「アミュプラザみやざき」の建物

     


2020年11月20日、宮崎駅の隣に「アミュプラザみやざき」という商業施設がオープンしました!
今回、私は母と一緒にこの「アミュプラザみやざき」を訪れ、おいしいランチを食べてきました。帰宅後は、買ってきたお菓子でティータイムも楽しみました。

アミュプラザみやざきのフロア説明図
「アミュプラザみやざき」には、「うみ館」、「やま館」、「ひむか きらめき市場」の3つのエリアがあります。「ひむか きらめき市場」は駅と同じ建物の中にあり、その隣が「うみ館」、さらに隣が「やま館」です。
私は今回初めて訪れました。楽しみです!まずは「やま館」へ。
(写真:「アミュプラザみやざき」ホームページより)

やま館入口の自動ドア


館内撮影禁止の案内表示
残念、店内の撮影は禁止でした…。
「やま館」の1階にはスーパーマーケットやパン屋さんがありました。パン屋さんでおいしそうなお菓子を見つけたので、帰る前にもう一度寄って、買うことにしました。

白く塗り直した宮崎駅
次は、宮崎駅と同じ建物内の「ひむか きらめき市場」へ向かいます。宮崎駅も、アミュプラザの開業に合わせて、以前の黄色や青から大きく雰囲気を変え、白一色に塗り直してありました。

駅前のイベントスペース
駅前のイベントスペースに、新たに電光掲示板が設置されていました。
私は、発達障害と線維筋痛症の特性で、光や音の刺激に弱いので、近くを通らないように気を付けました。

日向夏の実の形のポスト
駅前には、日向夏の形をしたポストも設置されていました。
日向夏は、冬から春が旬の宮崎の特産品です。白い果皮を残してむくのがコツです。私はそのまま食べるか、砂糖をかけることもありますが、中にはしょう油をかけて食べる人もいるそうです!

駅構内案内図
宮崎駅の入口には、点字付きの駅構内案内板が設置されています。周囲の歩道には点字ブロックがあります。

駅の中の商業施設
「ひむか きらめき市場」では、祖母にプレゼントするチョコレートをたくさん買いました。祖母が喜んでくれたらいいなあ。

半球形のプラネタリウムドーム外観
宮崎駅の東口を出ると、「宮崎科学技術館」が見えました。宮崎科学技術館のプラネタリウムは、ドーム直径27メートルで、世界に6台しかない「スーパーヘリオス」という投影機が使われているそうです。私も何度か見たことがありますが、迫力があって、星のことをもっと知りたくなる内容でした。お時間に余裕のある方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

うみ館入口の自動ドア
そろそろお腹が空いたので、「うみ館」でお昼ご飯を食べることにしました。4階がレストラン街のようです。

ポークひつまぶし定食


ポーク生姜焼き定食
お店は色々あったのですが、ちょうどお昼時ということもあり、満席のお店も多かったです。私たちが入ったのは「北諸(きたもろ)」という、宮崎県都城(みやこのじょう)市に本店があるお店。座席がゆったりしていたので、「密」を気にせず食事ができました。
宮崎牛・宮崎地鶏・宮崎ポークの料理がありました。母は「ポークのひつまぶし」、私は「ポーク生姜焼き定食」を食べました。
ご飯とお味噌汁はおかわりできるとのことです。お店オリジナルの黒ゴマを使ったドレッシングもおいしかったです!

「北諸」の窓から見える駅の様子
北諸県郡(きたもろかたぐん)は、宮崎県の南西部に位置し、現在三股町(みまたちょう)のみです。平成の大合併前に北諸県郡だったその他の5つの町は、現在は都城市となっています。

うみ館外のスロープ、点字ブロック


広い歩道
「うみ館」の出入口には階段がありますが、スロープも付いています。「アミュプラザみやざき」開業に合わせて駅前の工事も行われ、歩道も広くなりました。

花壇のハイビスカスの花
花壇には、真冬なのにもかかわらずハイビスカスが咲いていました。さすが南国宮崎です。

タイヤがたくさんある黄色いバス
「やま館」のパン屋さんでお菓子を買い、帰ろうとしたところで、かわいいバスがやってきました。小さなバスですが、タイヤはいっぱい付いています。初めて見る乗り物です。

駐車場に入る黄色いバス
調べてみると、このバスも「アミュプラザみやざき」の開業に合わせて運行を開始したものでした。「グリーンスローモビリティ」という電動バスで、時速20キロメートル以下の速度で、宮崎市街地を走っているそうです。
運賃は1回100円で、車いすの方も乗車できます。見た目もかわいいので、子どもも喜びそうですね。

フランス菓子「カヌレ」と紅茶
帰宅してさっそく、「やま館」のパン屋さんで買った「カヌレ」というお菓子を出して、ティータイムにしました。もちもちした独特の食感がおもしろかったです。こちらも調べてみたところ、フランスの伝統的なお菓子とのことでした。母と、「久しぶりのランチに行くことができて楽しかったね」と話しながら、おいしくいただきました。
新型コロナウイルスの影響がまだまだ気になりますが、青空を見ながらの散歩やランチは良い気分転換になりました。みなさんも今後ぜひ、宮崎を訪れてみてくださいね!

■アミュプラザみやざき:https://www.amu-miyazaki.com/
■宮崎科学技術館:http://cosmoland.miyabunkyo.com/
 ・宮崎駅(東口)より、徒歩2分です。
 ・障害者手帳(身体、療育、精神)所持者は入場料が免除されます。介助者1名も免除されますが、身体障害者の介助者は2級以上が対象です。
■お箸処 北諸:http://www.kitamoro.jp/
■宮崎市「グリーンスローモビリティ『ぐるっぴー』運航開始!」:https://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/city/policy/tourism/259243.html
■日向夏研究室「日向夏を知る」:https://www.kajyu.co.jp/hyuganatsu-labo/hyuganatsu.html
 ・日向夏のおいしい食べ方が紹介されています。

女性/30代 発達障害, 精神障害

九州地方在住。ボランティアから始めた地震被災者支援の仕事が終わり、現在将来を模索中。
発達障害、線維筋痛症、強迫神経症などあり。理解ある周囲のサポートを受けながら生活しています。
長く拒食症でしたが、今はおいしく食べています。旅先での食事もご紹介したいです。
・すきなもの:草、花、猫、スピッツを歌いながらドライブ
・すきな場所:お寺、水源、薄暗いところ
同じところにいても見ているものが違うとよく言われます。ちょっと違った視点での楽しみ方をお届けできたらうれしいです。

・発達障害者主体のNPO法人で活動しています。
HP:https://unevennpo.wixsite.com/decoboco

旅行エリア
九州・沖縄, 宮崎県, 宮崎市
旅行期間
対象読者
車いす 電動車いす 発達障害 精神障害 その他
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
発達障害ADHD線維筋痛症宮崎駅アミュプラザ