関西方面の緊急事態宣言が解除されそうなので、人出が増えないうちにと、慌てて旅に出ました。目的地は尾道の平山郁夫美術館と姫路城です。
尾道港から船で平山郁夫美術館へ。「しまなみ海道五十三次」の展示を見た私は、平山郁夫が描いた向上寺三重塔やしまなみ海道を歩いてみることにしました。

入場料、館内の注意事項の看板
平山郁夫美術館は瀬戸内海の生口島にあります。尾道港から高速船に乗ること約35分、瀬戸田港に到着です。港から美術館までは歩いて10分ほどです。

美術館に入ると、電話で聞いていた通り、館内は写真撮影が可能という案内が出ていました。iPadを使って作品を見て解説を読める環境は本当に嬉しいです。



貸出用車いす
入り口には貸出用の車いすが置かれていました。

障害者割引やバリアフリー情報はホームページをご確認ください。

http://hirayama-museum.or.jp/information.html



第一展示室
最初の展示室のテーマは「平山郁夫の歩み」です。

こちらの美術館は、私にとっては全体的に明るめで、鑑賞しやすい環境でした。さらにこの展示室は、結界(観覧者が作品に近づき過ぎないようにする柵)のこちら側と、向こう側の床の色が違っているので弱視でも境目が判別しやすいです。床面の材質が違っていると、足の感覚でも境目がわかります。

視力が弱いと、どうしても作品に近づいて見てしまいます。夢中になって見ているうちに結界にぶつかって、大きな音を立てて恥ずかしい思いをしたことがあります。結界を倒してしまうお客さんを目撃したこともあります。

結界にぶつかってバランスを崩し、転んで怪我をしたり、作品を傷つけたりしたら一大事です。雰囲気を損ねないよう、目立たないように結界を設置する美術館が多いようです。このように目立つように設置してくれると安全なのになー。

平山郁夫の絵日記
こちらは小学生時代の絵日記の展示です。やはり子供の時から絵は上手かったのですね。文字が下手という訳ではないですが、どうしても絵の方に目がいってしまいます。自然と構図を考え、絵になる場所を選んで描いていたそうです。

瀬戸内・しまなみ海道の展示解説


しまなみ海道の絵が展示されている
2番目の展示室には、「しまなみ海道」の風景画が多数展示されていました。

しまなみ海道の島々と白い橋のかかる大作
壁一面に広がる瀬戸内海の青い海と白い橋。この作品を見たら、早く海を見に行きたくなって気持ちがそわそわしてきました。


いすの上に色鉛筆と橋のスケッチが置かれている
この大作の隣には椅子が置かれ、色鉛筆と日付の入ったスケッチが乗っていました。

今日はいいお天気。ここを出たら橋を渡りに行かなくっちゃ!



チベットのポタラ宮の階段
最後はシルクロードの展示室です。

私が気に入った作品はチベットのポタラ宮の階段。この長い階段と濃く青い空、遠くて神聖で近づき難い感じがしました。絵の前で何度も深く息を吸い込んでしまったのは、高地を連想したからでしょうか。

向上寺への案内板
美術館を出た私は、生口橋を目指しました。途中で向上寺への登り口の案内を発見。



向上寺への階段
平山郁夫は向上寺の三重塔や、お寺付近からの風景も描いていたので、私も登って景色を眺めることにしました。


最初は階段だったのに、途中からあまり整備されていない山道になりました。どこかで道を間違えたのかもしれませんが、下るのは怖いので、引き返さずに登ることに。

山の上に立つ向上寺三重塔
見えてきました、三重塔!


多言語対応音声案内装置
向上寺境内に入ると、多言語対応の音声案内が設置されていました。

国宝向上寺三重塔
国宝向上寺三重塔、鮮やかな色彩できれいです。

向上寺からの瀬戸内海の眺め
向上寺からの眺めです。平山郁夫もここから幾度も海を眺めたんでしょうね。素敵です。

次の目的地は生口島と因島を結ぶ生口橋の入り口です。ここから瀬戸田港まで降りて、橋の入り口まではバスに乗ります。

さっき登って来た山道を下るのは危険なので、少し遠回りにはなりますが、舗装道路をゆるゆる下りました。

肉がはみ出る瀬戸内レモン丼
日曜日はバスの運行が少ないので、瀬戸田でバスを待つ間にお昼ご飯を食べました。

海鮮系にしようかと思ったのですが、瀬戸内レモン丼という名前にひかれ、塩レモン唐揚げとレモンポークの2つの味が楽しめる丼を注文。

出て来たのは、丼の蓋が浮き上がるほど肉、肉、肉、超ボリューミーな丼!

丼の蓋を取ると肉の上にまーるいレモン
これを完食。50代とは思えない食欲です。

午後は、しっかり歩かなくては。

女性/50代 視覚障害, 肢体不自由, 内部障害

お知らせ:Kindleで『ヨルダン? 行って帰って120時間?? 何、やってたの???』を出しました!読んでみてください。
https://www.amazon.co.jp/ヨルダン?-行って帰って120時間-何、やってたの-ヒロミトラベル土産ばなしヨルダン編-鈴木弘美-ebook/dp/B08WHWD2WC/ref=sr_1_7?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=ヨルダン&qid=1617584617&s=digital-text&sr=1-7

自己紹介
こんにちは。私は先天性白内障で、視力は右0.06、左は見えていません。ルーペや単眼鏡、iPadをフル活用して海外旅行をしています。右の股関節と両膝関節の変形があります。そして数年前に糖尿病になりました。
 今までに行った国は約50カ国。2013年に憧れの世界一周と、ピレネー山脈を超えてスペインの巡礼路約800kmを歩きました。リラックスよりも冒険的な旅が好き。それから旅先で猫を探すのが好きです。
 旅行好きが高じて2020年に総合旅行業務取扱管理者資格を取得。旅を仕事にできたらいいなぁ。

旅行エリア
中国, 広島県, 尾道市
旅行期間
対象読者
視覚障害 肢体不自由 車いす 高齢者 乳幼児連れ 補助犬ユーザ その他
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
弱視平山郁夫美術館障害者割引向上寺三重塔しまなみ海道iPad