竜神大吊橋の全体

     


東京都心からも意外と近い距離にある茨城県。以前は観光の魅力度ランキングで全国最下位が続いた茨城県ですが、ここにきて話題のスポットがかなり紹介されてきました。最近はなかなか外出ができない中で、茨城北部にあるストレス発散にもつながる観光スポットをご紹介します。


2021年4月中旬。

コロナ禍でとても退屈していた時に、少しでもストレス発散をしたいと思っていました。

しかし遠出は難しい。

でもどこかに行きたい・・・

そこで思いついたのが、茨城をじっくり楽しむ旅。

真っ先にここ行きたいと思った場所は、「国営ひたち海浜公園」

毎年4月頃からテレビ番組でも話題になるネモフィラを見ることのできる場所。

約10年前にたまたま国営ひたち海浜公園へ行った時に、偶然ネモフィラを見つけました。

当時もものすごく辺り一面ネモフィラがあり、きれいだったものの、そこまで混雑はしていませんでした。

ところが2年ほど前にまた現地へ向かったところ、話題になっていたこともあり、平日なのに大渋滞で45分待っても駐車場にも到達することができませんでした。

ふとそのことを思い出して、しかも現在はコロナ禍なので密にならない方がいいと判断して、国営ひたち海浜公園に行くのを諦めました。

ではどこに行くのか。

茨城北部にある「竜神大吊橋」が急に気になりました。


竜神大吊橋概要
茨城南部からちょうど1時間半なら思い切って行ってみようと思いました。

いざ出発してみたら、案の定、常磐道は茨城以外のナンバーがたくさん走っていて、友部JCTでほとんどの車がひたちなか方面へ。

これはコロナ禍であってもネモフィラ渋滞は起こっているはずと判断したのは、正解だったのかもしれません。

常磐道那珂ICで降りて、常陸太田の中心街を経由して、さらに北へ向かって行きました。

高速を降りてから約40分で目的地の「竜神大吊橋」へ到着しました。

ちなみに私はこの竜神大吊橋には、15年くらい前に袋田の滝とセットで訪れたことがあります。

ただ日本三名爆の袋田の滝は、路面はフラットであるにも関わらず、急勾配の坂道をひたすら登っていく場所。

今回は77歳の母と一緒に出かけるため、車椅子を押してもらうことは不可能だと思い、袋田の滝はコースに入れませんでした。

竜神大吊橋は有料になりますが、障害者手帳を提示すると付き添い者も含めて無料になりました。


常陸太田市マップ


竜神大吊橋入口


吊り橋料金所
多くの方々が思い描く吊り橋のイメージは、木造で所々に踏み板があるような感じではないかと思います。

しかしこの吊り橋は鉄筋コンクリートになっており、車椅子でも全く問題なく走行できますし、段差などもありません。

一見すると、東京にあるレインボーブリッジや横浜にあるベイブリッジなどとどこが違うのかあまりよく分からないでしょう。

同じような橋には見えますが、これはあくまで吊り橋であることが大きな違いなんです。

また車が走行できない橋で、ここまでスケールが大きいのも珍しいと思います。

私が訪れた15年前においては、この竜神大吊橋は日本で一番の長さの吊り橋でした。

主塔間長375m(全長446m)

