満開のしだれ桜を見上げたところ

     


桜が満開の春の日、長野県松本市の松本-新島々間を走るアルピコ交通・上高地線に乗ってきました。「しんしましま」というかわいらしい駅名が以前から気になり、行ってみたいと思っていたのです。
ちょうど気候も良く、のどかな旅になりました。

松本駅と新島々駅間の地図
松本市中心部にある松本駅と、旧波田町に位置する新島々駅との間を、アルピコ交通の電車が走っています。
調べてみると、全線乗車しても片道30分ほどのようです。私は、まず車で新島々駅へ行き、駅の駐車場に停めて、新島々駅と松本駅の間を電車で往復することにしました。

満開のしだれ桜


しだれ桜を見上げたところ


しだれ桜の枝
松本市中心部から車で新島々駅へ向かっている途中、満開の桜が見えたので、電車に乗る前に、休憩がてら花見をすることにしました。みごとなしだれ桜です。

神社の森を道沿いから見たところ


三神社の鳥居
道をはさんだ向かい側に森が見えたので行ってみると、三神社という神社でした。空気が澄んでいて気持ちが良かったです。

境内の地面にたくさん咲いているスミレ
境内には、スミレもたくさん咲いていました。

そば屋「とく兵衛」の看板


そば屋「とく兵衛」の建物
少し進んだところで見つけたお店、「とく兵衛」でお昼ご飯を食べます。

卓上のお品書き


色々な種類のきのこが入ったきのこそば
たくさんあるメニューの中から、きのこそばを注文しました。最高においしかったです。
お客さんも次々に入ってきていました。

小鉢「わらびのたまり漬け」
わらびのたまり漬けも頼みました。少しそばに入れて食べてみると、それもまた良い味でした。

新島々駅の駅舎
「とく兵衛」から新島々駅までは、500メートルほどでした。

再現された旧島々駅
新島々駅のそばには、「島々駅」の旧駅舎が再現されています。以前、上高地線の終点の駅は「新島々駅」の次の「島々駅」だったそうですが、1983年の台風で不通になったことから、新島々駅と島々駅の間の路線は廃止されたそうです。
発車時刻まで30分ほどあったので、旧安曇村の島々地区までドライブすることにしました。

新島々駅から島々地区までの地図


嶋々神社の鳥居
まず行ってみたのは嶋々神社です。車道から階段を上った先にありました。

「秀綱公と奥方の伝説」立て看板
神社の前に、戦国時代の悲しい伝説が紹介されている案内板がありました。
落ちのびようとして殺されてしまった武士とその妻の話でしたが、私には怖く感じられ、背筋がぞくっとしました。

嶋々神社の本殿


境内から道路を見下ろしたところ


桜の花


本殿に続く階段
本殿はさらに階段を上ったところにありました。

リンドウの花


白い花


柔らかそうな毛の生えた草
境内の草花を見るのも楽しかったです。紫の小さな花はリンドウでしょうか。柔らかそうな花でした。

「しましまはし」
島々地区は、もちろんしまだらけでした。
この橋の名前は「しましまはし」。

「島々浄化センター」
島々浄化センター。浄水場でしょうか。

「島々公民館」
島々公民館。

発達障害のある私は、小さいころから言葉にこだわりがあります。例えば、人に何かを伝えた時、言葉がしっくりこないと言い直したりします。ただ、伝える内容よりも言葉そのものにこだわってしまい、相手からは「その部分は内容に関係がないから、何度も言われるとしつこく感じてしまう」と指摘されることもあります。
そんな私にとって「しましま」という言葉は、とてもかわいらしくて丸っこく、小さな生き物のようなイメージがわくもので、その響きだけでうれしくなるのです。
島々を散歩していると、「ここに住みたいな」と思うほどにうきうきしました。

新島々駅前の駐車場


「新島々駅パークアンドライド駐車場」の立札
新島々駅へ戻り、ようやく今回のメインの電車に乗ります。
駅の前にある無料駐車場に車を停めました。

地面を歩く小鳥
駅前のバス停を小鳥がてくてく歩いていました。ハクセキレイでしょうか。ついつい追いかけてしまいます。

新島々駅の切符売り場


新島々駅舎


「わくわく一日フリー乗車券」
今回は、「上高地線電車わくわく一日フリー乗車券」を購入しました。新島々駅-松本駅の往復料金と同額の1,420円です。この乗車券なら、途中下車も可能です。

ホームに入っている電車


時刻表
上高地線は、40分ほどの間隔で運行しているようです。

イメージキャラクターのパネル


電車の外側に描かれたキャラクター
イメージキャラクターの「渕東(えんどう)なぎさ」ちゃんがあちこちに描かれていました。「渕東」と「渚」は上高地線の駅名です。

伸びている線路
旧島々駅の方向にも線路が少し残されていました。

ホームに設置された点字ブロック


階段の横に作られているスロープ
点字ブロックとスロープも設置されています。

車内のギャラリー


ならんでいる絵手紙作品
車内の広告スペースの一部がギャラリーになっていて、この日は絵手紙作品が展示されていました。

コロナウイルス対策の貼り紙
新型コロナウイルス感染症への対策もしっかりとなされています。
車内にはアルコール消毒液も設置されていました。

運転席の方向に見える線路
さあ、出発です。目の前に伸びる線路にわくわくします!

アルピコ交通株式会社 鉄道(上高地線):https://www.alpico.co.jp/traffic/rail/
とく兵衛(「食べログ」のページ):https://tabelog.com/nagano/A2002/A200201/20003887/

女性/30代 発達障害, 精神障害

九州地方在住。ボランティアから始めた地震被災者支援の仕事が終わり、現在将来を模索中。
発達障害、線維筋痛症、強迫神経症などあり。理解ある周囲のサポートを受けながら生活しています。
長く拒食症でしたが、今はおいしく食べています。旅先での食事もご紹介したいです。
・すきなもの:草、花、猫、スピッツを歌いながらドライブ
・すきな場所:お寺、水源、薄暗いところ
同じところにいても見ているものが違うとよく言われます。ちょっと違った視点での楽しみ方をお届けできたらうれしいです。

・発達障害者主体のNPO法人で活動しています。
HP:https://unevennpo.wixsite.com/decoboco

旅行エリア
中部, 長野県, 松本市
旅行期間
対象読者
発達障害 知的障害 精神障害 乳幼児連れ その他
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
発達障害ADHD線維筋痛症電車旅松本電鉄アルピコ交通