名古屋のリニア鉄道館で取った汽車

     


全盲で白杖利用者の私が駅のホームでの声かけや道での声かけなどたくさんの方の協力を得ながら一人旅をした体験をご紹介します。

名古屋リニア鉄道館の超電動リニア
私は28歳女性です。全盲と自閉症スペクトラムの障害があります。
先日、Go To トラベルのキャンペーンを利用して1泊2日で兵庫県神戸市から愛知県名古屋市への旅行をしました。白杖が頼りの一人旅です。
鉄道の切符はみどりの窓口で購入。名古屋のホテルはネットで予約しました。予約サイトはReluxというiPhoneのアプリを利用。音声ソフトのボイスオーバーに対応したアプリでした。

一人旅の始まりです。神戸から名古屋までは在来線を使いました。神戸から米原まではJR神戸線で行き、米原でJR東海道線に乗り換えます。いつも電車に乗ると座席を探すのが一苦労です。見えないからどこが空いているかが一人では見つけられないので「席が空いていますよ。」と周りの人に声をかけてもらってとても助かりました。米原では無事に乗り換えることができました。年に数回利用する駅なので何番線から何番線への移動と言うことが分かっていればスムーズに乗り換えができます。
神戸を出発して約3時間。名古屋に無事到着しました。

名古屋で名物の手羽先を食べることが念願でした。名古屋に着くと早速、通りすがりの人にお店の場所を聞きながら「世界のやまちゃん」名古屋西店に向かいました。何人かに道を聞きながらの移動でしたが、皆さん、いやがることもなく親切に教えてくださいました。注文したのは手羽先丼。ご飯の上に骨がついていない一口サイズの手羽先が乗った丼です。お値段は900円。ランチタイムだったのでお手頃価格で念願がかないました。

昼食後、ホテルに向かいました。宿泊したのはダイワロイネットホテル。一人でホテルに泊まるのは初めてです。
ホテルまではタクシーで行きました。タクシーの運転手さんも親切で、タクシーを降りてからもホテルのフロントまで案内してくれました。
チェックインの際に記入が必要な書類はホテルのフロントで代筆していただきました。朝ご飯は本当はレストランで食べないといけないのですが、チェックインの際に全盲であるため、部屋まで持ってきてほしいことを聞いてみるとあっさりOKしてくれました。うれしい出来事でした。
ホテルではユニットバスでしたがシャワーを浴びることができて、ふかふかのベッドで眠ることができました。

名古屋のリニア鉄道館のドクターイエロー
二日目は名古屋駅からあおなみ線に乗り、金城ふ頭駅下車徒歩約2分のところにあるリニア鉄道館に行きました。
リニア鉄道館のサイトには「駅から徒歩2分」と書いてありますが、これは晴眼者が歩くときの時間だと思いました。私たち視覚障害者は点字ブロックを頼りに移動するので、大抵晴眼者の倍の時間がかかります。そのため、「徒歩2分」の距離は4~5分くらいかかります。金城ふ頭駅からリニア鉄道館まで点字ブロックがあったので、初めての場所でしたが一人でも行くことができました。駅から行きたい場所まで点字ブロックが続いていることは珍しいのです。もっと駅からの点字ブロックがいろいろな場所で広がるといいなと思います。
リニア鉄道館では電車の模型を触ることができました。模型は想像していたよりもとても大きくてびっくりしました。展示してある電車の写真を撮ることに挑戦しました。角度が難しいと感じましたが、うまく撮ることができたと思います。

帰りは名古屋から新神戸まで新幹線で帰りました。名古屋駅では、駅員さんの介助なく一人で新幹線乗り場に向かい、乗車しました。入り口の手すりに点字で号車が書いてあるので、それを頼りに自由席を探しました。
名古屋駅は年に数回は利用しますが、新幹線乗り場なども覚えやすく、一人でも利用しやすい駅だと思います。駅の構造が単純だから覚えやすいと思います。
名古屋では自分におみやげも買って帰りました。買い物は店員さんに手伝ってもらいました。手羽先味のお菓子、ういろうなどを買いました。いろいろな人の手を借りることによって旅行が楽しくなります。
私は、名古屋に行くといつも名古屋駅に隣接している高島屋の地下にある地雷也本店というお店で天むすを買って食べています。今回も忘れずに購入。新幹線の中で食べながら帰りました。

今までも日帰りで出かけることはありましたが、宿泊での一人旅は初めてでした。次は名古屋以外の東海地方や関東地方、北海道や沖縄にも足を延ばしたいと思います。今回は1泊2日でしたが、もっと長い期間の旅行にも挑戦したいです。まだ乗ったことのない、飛行機にも乗ってみたいです。飛行機での介助やサービスも楽しみです。

今回の私の一人旅が皆さんのご参考になればうれしいです。

--/20代 視覚障害, 発達障害, 知的障害

視覚障害全盲です。
発達障害のASDもち。
兵庫県神戸市在住です。
旅行に行くことが大好きです。
カフェ巡りが趣味です。

旅行エリア
中部, 愛知県, 名古屋市
旅行期間
対象読者
視覚障害 発達障害 知的障害
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
視覚障害白杖全盲鉄道