藤棚に満開の藤の花

     


コロナ禍が本格化してきた2020年4月、宮崎神宮の境内を散歩しました。藤が満開で、桜やスミレも咲いていて、のどかな雰囲気を楽しむことができました。
宮崎神宮の境内はとても広いので、密を気にせずゆっくり過ごすことができます。

宮崎神宮の鳥居
新型コロナウイルス感染症が広がり、いよいよ世界的な騒ぎになっていた2020年4月中旬。外出も自粛することが多くなり、精神的な不安から体調も崩しがちになりました。
そんな時、「人が集まらないように、藤やツツジの名所の花を全部刈り取ってしまうことになった」というニュースを見て、とてもつらくなりました。植物は何も悪くないのに。
宮崎神宮は、宮崎市の市街地から車で10分ほどの場所にあり、やはり藤の名所です。藤は無事でしょうか。「たまには体を動かした方が良いよ」とアドバイスしてくれた母と一緒に、行ってみることにしました。

幹に咲いている桜の花
お参りをしたあと、流鏑馬(やぶさめ)馬場を散歩しました。毎年4月3日に、神事として流鏑馬が行われます。この馬場で子どもの頃、バッタをつかまえた記憶があります。懐かしい場所です。
桜はとうに花の時期を過ぎ、葉桜になっていましたが、よく見ると、幹にふわりと咲いていました。

草むらに咲く紫の花
この花は何でしょうか。調べてみましたが、はっきりとは分かりませんでした。分かる方がいらしたら、ぜひ教えてください。

地面に咲く紫色のスミレ


草陰に咲く黄色いハハコグサ
スミレやハハコグサも咲いていました。春の花は、優しい色のものが多いですね。

ムサシアブミ
これは、ムサシアブミという植物のようです。存在感があります。

真上から見た黄色い花
ウマノアシガタ。葉っぱの形から、こんな名前がつけられたそうですが、馬のひづめって、こんな形でしたっけ。

地面を歩くハンミョウ
ハンミョウが現れました。たまに見かけることがありますが、鮮やかですよね。

木々の間に見える白黒の猫
猫ちゃんがいました。じっとこちらを見ています。

石碑の陰からこちらを見ている猫
少し離れましたが、まだ猫に見られていました。なかなか強そうな顔をしています。
植物や動物が好きな私は、こうやって一つ一つをじっくり見てしまいます。時間がいくらあっても足りません。


広い芝生の先に広がる藤棚
やっと、藤棚が見えてきました。無事に満開を迎えているようです。

満開の藤
きれいですね。ただ、ハチが飛んでいることがあるので、気を付けなくてはいけません。
子どもの頃、ガールスカウトで一緒だった友人が、ここでハチに刺されてしまったことがあります。痛そうにしていて、気の毒でした。
ハチに気を付けつつ、痛そうな友人の顔を思い出すのをいったんやめることにしました。一つの心配にとらわれると、不安になり過ぎたり、ほかのことを考えられなくなってしまったりするからです。
特に発達障害の特性がある人は、しばしば私のように、「気持ちの切り替えがうまくできない」ということがあるそうです。

藤棚の下で取材を受けている神主さん
満開の藤の下で、神主さんが取材を受けていらっしゃいました。テレビ局でしょうか。カメラを構えている人がいます。

下から見た白い藤の花
白い花も咲いていました。青空によく合う色ですね。

白い藤の花


青空の下の白い藤の花
母と、「今日来てよかったね。天気もいいし、ちょうど満開だったね」と話しながら、ゆっくりと見て歩きました。
「コロナ禍でも出かけられる場所を探して、外の空気を吸うのも大事だな」と思いました。切り替えが下手な私は、ずっと家の中で過ごしていると、落ち込んだり不安だったりする気持ちを、ずっと抱えてしまうことが多いからです。
行動を切り替えることで、気持ちもずいぶん変えることができました。
満開の藤を母と一緒に見られて良かったです。コロナ禍が収まって、みんなでお花見を楽しめる日が、早く訪れますように。

大きな楠と幹にのぼっている私
宮崎神宮の東神苑(ひがししんえん)では、春と秋に約1か月ずつ、植木市が開催されていて、私は毎年楽しみにしています。
コロナ禍で、おうち時間が増えたからか、自宅で花を育てる人も増えたというニュースを聞きました。ガーデニングを楽しむ方も、植木市に行くと、新しい花と出会えるかもしれません。
コロナ禍でも、宮崎神宮に行けば、きっと気分転換ができますよ。おすすめです!

宮崎神宮:https://miyazakijingu.or.jp/
 「交通のご案内」のページに境内図があり、参考になります。
宮崎商工会議所:https://www.miyazaki-cci.or.jp/miyazaki/
 春・秋のみやざき植木市のお知らせが掲載されます。

女性/30代 発達障害, 精神障害

九州地方在住。ボランティアから始めた地震被災者支援の仕事が終わり、現在将来を模索中。
発達障害、線維筋痛症、強迫神経症などあり。理解ある周囲のサポートを受けながら生活しています。
長く拒食症でしたが、今はおいしく食べています。旅先での食事もご紹介したいです。
・すきなもの:草、花、猫、スピッツを歌いながらドライブ
・すきな場所:お寺、水源、薄暗いところ
同じところにいても見ているものが違うとよく言われます。ちょっと違った視点での楽しみ方をお届けできたらうれしいです。

・発達障害者主体のNPO法人で活動しています。
HP:https://unevennpo.wixsite.com/decoboco

旅行エリア
九州・沖縄, 宮崎県, 宮崎市
旅行期間
対象読者
発達障害 知的障害 精神障害 高齢者 乳幼児連れ その他
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます
なし
関連タグ
発達障害ADHD線維筋痛症宮崎神宮藤棚お花見