な光景である。旧国会議事堂が見える。

宿に入ると広いリビングがあって、宿泊者たちで交流しやすいところ。そこには日本語で書かれた旅の情報ノートがあり必見!ハバナから別の街へタクシーで行く時は宿の人がタクシーを手配してくれる。


似顔絵を持つ人たちと著者
カサ しおまらで出会った旅人達。この人たちの似顔絵を描かせていただいた。左上の黄色い星の二人組はなんと日本のろう者!日本から遠く離れたこの地で会えるとは思ってもみなかったMedia116でこのお二人に出会った時のエピソード漫画が掲載されているのでよろしければご覧いただきたい。
http://www.media116.jp/outing/10088



男3人組の似顔絵。キューバ国旗、チェ・ゲバラ、クラシックカー、ハバナクラブの絵がある
上記のピンク星3人組の似顔絵。キューバ要素たっぷり。卒業旅行で来たとのこと。ひとり旅だけど、こういう交流ができて楽しい。

●●●

ハバナ旧市街の見所はシオマラから徒歩圏内。ここからはハバナの観光名所めぐっていく。



旧国会議事堂の正面。アメリカの国会議事堂に似ている。
旧国会議事堂の正面。

ハバナ旧市街の街並み
ハバナ旧市街の街並み



椅子に座って笛、ギターなどを使って演奏する人たち
陽気なストリートミュージシャン。



クラシックギターを弾く男性と5体の人形
体の各部に糸をつけて複数の人形を操作しつつ演奏する人。足元に白杖があるから盲の人だろうか?


●●●




キューバを代表するラム酒ハバナ・クラブの博物館の入り口。英語のガイドツアーで入場。ガイドさんから「日本人?」と確認される。

(余談だがハバナを歩いていると日本人は大抵男は「チーノ(中国人)!チーノ(中国人)!」、女は「チーナ(中国人)!チーナ(中国人)!」と意味もなく言われることがある。私はその度「ノー、ハポン(日本)!ハポン(日本)!」と訂正させる。)



二階から見下ろしたミニチュアのラム工場、6畳分くらいの広さがありそう
中には1930年のラム工場を再現したミニチュアがある。英語が分からないので見るだけで楽しんだ。何となくラム酒ができる工程が分かる。
ガイドさんが日本人の私のために日本語で「ありがとうございます」とガイドツアー終盤で言ってくれて嬉しかった。


●●●



葉巻店のバー、奥に客が何人かいる
バーも併設されているハバナの葉巻のお店。カサ・デル・アバーノ(Casa del Habano)。この写真の手前がバー、奥が葉巻を売っているところ。キューバといえば葉巻が有名。このお店には外国からくるお客さんがどっさり葉巻を買いに来る。

お店はホテル コンデ・デ・ビジャヌエバの2階にある。ホテル一階のレストランを通って中庭に入り、階段を登っていく。私はそれがわからず、1階のレストランの人に「シガー、シガー」と伝えると場所を教えてくれた。

私は普段はタバコは吸わないがせっかくキューバに来たので葉巻を吸ってみようと思った。お店はこじんまりした印象だが威厳をまとった雰囲気。葉巻の品揃えが豊富で1本からでも買える。買った葉巻はバーで吸える。

葉巻はタバコと違って、吸うまで少し手間がある。葉巻の先をカットしたり、ちょうどいい具合に火をつけたりしなければならない。お店の人にお願いすれば、葉巻のカットや火をつけてくれる。





一人がけの作業机と椅子、大量の葉巻の葉、葉が丸められ筒になったものが重ねられている
バーの中に、葉巻を作る小さな作業台があった。

葉巻を作る帽子をかぶった男性、壁に人の顔よりも大きい葉巻の葉の見本
手際よく葉巻を作る職人さん。

火がついている葉巻、食われかけ君、酒が入ったコップ
それを見ながらハバナクラブを飲み、葉巻をふかす暇な私。

葉巻はゆっくりゆっくり時間をかけて短くなっていく。自然にゆったりした時間を過ごすことになる。薫りが鼻から抜けていく感覚も味わえる。

外の路上で葉巻売りから安い葉巻が買えるが、品質がここの葉巻と天と地ほどに違う。葉巻は保管方法も大事なので、外で風化した葉巻は触った端からボロボロ崩れる代物だ。葉巻を吸うならお店で買うのがおすすめ。




