船に乗った女性が対岸のビル群を見つめている


先日、話題のオンライン旅行に参加してきました。
臨場感があり、弱視にもオススメだったので、体験レポートを書かせてもらいます。

【目次】
① オンライン旅行とは? どんなツアーがあるの?
② いざ体験!オンラインでも感じる臨場感。
③ オンラインツアーが、弱視にオススメな理由

キーボード
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
① オンライン旅行とは? どんなツアーがあるの?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼オンライン旅行(バーチャル旅行)とは?
ネットで各地の映像を視聴したり、現地の方とお話したりして、旅行気分を味わうものです。

コロナ禍で注目を集めているのはもちろん、「旅行に行きたくても行けない」方々にも人気だそうです。

COTRAVELでも以前、オンラインバスツアーの体験記をライターのちえさんが書かれています。
https://www.cotravel.jp/diary/index.php?uniqueid=5eedb2cc66046

▼どんなプログラムがあるの?
今回ボクはHISのオンラインツアーに参加しました。

HISでは・・・
●観光地の映像がメインの「自転車で行くパリ観光」「アマゾンの市場散策」「マチュピチュ遺跡ライブツアー」などの企画
●体験にこだわった「インドの有名占い師によるオンライン占い」「現地にいるフィリピンの方との英会話」「インドでの体験ホームステイ」などの企画
●現地のガイドさんがショッピングを代行してくれる企画
など、1日数百種類もあるようです。

なかには「オンライン宇宙体験」というものも。

▼価格の目安は?
・中継のみで1,000~4,000円前後
・体験系は1,000~10,000円前後
といったところでしょうか。

画面を見つめる筆者。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
② いざ体験!オンラインでも感じる臨場感。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

予約前、正直ボクは半信半疑でした。
「とはいえオンラインでしょ?実際に行くわけじゃないから、おもしろいの?」と。
しかし気持ちは徐々に変わっていきました。

まずオンラインツアーのページを比較。
見やすかったHISを利用させてもらうことに。
まずページを開くと、ツアーの多さに驚かされます。
「どこ行こうかな?」「何しようかな?」と、実際の旅行の前みたいなワクワク感がありました。

船の上から対岸のビルを見つめる女性



迷った末、世界5カ国を同時中継する「世界一周ツアー」(90分2,000円)を予約。

予約後Zoomの参加URLがメールで送られてきました。
すると、「これをクリックしたら世界の各地につながっちゃうんだよ。どこでもドアみたいだよ」と、胸が高鳴ります。





当日、Zoomへ入室。
すると、日本にいる添乗員さんが現れました。
この添乗員さんが司会となり、各地の現地ガイドさんとやりとりしてくれるようです。

添乗員さんの説明が終わり、さっそく現地へ。
添乗員さん:「ではスペインに行ってみましょう。現地の○○さーん!」
現地ガイドさん:「はい!私は今、サクラダ・ファミリア駅に来ています。この階段を上がると、あのサクラダ・ファミリアがあります」
と言いながら、ガイドさんが階段を上がっていきます。
こちらも気持ちが高揚していきます。

ガイドさんが地上に到達。
カメラをぐるっと背中側に回すと・・・

サクラダファミリアの外観。柱などが未完成。



「おー!!!」と歓声を上げるボク。
「サクラダ・ファミリア、ホントにきれい・・・」
と、画面にくぎ付けになります。

しかし外観を見ているにつれ、徐々に気持ちの高揚が落ちていきました。
若干、だれてきます。
「正直ネットで写真や映像見られるしな・・・」と。

「やっぱり映像だと難しいのか?」
と思いかけた瞬間でした。

ガイドさんが移動のため、歩き始めます。
すると・・・

サクラダファミリア周辺。住宅やビルなどが建っている。



映像に周辺の住宅が。

「え!?サクラダ・ファミリアの目の前って、こんな普通の家が建ってるの?住民、すごい贅沢」と思うボク。
同時にこれはビデオや写真ではなく、今起こっている現象なんだという臨場感がわいてきます。

スペイン以外でも、
・イグアスの滝で虹が出て、カメラに水滴がついた光景を目の当たりにしたり
・コロナの影響によりシンガポールの人影がない風景や、関係なくピラミッド前に集まる大勢の観光客を見たり
・ペルーの旧市街近くを車や人々が通る様子を眺めたり・・・

