レンタカーに取り付けた着脱式の手動運転装置

     


全国の中で唯一行ったことのなかったのが「鳥取県と島根県」。その2つの県をついに今回訪れることができました。そして今回は一般のレンタカーを借りて、自分が持参した手動運転装置を取り付けて旅をすることを実践してみました。思った以上に楽しめる観光スポットばかりの出雲地域2泊3日の旅をお伝えします。


今回は、鳥取県・島根県の出雲旅行をお伝えします。

私は22年前、車椅子生活になってから、全国各地の旅をしてきましたが、全国の都道府県の中でまだ行ったことのない場所が2つほどありました。

それが今回お伝えする鳥取県と島根県です。

近隣の山口県、広島県、岡山県、兵庫県には、何度か行ったことがあるものの、この2つの県だけが最後まで後回しになってしまいました。

2016年の年末に実施した日本一周の際には、当初この2つの県を訪れる予定で進めていましたが、自分の体力が厳しくなり、広島県→島根県→鳥取県→岡山県の予定を変えて、広島県→岡山県となりました。

そういった経緯もあって、早いうちに鳥取県、島根県に行き、全国47都道府県全てを制覇したいと願っていました。

それが今回の旅で実現する運びとなりました。

今回の旅は、夏の2泊3日で計画しました。

まず自分が住んでいる茨城県から羽田空港に向かいました。

そして羽田空港からANAの航空機で米子鬼太郎空港へ行き、空港からレンタカーを運転して旅行する計画を立てました。




羽田空港を出発する白倉栄一


米子便の羽田空港表示


搭乗する飛行機
さらに航空チケットを申し込む際に、車椅子にスマートドライブ(着脱可能な電動アシスト機能)を持参することを事前に伝えておきました。

今回は、旅先で少しでも体力がかからないで旅行を楽しみたい気持ちが強く、初めて飛行機にスマートドライブを持ち込むことに決めました。

ただ事前に連絡をしていても、チェックインの際には、スマートドライブなどのバッテリー付きのものを持ち込む際は、空港での確認作業が思った以上に時間がかかりました。

そのため、スマートドライブのようなバッテリー付きの機器を持ち込む際は、早めに空港のチェックインをされることをおすすめします。

スマートドライブ(電動アシスト)
話を元に戻しますが、飛行機は定刻通りに米子鬼太郎空港へ到着しました。

米子鬼太郎空港にあるゲゲゲの鬼太郎


空港のショップインフォメーション


米子鬼太郎空港の外観
米子鬼太郎空港の車椅子で利用できるトイレはこちらです。

障害者用トイレ①


障害者用トイレ②


障害者用トイレ③


障害者用トイレ④
そして空港で事前に予約していたニッポンレンタカーさんの車を借りました。

今回初めての試みですが、ニッポンレンタカーさんには事前の問い合わせ時に、アクセルとブレーキに着脱可能な手動運転装置を自分で持参して、取り付けることを了承していただきました。

現状においては、車椅子利用者が手動運転装置を利用して、車を運転することを知らない方が多いので、事前に問い合わせをしておくほうが安心できるでしょう。

ちなみに現時点で、全国各地で手動運転装置のついているレンタカーを探すのは、容易ではありません。

運転免許を持っている人なら思うことですが、車椅子利用者でも旅先で運転したいですよね。

そのため普段は車を運転するものの、旅先でも運転したいけど困っているというお悩みを解決するには、自分で着脱可能な手動運転装置を持っていくといいでしょう。

私が持っている手動運転装置は、ニコ・ドライブ社製の「ハンドコントロール」というもので、約900gの軽さです。

取り付け時間も15分程度で可能です。

手動運転装置ハンドコントロール


アクセルとブレーキペダルへ取り付けたハンドコントロール
ハンドコントロールは、黒い袋に部品をばらして入れておくので、持ち運びはかさばらないこともあって、とても便利です。

ハンドコントロールの各部品


ハンドコントロールを袋にいれた画像
さらにニッポンレンタカーさんの用意している車種の中に、マイカーと同じ車種があったことも良かった点です。

マイカーと同じ車種であれば、手動運転装置をつける点においても、運転もしやすいですね。

また今回利用した米子鬼太郎空港は、他の空港と違ってとても便利な点があります。

それは空港の敷地内にレンタカー会社がある点です。

そのためすぐに空港から旅を出発させることができますし、返却もものすごく楽になります。

一般的には空港の敷地にない場合が多いので、レンタカー会社まで送迎車などで移動しなければなりません。

もちろん返却の際もお土産などを持ちながら、レンタカー会社で車を返却して、送迎車で空港へ行くことになります。

空港を出発するレンタカー
それでは旅に戻ります。

米子鬼太郎空港を出発してから、まず向かったのが鳥取県境港市です。

米子鬼太郎空港から境港までは5キロ程度です。


水木しげるロード入口
漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげるさんの出身地が、鳥取県境港市ということで、境港には「水木しげるロード」があります。