ところが平成18年、大分県に九重夢大吊り橋(主塔間長390m(全長435m))が誕生し、12年間死守してきた日本一の座から陥落してしまいました。

さらに平成27年には静岡県三島市に三島大吊橋(別名:三島スカイウォーク)が誕生して、竜神大吊橋は日本第3位になってしまいました。


吊り橋にいる白倉栄一


吊り橋かの様子
でも竜神大吊橋は、負けたままではいられず、今度は別の日本一に輝きました。

橋の上から谷底目がけて落下する高さ最大100mとなる竜神大吊橋バンジージャンプは、日本一の高度差となっています。

さすがに車椅子利用者がバンジージャンプはできないので、ただ見るだけですが、今回はバンジージャンプの開催をしていませんでした。

コロナ禍だったので中止しているのかもしれません。

橋の真ん中あたりに、バンジージャンプをする場所があり、見るだけで恐怖を感じました。

「ここから飛ぶのか?」とイメージするだけでゾッとしました。


話題の竜神バンジーの案内


バンジージャンプ入口


バンジージャンプ台からの眺め①


バンジージャンプ台からの眺め②
私が毎回感じているのは、どこの橋でも共通しているのですが、橋からの眺めよりも、橋を眺める方がものすごくきれいであること。

ちなみにお台場にあるレインボーブリッジもアクアシティお台場や汐留のタワーから見る方がおすすめです。

横浜のベイブリッジも港の見える丘公園から見る方がおすすめです。

この竜神大吊橋においても、同様に橋を遠くから眺める方がきれいに見えると思います。


竜神大吊橋全景
吊橋散策は、車椅子利用者だと往復する形になりますが、一般の人の場合には、橋の先にハイキングコースがありますので、それを楽しんでいる方もいます。

吊り橋の向こう岸


向こう岸にある休憩所


向こう岸にいる白倉栄一と吊り橋


竜神峡ハイキングコースの案内
でも大半は橋の向かい側に行って、のんびりと橋を眺めて、また戻ってきます。

向こう岸からの吊り橋の眺め
橋を往復すると「若ガエル石」という大きな石がありました。

「この石をなでると若返ると言われており、また無事に帰ることを願ってくれます」と書いてありました。

せっかくなので、私も手を伸ばしてなでました。


若ガエル石
そして橋の隣には、レストハウスのようなものがありました。

レストハウス
ちなみにバリアフリーについては、障害者用駐車スペースは2台分ありましたし、車椅子でも利用できるトイレも設置されております。

障害者用駐車スペース


トイレ


多目的トイレ①


多目的トイレ②


多目的トイレ③
レストハウスにはスロープで行き、1階にあるお土産販売のコーナーは車椅子でも大丈夫なのですが、2階のレストランは階段しかないので入ることができませんでした。

そのため、係員の方から同じ系列店が車で5分程度のところにあり、そこはバリアフリーになっているので車椅子でも利用可能のレストランと教えていただきました。

いざ向かったところ、現在はコロナ禍なので14時にはラストオーダーになってしまい、結局利用することができませんでした。

仕方がないので、別のレストランを探すことになりました。

今回はマイカーで向かいましたが、この竜神大吊橋まではバスで行くことも可能です。

橋のすぐそばに停留所があり、JR常陸太田駅まで1日4本出ていました。


竜神大吊橋バス停


バス停時刻表
ちなみに東京から水戸まで特急に乗って1時間くらいです。

水戸からJR水郡線に乗り換えて、常陸太田駅まで行けば、そのままバスに乗れば、車椅子でも公共交通機関を利用して竜神大吊橋に行くことはできそうです。

もちろん乗り換え等がありますので、事前の準備は必要になるでしょう。

日本第3位の吊り橋ですが、とてもダイナミックな光景は清々しく感じますので、コロナ禍において気分転換におすすめです。

★竜神大吊橋
住所:茨城県常陸太田市天下野町2133-6
電話:0294-87-0375
HP:https://ohtsuribashi.ryujinkyo.jp


男性/40代 肢体不自由, 車いす

茨城県在住、車椅子ユーザー。

動画広告クリエイター(15〜30秒のCM作り)の仕事をする傍ら、バリアフリー推進のために講演・コンサルなどを活動しています。

1996年9月に交通事故によって脊髄損傷になり現在に至る。
事故後に初めて遠出をした旅行で泊まったホテルが、バリアフリールームなのにただ広いだけで、フロントから「我慢してください」と言われた経験をもつ。

その経験をきっかけに、正しいバリアフリーの情報を調べて発信したいと思い、2005年より車椅子でも気軽に行けるバリアフリースポットの情報を実際に現地調査してブログで発信。

2016年11月には日本1周のバリアフリー 調査に挑戦。

今後は、車椅子でも楽しめるバリアフリースポットの情報をお伝えしたいと思い、コラムを書いております。

・バリアフリースタイルHP https://baria-free.jp

・バリアフリースタイルTV(YouTube)→バリアフリー全般における情報番組 https://www.youtube.com/channel/UCLVs0FQUeas4O2o3KSzshtw
o3KSzshtw

旅行エリア
関東, 茨城県, 常陸太田市
旅行期間
対象読者
肢体不自由 車いす 電動車いす 高齢者
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
ユニバーサルツーリズムバリアフリー車椅子脊髄損傷介護竜神大吊橋常陸太田バンジージャンプ日本一観光スポット