千葉工大のバーチャル車椅子マラソントレーニングマシン

     


都内で車椅子利用者でも気軽に行けるスポットをふと考えてみたら、思いついたのが「東京スカイツリータウン」。車椅子利用者でも利用しやすい駐車場・トイレなどバリアフリー設備は万全。しかも大型ショッピングモールに匹敵するショッピング・レストランスポット。そして水族館・プラネタリウム・博物館など1日を通して楽しめる観光スポットです。今回は午前中から夜まで楽しみましたので、その内容をレポートします。お楽しみに!


今回は、東京スカイツリータウンにあるのに、あまり誰もが知らない、または気づいていないスポットに行ってみました。

同じビルの中にあるのに、存在があまりアピールされていないことも影響しているのでしょう。

さらにエレベーターの乗り換えがあるから、余計に分かりにくいのかもしれません。


スカイツリータウン8階
8階まで上がっていき、8階にあるエレベーターから9階に向かいます。

8階でさえ閑散としているのですが、9階に行くとほとんど誰もいません。

でもここに珍しい博物館があります。

その名は「郵政博物館」


郵政博物館入口
郵便局の事業についていろいろと紹介されている博物館です。

入口には、今では懐かしい赤い丸型をした郵便ポストがあります。


懐かしい赤い郵便ポスト
そして日本の郵便の父と言われている前島密の銅像があります。

前島密は、高校の日本史でも習う著名人ですが、現在の1円切手にも載っていることもあり、誰もが見たことがある人物です。


前島密像
そして各種ポスターが飾られていて、かなり昔のお年玉くじ付き年賀郵便のポスターがとても印象的でした。

そこには特等が高級ミシン、1等が純毛洋服生地と書かれていました。

ミシンがとても高価なものだったことが分かります。

それでも末等は、今と同じで切手でした。

私自身、今まで末等しか当たったことがありませんが、もしかしたらこのコラムを読んでいらっしゃる方の中には、特等や1等などに当選されたことがある人がいるかもしれませんね。

もしそうだとしたら、本当に羨ましい限りです。


昔の郵便ポスター
またその他にも世界の切手などの郵便事業や郵便貯金の昔の通帳なども展示されていました。

郵便貯金ポスターと景品


歴代の郵便貯金通帳
郵便の歴史を知るのは、かなり身近なこともあり、見どころだらけです。

郵便事業の展示


昔の郵便道具
でもほとんどの人がこの郵政博物館をご存知ないので、混んでいる観光スポットの中ではとても狙い目だと思います。

郵政博物館にある貸出用車椅子
次に向かったのが、8階にある千葉工業大学東京スカイツリーキャンパスです。

キャンパスと書かれているので、実際に千葉工大に通っている学生のための場所と思ってしまうので、ほとんどの人が立ち寄らないのかもしれません。

実はここには最先端の技術の体幹型アトラクションがいろいろとあります。


千葉工大入口


千葉工大の案内図


ロボット展示コーナー
しかも車椅子ユーザーの私にとっては、興味深いものが展示されていました。

競技スポーツの車椅子マラソンは皆さんご存知だと思いますが、そのマラソンに使う3輪の車椅子に乗って漕ぐと、東京のおしゃれな街並みを走行しているように感じるVRマシンがありました。

実際に車いすマラソンのランナーが既に使用していると説明を受けました。

私的には、自宅にこのような機器があれば、車椅子のトレーニングを外出なしに、楽しく運動できるように感じました。

しかもめちゃくちゃリアルな映像が目の前に展開されるのですから、臨場感が抜群です。

こういったものが普及すれば、多くの方々が悩んでいる車椅子利用者の運動不足を解消できるでしょう。



VRでトレーニングできる車椅子マラソン
それ以外にも震災時に活躍するロボットや宇宙で活躍している機器などもありました。

千葉工大というのはロボット技術にものすごく力を入れていることをテレビで見たことがありますが、その技術を一般公開されているのでぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

しかも8階もあまり人がいないので、係員の方からいろいろと説明をしてもらえると思います。


災害時に活躍するロボット


宇宙事業コーナーの展示


宇宙で活躍する機器
そして次に向かったのが4階フロアです。

ここにはジャパンスーペニアというコーナーがあって、東京をはじめとする伝統工芸の販売をはじめとして、いろいろなショップがありました。


スカイツリー案内図


4階ショップ➀
かんざしの専門店や立ち食い梅干し店、食品サンプルを扱っているお店、戦国魂を伝える雑貨店、ハローキティ専門店など珍しいお店ばかりでした。

こういったショップがたくさんあるスポットもこの東京スカイツリータウンだけではないでしょうか?


