田んぼ、黄色の夕焼けの景色

     


2020年10月1日から12月25日まで利用できる「どこでもドアきっぷ」が、ドラえもんの映画公開を記念して発売されました。この乗車券を利用して、九州から北陸まで電車に乗って旅行しました。指定席にも6回まで乗ることができるので、ソーシャルディスタンスもばっちり、安心です。
<6>は、高知駅でレンタカーを借り、隣町のいの町まで足を延ばしたレポートです。

「菓子工房レネー」建物外観
高知駅で「どこでもドアきっぷ」の特典を使い、通常の値段よりも少し安くレンタカーを借りられた私と友人。
まずは「福祉サービス事業所を見学して、自分の勤務先の事業所での参考にしたい」との友人の希望で、「菓子工房レネー」に行きました。NPO法人まあるい心ちゃれんじどの応援団が運営しているお菓子屋さんです。慣れない道の運転ではありましたが、JR高知駅から10分ほどで到着しました。路面電車「とさでん」に乗って、大橋通駅または高知城前駅で降り、2分ほど歩いて行くこともできるようです。
ちょうど理事長がお店にいらっしゃって、お菓子のこだわりや、設立経緯などを説明してくださいました。急な訪問にもかかわらず、ありがとうございます!

「いの町紙の博物館」の外観、夕方
次は、「文房具好きとしては、紙は外せない」という私の希望で、高知市の北西に隣接しているいの町へ。「いの町紙の博物館」に行きました。
入館料は大人1人500円ですが、私が障害者手帳を持っていたので、私も友人(介助者)も半額になりました。入館チケットも和紙でできていて、おしゃれです。スタッフの方が「丈夫なので、しおりなどに使えますよ」と教えてくださいました。
土佐和紙の歴史などを見学し始めたところで、「お時間がありましたら、少しご説明しましょうか?」と館内ガイドスタッフの方が声を掛けてくださいました。
私はもともと絵や文字に関心があるので、博物館に着いてとてもわくわくしていたのですが、友人はデジタル派で、和紙にはあまり興味がない様子でした。「友人が手持ち無沙汰になるかな?」とも思いましたが、せっかくの機会です。ガイドスタッフの方に「良いですか?少しお願いしたいです」と伝えました。
すると、びっくりするほど丁寧で分かりやすい説明、しかも土佐弁もまじえて語ってくださいます。いつの間にか、私よりも友人の方がその説明に引き込まれていたほど。「この道具は、何で作られているのですか?」など質問をすると、的確に答えてくださいました。
一人で見学しているだけでは絶対に分からなかったことが、整理されて頭に入ってきました。ガイドスタッフさんのおかげで、土佐和紙にますます興味が出てきました。
広い売店もあったので、和紙でできた名刺入れと便箋を買いました。見た目もですが、手ざわり、ぬくもりがすてきです。

日も暮れてきたので、仁淀(によど)川沿いの道をゆっくり高知駅へ戻りました。清流仁淀川がすぐそばにあったからこそ、土佐和紙づくりができたとのこと。歴史を知る前と後では、川の見え方も違う気がしました。

高松行き特急の青い車両


特急「南風」車両
さて、高知駅で快適に利用できたレンタカーを返却し、再び電車旅に出発。旅の最終目的地、新大阪に向かいます。高知から岡山までは特急「南風」で、乗り換えずに行くことができます。海も渡るのに、なんて便利なんだろう。

土佐文旦アイスの黄色いカップ


駅弁「土佐かつおめし」
電車の中では、やっぱり駅弁。土佐文旦アイスもおいしかったです。
駅弁を食べるにはマスクを外さなければなりませんが、「南風」でも指定席を取っていたので、安心して食べることができました。

岡山駅前のライトアップされたクリスマスツリー
岡山駅で一度下車。この日はクリスマスでした。ツリーがきれいです。

黄色いカップに入ったホットカフェオレ


イチゴのシェイク風ドリンク
友人がすぐに駅近くのカフェを見つけてくれました。次に乗車する新幹線の時間まで、カフェで過ごしました。

新大阪行き「みずほ」車両
今回の旅の最後の乗車です。新幹線「みずほ」で新大阪へ。

新大阪に着いた「みずほ」


人気のない新大阪駅構内
平日の最終列車ではありましたが、やはりコロナ禍の影響で人は少なかったです。3日間乗り続けた電車ともお別れ…。寂しく感じます。

カツサンドとデザートの乗った皿


喫茶店「糀」入口
新大阪駅近くで一泊し、翌日の朝。食事の後、友人には用事があり、ここからは別行動になります。私はどうやって九州に帰ろうか、少し考えましたが、まだまだ電車に乗りたい!と思い、在来線と新幹線を乗り継いで帰ることにしました。
そう伝えると、友人に「まだ乗るの?」と驚かれました。電車旅に慣れている友人に、乗車券の買い方や便利な使い方を詳しく教えてもらい、西に向かいます。

大通りの先に見える姫路城
しばらくは在来線でゆっくり移動。姫路駅で一度降り、遠くからですが、姫路城を見ました。

ホームに停まっている黄色い車両
黄色い電車に乗って、

夕方の景色、田んぼ
きれいな黄色い景色も見ることができました。

三原駅の駅名表示
広島県の三原駅で、新幹線に乗り換えて、何とかその日のうちに帰り着きました。
たくさん電車に乗ることができて、満足、満足!

発達障害があり自閉傾向が強い私は、予測していないことが起こると、とても不安になります。コロナ禍でいつもとは違うことが続いていたからか、2020年は心身の調子があまり良くありませんでした。特に気持ちが沈みがちで、布団の中で過ごすことが多かったです。
今回、思い切って電車旅に出て良かったです。ずいぶん気持ちが晴れましたし、少しだけ生活リズムも整いました。
もしも、「自分が、そんなに楽しんでもいいのかな」と悩んでいる方がいたら、ぜひ思いきり楽しんでほしいと思います。
私は思いきり楽しんだ後にこそ、少しだけ頑張れる気がしています。

NPO法人まあるい心ちゃれんじどの応援団 菓子工房レネー:http://www.maaruicocoro.or.jp/%E8%8F%93%E5%AD%90%E5%B7%A5%E6%88%BF%E3%83%AC%E3%83%8D%E3%83%BC/
いの町紙の博物館:https://kamihaku.com/
JRおでかけネット 映画ドラえもん公開記念「どこでもドアで、どこいこう。」キャンペーン「どこでもドアきっぷ」:https://www.jr-odekake.net/navi/dokodemodoade-dokoikou_cp/dokodemodoakippu/

女性/30代 発達障害, 精神障害

九州地方在住。ボランティアから始めた地震被災者支援の仕事が終わり、現在将来を模索中。
発達障害、線維筋痛症、強迫神経症などあり。理解ある周囲のサポートを受けながら生活しています。
長く拒食症でしたが、今はおいしく食べています。旅先での食事もご紹介したいです。
・すきなもの:草、花、猫、スピッツを歌いながらドライブ
・すきな場所:お寺、水源、薄暗いところ
同じところにいても見ているものが違うとよく言われます。ちょっと違った視点での楽しみ方をお届けできたらうれしいです。

・発達障害者主体のNPO法人で活動しています。
HP:https://unevennpo.wixsite.com/decoboco

旅行エリア
四国, 高知県, いの町
旅行期間
対象読者
発達障害 精神障害 高齢者 その他
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
発達障害ADHD線維筋痛症どこでもドア電車旅高知市いの町紙の博物館