あしかがフラワーパーク内で一番人気のイルミネーション

     


全国各地にイルミネーションがありますが、常に国内1・2位のイルミネーションと言われているのが「あしかがフラワーパーク」です。関東からは日帰りで行けるスポットであり、途中でふらっと立ち寄れるスポットも含めてご紹介します。ぜひ寒い冬だから楽しめるスポットですのでおすすめです。


全国各地に人気のイルミネーションスポットがありますが、車椅子でも気軽に楽しめそうな場所をいろいろと探しました。

イルミネーションをきれいに見せることを前提にしているので、坂道が多かったり、砂利道になっているケースも多々あります。

そうなると車椅子利用者にとっての走行は、かなり厳しいでしょう。

もちろん、手動車椅子に装着するJ I N R I K I(けん引式車椅子補助装置)を持っていて、サポートをしてくれる人がいれば対応可能かもしれません。

もし現地の観光スポットでJ I N R I K Iを貸し出ししていただければ、もっと車椅子利用者でも気軽に行けるスポットになるので、そうなることを願っています。

そこで今回は、雑誌で紹介されている日本三大イルミネーションに必ず毎年ランクインしている「あしかがフラワーパーク」へ行ってみました。

あしかがフラワーパークは、栃木県足利市。

ただイルミネーションは夜のイベント。

そうなると夜になるまでどこか近隣で楽しめるスポットはないだろうか調べてみました。

そこで最寄りの佐野藤岡インターチェンジのすぐ近くにある「佐野プレミアムアウトレット」に行ってみることにしました。

ちなみにあしかがフラワーパークまでは、車で20分程度です。


佐野プレミアムアウトレット内


佐野プレミアムアウトレット内
足利市の隣にある佐野市は、以前から何度から行ったことがあり、必ず年末のC Mに流れる「佐野厄除け大師」や青竹打ちによる製麺技法で全国的に有名な「佐野ラーメン」などがあります。

佐野厄除け大師は、正月はものすごく混雑しますが、その期間を除けば車椅子で行くことも可能です。

そのため夜のイルミネーションを見るまでの時間つぶしは十分可能です。

今回訪れた「佐野プレミアムアウトレット」は、ものすごく広い敷地に有名ブランドがたくさんありました。


ティファールのアウトレット


佐野プレミアムアウトレット内
C O A C H・P R A D Aをはじめとして、ラルフ・ローレン・リーガルなど有名ブランドのアウトレット店がありました。

コーチのアウトレット


プラダのアウトレット
私はたまたま見つけたフレッシュジュースのお店で、大好物のメロンジュースをいただきました。

フレッシュジュース店


メロンジュースを飲む白倉栄一
障害者用駐車スペースや車椅子で使えるトイレなどは完備してありますので、バリアフリー度は高いスポットです。

佐野プレミアムアウトレットの障害者用駐車スペース
★佐野プレミアムアウトレット
住所:〒327-0822 栃木県佐野市越名町2058
電話: 0283-20-5800
HP:https://www.premiumoutlets.co.jp/sano/

そして日が暮れていき、あしかがフラワーパークへ移動したものの、駐車場に入るまでにかなり渋滞をしていました。

ちなみに障害者用駐車スペースは、建物の入口付近にありますので、そこまでは渋滞の列に並んでください。





あしかがフラワーパークの障害者用駐車スペース
なぜなら道中には民間の経営する駐車場などがあり、ひたすら駐車の勧誘をかけてきます。

しかしそこには障害者用駐車スペースはありませんし、入口まではかなりの距離があります。

またそこで勧誘している方々に、車椅子利用のことを伝えても、全く聞く耳も持ってくれませんので注意してください。


あしかがフラワーパーク入口


チケット売場
あしかがフラワーパークに入ると、まずお土産コーナーを抜けるとイルミネーションが広がっています。

入口から入ったところにある通路
これが日本三大イルミネーション!