4階ショップ②


4階食品サンプル店➀


4階食品サンプル店②


4階ショップ戦国魂店
また4階フロアには、テレビ局のショップがあります。

東京の主要局の日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日などのキャラクター商品がたくさんありました。

誰もが知っているサザエさんのグッズや日本テレビの笑点の商品が中央にドカンとありました。

あの大喜利で有名な「笑点」にもグッズがあることにびっくりしました。


4階テレビ局公式ショップ➀


4階テレビ局公式ショップ②
またNHKのキャラクターショップでは、NHKの大人気番組の「チコちゃんに叱られる」グッズもたくさんありました。

個人的には、最後のシーンに出てくるカラスのキョエちゃんが大好きなので、キョエちゃんグッズが欲しかったのですが、余分な買い物をしてはならないと思って、今回は見るだけで我慢しました。


4階NHKキャラクターショップ
そして夕方になって、もう一度4階の屋外スペースに出てみたら、東京スカイツリーが昼間とは違った姿になっていました。

この時に夕方までいてよかったと思えた瞬間でした。

時間があればもう一度スカイツリーに上ってもよかったのですが、まだまだスカイツリータウンには行っていない場所があるので、夜のスカイツリー登頂は断念しました。

ちなみに東京スカイツリーは3つのライティングがあるのをご存知ですか?

心意気の「粋」は、隅田川の水を表す淡いブルーの光。

美意識の「雅」は、江戸紫をテーマカラーとした雰囲気を感じさせる紫色の光。

賑わいの「幟(のぼり)」は、古来より縁起の良いと言われてきた橘色の光。

この3つが1日ごとに点灯しますので、どの日に行ってもとても楽しめます。

この光は周辺の首都高速向島線からも見ることができます。

私は東京帰りに必ず今日はどの光なのかと楽しんで運転しています。


夜の東京スカイツリー
ちなみにこの東京スカイツリーを見るのにとても綺麗に見えるのが、東京の船堀にあるタワーです。

東京スカイツリーのような豪華なタワーではありませんが、スカイツリーから一番近いタワーですので、スカイツリーを眺めるのにはとても適しています。

船堀のタワーにも一度上ってみることをおすすめします。

こちらは都営新宿線の船堀駅のすぐ目の前にありますので、気軽に行けますし、障害者用駐車スペースも完備していますし、バリアフリー設備が整っています。

また時間があればこちらの船堀にあるタワーもご紹介したいと思っています。

それではまだ他にもある東京スカイツリータウンの魅力を次回のコラムでお伝えします。

★郵政博物館(9F イーストヤード 11番地)
(電話)03-6240-4311
(HP) https://www.postalmuseum.jp

★千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパス(8F イーストヤード 12番地)
(電話)03-6658-5888
(HP) http://www.it-chiba.ac.jp/skytree/


男性/40代 肢体不自由, 車いす

茨城県在住、車椅子ユーザー。

動画広告クリエイター(15〜30秒のCM作り)の仕事をする傍ら、バリアフリー推進のために講演・コンサルなどを活動しています。

1996年9月に交通事故によって脊髄損傷になり現在に至る。
事故後に初めて遠出をした旅行で泊まったホテルが、バリアフリールームなのにただ広いだけで、フロントから「我慢してください」と言われた経験をもつ。

その経験をきっかけに、正しいバリアフリーの情報を調べて発信したいと思い、2005年より車椅子でも気軽に行けるバリアフリースポットの情報を実際に現地調査してブログで発信。

2016年11月には日本1周のバリアフリー 調査に挑戦。

今後は、車椅子でも楽しめるバリアフリースポットの情報をお伝えしたいと思い、コラムを書いております。

・バリアフリースタイルHP https://baria-free.jp

・バリアフリースタイルTV(YouTube)→バリアフリー全般における情報番組 https://www.youtube.com/channel/UCLVs0FQUeas4O2o3KSzshtw
o3KSzshtw

旅行エリア
関東, 東京都, 墨田区
旅行期間
対象読者
肢体不自由 車いす 電動車いす 高齢者
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
ユニバーサルツーリズムバリアフリー車椅子脊髄損傷介護東京スカイツリー浅草東京観光日本一最高の景色