水木しげるロードは、1993年に誕生して、JR境港駅から水木しげる記念館までの約800m続く妖怪の道となっています。

道の両側には、「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する愛らしいキャラクターのブロンズ像が立っています。

いかにも不思議な光景ですが、妖怪ファンにはたまらないでしょう。


境港駅前の商店街
駐車場は、水木しげるロードのすぐ近くにありました。

障害者用駐車スペースは2台分ありました。


水木しげるロード入口の障害者用駐車スペース
水木しげるロードには、鬼太郎グッズを販売するお店などが立ち並んでいました。

さすがに鬼太郎に出てくるのは妖怪ばかりなので、ちょっと気持ちが悪いようなグッズもありました。


鬼太郎写真館
例えば、目玉のオヤジの和菓子は、ちょっとグロテスクのような感じがしました。

目玉のオヤジのお菓子
店舗の中には、段差解消に取り組んでいるところもありました。

妖怪饅頭総本店というお店では、古い建物でありながらスロープが設置されていて、車椅子でも利用できる状態になっていました。

こういったお店が少しでも増えることによって、車椅子利用者でも旅先で楽しむことができるのではないかと思うくらいです。

今後は超高齢化社会に向けて、こういったバリアフリーへの取り組みをしていただけるお店が増えていくことを願っています。


妖怪饅頭総本店正面


妖怪饅頭総本店スロープ入口


妖怪饅頭総本店車椅子入口
話を元に戻しますと、この水木しげるロードのメインスポットは、「水木しげる記念館」です。

水木しげる記念館
水木しげる先生の漫画に関係するものが、展示されていました。

水木先生の作品をあまり知らない人でも、妖怪の作品はさぞかし多くの方々にとって興味が湧くこと間違いなしです。


記念館内①


記念館②


記念館③


記念館で撮影した白倉栄一


記念館内④
記念館には、車椅子で利用できるトイレも設置されてあるので安心でした。

多目的トイレ①


多目的トイレ②


多目的トイレ③


多目的トイレ④


多目的トイレ⑤
今回はまず境港駅周辺にある「水木しげるロード」をお伝えしましたが、次回のコラムでは、鳥取・島根県の2泊3日の旅を引き続き、お伝え致します。

★米子鬼太郎空港
HP: https://www.yonago-air.com
※国内線は羽田行きのみ(所要時間80分)

★水木しげる記念館(水木しげるロード内)
住所 〒684-0025 鳥取県境港市本町5番地
電話 0859-42-2171
HP:http://mizuki.sakaiminato.net/road/

★ニッポンレンタカー公式サイト
HP:https://www.nipponrentacar.co.jp
※ニッポンレンタカーの車はあくまで一般のレンタカーですので、手動運転装置付きのレンタカーはありません。

★株式会社ニコ・ドライブ
着脱式手動運転装置「ハンドコントロール」
HP:https://nikodrive.jp

男性/40代 肢体不自由, 車いす

茨城県在住、車椅子ユーザー。

車椅子を利用する当事者の目線や企業でのお客さまサービスの責任者の経験からコンサルティング活動する傍らYouTubeのプロデュース・編集などをしています。

1996年9月に交通事故によって脊髄損傷になり現在に至る。

事故後に初めて遠出をした旅行で泊まったホテルが、バリアフリールームなのにただ広いだけで、フロントから「我慢してください」と言われた事がある。

その経験をきっかけに、正しいバリアフリーの情報を調べて発信したいと思い、2005年より車椅子でも気軽に行けるバリアフリースポットの情報を実際に現地調査してブログで発信。

2016年11月には日本1周のバリアフリー 調査に挑戦。

今後は、車椅子でも楽しめるバリアフリースポットの情報をお伝えしたいと思っています。

・バリアフリースタイルHP https://baria-free.jp

・バリアフリースタイルTV(YouTube)→バリアフリー全般における情報番組 https://www.youtube.com/channel/UCLVs0FQUeas4O2o3KSzshtw
o3KSzshtw

旅行エリア
中国, 鳥取県, 境港市
旅行期間
対象読者
肢体不自由 車いす 電動車いす 高齢者
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
ユニバーサルツーリズムバリアフリー車椅子脊髄損傷介護水木しげる境港ゲゲゲの鬼太郎出雲旅行手動運転装置