あしかがフラワーパークのイルミネーション


あしかがフラワーパークのイルミネーション


あしかがフラワーパークのイルミネーション
やはりイルミネーションアワードで数年連続全国1位になっているだけあってすごい光景でした。


あしかがフラワーパークのイルミネーション
ただ園内は砂利道になっている場所や坂道になっている場所があるので、残念ながら車椅子では難しい場所もありました。




下の砂利道
でも人気となっているイルミネーションのポイントは、舗装されているのでとても楽しめます。

あしかがフラワーパークの子供向けイルミネーション


イルミネーションを楽しむ白倉栄一
人気の場所は樹齢150年の足利ふじ(ノダナガフジ)ライトアップです。

このふじは、栃木県の指定天然記念物になっています。

足利市の早川農園で育成された藤が、この地に移植されたそうです。

そして当時は50畳だった棚も、現座では600畳にも拡大されていて、世界一の美しさと言われているくらいです。


人気の藤のイルミネーション


藤の掲示板


人気の藤のイルミネーション
年間150万人が来園する巨大イルミネーションスポットとなっていて、フラワーパークなだけあって、花を購入することも可能です。

販売用ポインセチア
園内には6ヶ所の車椅子で利用できるトイレがありますし、貸し出し用車椅子もたくさん用意されていました。

多目的トイレ①


多目的トイレ②


多目的トイレ③


貸出用車椅子
レストランにも車椅子で利用可能です。

レストラン入口
大人気のスポットなので、できれば平日がおすすめです。

★あしかがフラワーパーク
住所:〒329-4216 栃木県足利市迫間町607
電話:0284-91-4939
HP:https://www.ashikaga.co.jp/

そして帰りには、東北道上りの羽生パーキングエリアに立ち寄りました。

その名は別名で「鬼平江戸処」

ここは江戸の風情が漂うようなテーマパークみたいな珍しいスポットです。


羽生パーキングエリア(上り)
サービスエリアではないのでついつい通り過ぎてしまいがちですが、パーキングエリアなのにすごい演出となっています。

到着した段階から江戸村が広がっているような印象です。


江戸の建物を再現しているパーキング
建物に入ると、左右にはくず餅で有名な「船橋屋」があったり、江戸を印象付けるような食べ物などが広がります。

お土産販売コーナー


テナント(船橋屋)


パーキングエリア入口
天井の演出もいろいろと色が変わるので見事です。

色が変わる天井
そしてフードコートには江戸をイメージするような美味しいお店が出店されています。

フードコート➀


フードコート②
私が食べたそばは美味しかったですし、船橋屋で購入した串でさしているくず餅も食べました。

こちらもやはり名店だけあって、美味しかったです。


フードコートで注文したざるそば


船橋屋でこうにゅうしたくず餅
ここもぜひセットで行かれることをおすすめします。

★羽生パーキングエリア(上り)鬼平江戸処
HP:https://www.driveplaza.com/special/onihei/

男性/40代 肢体不自由, 車いす

茨城県在住、車椅子ユーザー。

動画広告クリエイター(15〜30秒のCM作り)の仕事をする傍ら、バリアフリー推進のために講演・コンサルなどを活動しています。

1996年9月に交通事故によって脊髄損傷になり現在に至る。
事故後に初めて遠出をした旅行で泊まったホテルが、バリアフリールームなのにただ広いだけで、フロントから「我慢してください」と言われた経験をもつ。

その経験をきっかけに、正しいバリアフリーの情報を調べて発信したいと思い、2005年より車椅子でも気軽に行けるバリアフリースポットの情報を実際に現地調査してブログで発信。

2016年11月には日本1周のバリアフリー 調査に挑戦。

今後は、車椅子でも楽しめるバリアフリースポットの情報をお伝えしたいと思い、コラムを書いております。

・バリアフリースタイルHP https://baria-free.jp

・バリアフリースタイルTV(YouTube)→バリアフリー全般における情報番組 https://www.youtube.com/channel/UCLVs0FQUeas4O2o3KSzshtw
o3KSzshtw

旅行エリア
関東, 栃木県, 足利市
旅行期間
対象読者
肢体不自由 車いす 電動車いす 高齢者
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
ユニバーサルツーリズムバリアフリー車椅子脊髄損傷介護あしかがフラワーパーク日本最大級栃木観光イルミネーション