臨場感も味わることができました。


※ツアーで案内してもらったマーライオン。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
③ オンラインツアーが、弱視にオススメな理由
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そしてエジプトへ。

現地スタッフの方が、三大ピラミッドの紹介をしてくれます。
「画面に見えるのが三大ピラミッドです。右がクフ王のもの、中がクフ王の息子カフラー王のもの、左がメンカウラー王のものとされています」と。






ここでボクはふと感じました。

もし普段の旅行であれば、「よく見えない。どれ?」「たぶんアレだろうけど、あってるのかな?」と、よく理解できないことが多々あります。

しかしこのツアーだと、説明中のピラミッドにカメラがズームしてくれるので、一つ一つ確認ができます。

そして、ガイドさんがピラミッドの前に立つと・・・

ピラミッドの前にいる人たち。人がコメ物のように見える。



ピラミッドがデカい。
現地に行っても、てっぺんまで見えないため大きさがつかめなかったのではないかと思います。
しかし、画面で見ると縮尺がよくわかります。

「コロナ収束後も、このサービスで映像を確認してから実際に旅行に行きたいな」と感じました。

ガイドさんへの質問時間が終わり退出。
「あー、もう日常に戻るのか」と旅をしてきたような寂しさがわいてきたのでした。



※ツアーで案内してもらったイグアスの滝。


■■■■■■■■■■■■■■
参考ページ
■■■■■■■■■■■■■■

▼HISのオンライン旅行HP
https://www.his-j.com/oe/?utm_source=yhl_onlinetour&utm_medium=cpc&utm_campaign=brand&cid=yhl_pc_onlinetour_brand_j&yclid=YSS.1001168689.EAIaIQobChMIkfuXpvCq7gIVTLGWCh3NYgCAEAAYASAAEgJSyPD_BwE

▼バーチャル旅行ツアーのおすすめアプリ・サイトがまとめられたサイト
https://www.compathy.net/magazine/2020/07/26/virtual-travel-apps/

▼COTRAVELの関連記事
●オンラインバスツアー体験記(本文でも紹介)
<タイトル>コロナに負けない!オンラインバスツアーで巡る石見神楽鑑賞
<ライター>ちえさん
https://www.cotravel.jp/diary/index.php?uniqueid=5eedb2cc66046

●ピラミッドに実際に行った旅行記
<タイトル>実はバリアフリー!?ピラミッドに車椅子でチャレンジ!
<ライター>みよっちさん
https://www.cotravel.jp/diary/index.php?uniqueid=5eedb2cc66083

▼写真引用
現地写真はphoto ACより
https://www.photo-ac.com/?yclid=YSS.1000904639.EAIaIQobChMIvvWC8cGd7gIVGLeWCh3BnAN3EAAYASAAEgLBffD_BwE




男性/30代 視覚障害

東京都青梅市出身、練馬区在住の榎戸 篤(えのきど あつし)です。
テレビ番組の制作会社で働きながら、ライターをしています。
最近では、障がい当事者の問題を解決する社労士になりたい!と、資格の勉強も始めました。

【障がい】
・視力は左0.06、右0。
・3歳の時、保育園で転んでケガをし、弱視に。
・現在は、白杖・単眼鏡を持ったり持たなかったりしながら、ふらふらしています。

【好きなモノ】
つけ麺/お酒/建築/読書/フロアバレー/ニュース

【好きな旅行先】
沖縄/イタリア/東京都青梅市

記事のご感想などありましたら、こちらにいただけると有難いです。
uj092021@yahoo.co.jp

記事は、ひとつひとつを丁寧に、懸命に、心をこめて・・・書かせていただきます!

旅行エリア
ヨーロッパ, スペイン
旅行期間
対象読者
視覚障害 肢体不自由 車いす 電動車いす 歩行補助具 発達障害 精神障害 内部障害 高齢者 乳幼児連れ 補助犬ユーザ その他
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます
なし
関連タグ
視覚障がい弱視オンライン旅行バーチャル旅行オンラインツアーバーチャルツアー体験記便利グッズおうち時間新型コロナ巣ごもり