私はそんなキューバの有名な葉巻のお店の人たちを描いた。このお店は日本のテレビでもたびたび紹介されるほどのすごいお店。でもこのお店の人たちはこんなにもフレンドリーである。

「今日お店にはいないけど、この人も描いてちょうだい」
喜んで描かせていただく。


そして似顔絵はこちら。色を塗る画材をしおまらに置いてきてしまったのは残念。



葉巻店の4人と著者がソファに座って記念写真、女1人男4人
記念写真まで通らせていただいた。撮影者は先ほど葉巻を作っていた職人さん。

葉巻の名店、カサ・デル・アバーノ。ハバナにお越しの際にはぜひとも訪れていただければ幸いである。


●●●



カウンターに肘かける実物大のヘミングウェイ像、カウンター上には食われかけ君とダイキリのカクテル
バー&レストラン、フロリディータ(Floridita)のヘミングウェイ像とダイキリ。

ヘミングウェイ像の前でヘミングウェイと同じようなポーズをする著者
かっこよく撮るって難しい。珍妙な腰のうねり。


●●●



支倉常長像と食われかけ君
ハバナの支倉常長像。仙台在住の私としては見ておきたかったところ。



両手親指立てポーズをする帽子をかぶった男
サン・ホセ民芸品市場で出会ったキューバのろう者。アメリカ手話言語(ASL)とキューバ手話言語は違うが、似ている表現は多いようなのでASLを話せる人は彼の元へお土産を買いに行って交流しましょう。

彼と出会ったエピソードもMedia116に掲載させていただいたのでこちらも見ていただければ幸いである。http://www.media116.jp/outing/10162

●●●



革命広場と食われかけ君
炎天下の中、長い時間かけて歩いていった革命広場。お店とか何にもない。



ココタクシー達が駐車している
丸いフォルムのかわいい癒しのココタクシー。ココナッツの実がモチーフのキューバのバイクタクシー。



たくさんのクラシックカーが駐車している
そしてキューバといえばカラフルなクラシックカー。これに乗ってヘミングウェイの小説の聖地巡礼に行こうっと。値段は日本のタクシー並ににかかります。



小さな要塞がある港
ここはヘミングウェイ著の「老人と海」の舞台となった場所、コヒマル。日本で「老人と海」事前に読んできた!「ここが舞台なんだー!青い空と海!すごい綺麗なところだなぁ。静かなところだ」

クラシックカーのタクシー運転手「ここ何もないだろ?俺の友だちがやってるレストラン連れて行ってやるから早く行こうよ!な?何もないだろ?」

感慨にひたらせてくれよ…確かに何もないけどさ。

この後、無事運転手さんの友だちのレストランに連れてかれる。美味しかった。





大きなミントの葉が入ったモヒートと食われかけ君
ちなみにこれは違うレストランで飲んだハバナ発祥のモヒート。茎ごとぶっこんだミントがワイルドだがミントの強さはそれほどなかったのが印象的。

●●●


宿に戻る道中、若い青年が話しかけてくる。しかし、当然私はスペイン語がわからない。持っていた電子メモパッドを渡して筆談をお願いする。

電子メモパッドに書かれたスペイン語
「Hola Japan Bienbenido(おそらくBienvenidoの誤り) a Cuba」と書いてくれた。「オラ ハポン ビエンベニド クーバ」という発音だろうか。後で翻訳してみると意味はこうだった。

「こんにちは日本人 ようこそキューバへ」

ハバナ最高

男性/30代 聴覚障害

外国に行くと「ケニチロ」と呼ばれてしまう著者。
宮城県仙台市在住。生まれつき両耳70dBの聴覚障害があり補聴器をつけている。口話と手話を使う。英語など外国語が話せないが海外では知っている単語やジェスチャー、筆談を駆使してコミュニケーションを取る。
イラストなどのグラフィックや似顔絵の仕事をしている。読書や旅が大好き。この世界のことをもっと知りたい。私の旅の話が読者の旅の役に立てれば嬉しい。
障がい者のライフスタイルメディアMedia116で漫画連載。URLはこちらhttp://www.media116.jp/
ケンイチローのTwitterはこちらhttps://twitter.com/tdk1r

旅行エリア
中南米, キューバ, ハバナ
旅行期間
対象読者
聴覚障害
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます
なし
関連タグ
難聴ろう聴覚障害中米キューバハバナ