照島海岸をみる親子、照島に架かる赤い橋

     


今回、神社へのお参りと遊びを兼ねて鹿児島県いちき串木野市にある、なぎさ公園と照島(てるしま)に遊びに行きました。
なぎさ公園は照島の近くある公園で、照島と海で分かれています。しかし、お互い近くにあり、上の写真にある赤い橋で行き来することができます。
以前に公園へ行ったのは3年程前でしたが、変わらず楽しく遊べました。
12月中旬で少し寒かったですが、天気は良かったので楽しく過ごせました。子供たちは、遊んでいる内に暑くなったようで、ジャンバーを脱いで遊んでいました。先になぎさ公園で遊んでから照島周辺を散策しました。特に照島の沿岸からの景色は綺麗で気持ちよかったです。


1.なぎさ公園

なぎさ公園は、中央がグランドで端の方に遊具がある公園です。私達の他にも子供連れの方や高齢者の方がいました。
イルミネーションの時期でグランドの中央付近はツリーが設置され、飾り付けがされていました。


なぎさ公園について3つご紹介します。
1.遊具
2.多目的トイレ
3.イルミネーション


1.遊具

丸太を立てた状態のバランス遊具、平均台
バランス遊具があります。小さい子は手をつないで進むと安全で楽しみやすいと思います。

公園の柵、照島の沿岸
柵の向こう側が照島になります。すぐそこにあります。

公園、すべり台、ブランコ
赤く広い座面のブランコがあります。すべり台は滑走面の真ん中がステンレスでスピードがでやすいと思いました。

うんてい様の登り遊具、バランス歩き遊具



2.多目的トイレ

トイレの外観


洋式便器、便座に座り、右側L字バー、左側介助バー
少々古さを感じますが、清潔はたもたれています。管理されている印象をもちました。

引戸、鍵あり
扉は引き戸でした。


3.イルミネーション

遊びに行った時期はちょうどイルミネーションの時期でした。
夜に行ける機会があれば行ってみたいです。絶対キレイだとおもいます。
照島に渡る橋にも電飾が施してありました。

(2020年12月、公園内の掲示板より)
点灯期間:12月6日(日)~1月5日(火)
点灯時間:17時~21時
クリスマスイブ・大晦日はオールナイト


2. 照島

次に、照島について3つご紹介します。
1.照島周辺
2.照島神社
3.驪龍巖(りりょうがん)


1.照島周辺

照島に渡る橋の近く
照島には、赤い橋を渡って行きます。

橋の渡り始める親子
橋を渡って照島に向かいます。
イルミネーションの時期で電飾が施されていました。

橋を渡り終わる子供
橋を渡ったら階段を上がり、照島神社に向かいます。

神社へ続く階段を登る親子、鳥居
神社まで階段を上ります。神社までは3分はぐらいで着きました。

階段の途中、左側にあるトイレ
階段を上っていると、左側にトイレがあります。
立って用を足す小便器と和式便器がありました。

鳥居の向こうの神社の境内
階段を上がりきって少し進むと、右側に神社があります。

坂を下って座る子供
神社を背にして山道を進み、階段を下ると海側に出られます。

照島に架かる橋へ向かう子供
階段を下りて左側へ道なりに進むと、橋の方に着きます。
歩道は柵がないので、小さいお子さんがいる方は特に注意して下さい。


2.照島神社

照島神社に参拝する親子
照島神社は、鹿児島県神社庁のホームページによると創建年代は不詳で、御祭神は大己貴命(オオナムチノミコト)、少彦名命(スクナヒコナノミコト)、大山津見命(オオヤマツミノミコト)のようです。
家族みんなでお参りしてきました。
照島神社で用意されている紙にハンコを押して、御朱印帳と一緒に稲荷神社(東市来町湯田)まで持って行くと御朱印が頂けるようです。


3.驪龍巖(りりょうがん)

驪龍巖付近の掲示板には、寛政二年(一七九〇)三月、島津家二十六代斉宣は、照島に清遊し、その風光明媚に感嘆したとあります。そして、脚下に黒く光る雄淵(男池)、雌淵(女池)の巨巖の群れに眼を注ぎ、「まさ にこれは、玉を抱いてうずくまる龍の姿である。」と言ったそうです。侍医の河村宗澹に、雄淵の上の方にある巨巖に、「驪龍巖」と書かせ、彫刻するよう命じ、その文字は今も残っているようです。

※※※驪龍巖までの歩道は整備されていますが、足元に木の幹や段差があるところもあり、誰にでもはおすすめできません。
また、驪龍巖の周辺に柵はありません。特に小さいお子さんを連れて行く場合は目を離さないようお願いします。※※※

山道を歩くため、幼児の子供と妻は行かず、私と小学生の子供2人で行ってきました。

照島神社の裏側を奥に進むと着きます。
案内板がどこにあるのかわかりづらかったので、もし行かれる方は、文末にあるリンクのいちき串木野市ホームページで照島お散歩マップ(PDF)を参考にしてください。神社への階段を上がり終えた付近に、多分同じマップがあったと思います。

途中の山林


山林のアスレチック
歩道の途中にアスレチックがあり、子供たちは遊んでいました。

アスレチックのバランス遊具で遊ぶ子供


バランス遊具で一緒に遊ぶ子供2人


驪龍巖付近、休憩所、海
歩道を進んで行くと、道が開けて目の前に海が広がります。そして、掲示板と休憩所がみえます。

驪龍巖、海
見晴らしも良く、東シナ海を一望できる景色は綺麗で最高でした。しかし、崖は断崖絶壁で、離れていましたが怖かったです。

驪龍巖付近、沿岸、東シナ海



照島は、海岸に歩道があり、見渡す海はとても綺麗です。
驪龍巖までの山道は整備されていますが、途中歩きづらいところもあり、誰にでもはおすすめできませんが、驪龍巖周辺からみる東シナ海はとても綺麗です。照島の低い沿岸からみる景色とはまた違った景色を味わえます。
子供たちは、橋を渡り照島へ上陸し、坂を上って神社にお参りに行きましたが、なかなかできない貴重な体験だったと思います。幼児の子供は坂を上がるのは大変だったと思いますが、面白そうにしていたので、楽しい経験になっていればうれしいです。


おわりに

子供たちは海と緑の自然を満喫し、私も見晴らしがよく、気持ちの良い運動ができました。子供も大人もどちらも楽しく過ごせる場所だと思います。
公園で遊んで照島の散策ができて楽しかったです。駐車場の入口には、照島 海の駅食堂というご飯屋さんがあり、ちょうど昼時でたくさんのお客さんが待っていました。次回遊びに行くときは、ぜひ食堂にも行ってみたいと思いました。美味しいお魚料理が食べられそうです。


駐車場

駐車場、60台以上駐車可能
駐車料金 無料
広いので、ざっと見て60台以上は停められると思います。


所在地

なぎさ公園
鹿児島県 いちき串木野市 西島平町


リンク

いちき串木野市(照島についての情報が記載されています)
http://www.city.ichikikushikino.lg.jp/kankou1/kanko/midokoro/midokoro/terushima.html

鹿児島県(照島周辺の情報が記載されています)
http://www.pref.kagoshima.jp/ak01/chiiki/kagoshima/takarabako/viewpoint/takarabako-22-07.html

男性/30代 精神障害

鹿児島県に住んでいます。
うつ病になり以前勤めていた会社を辞めました。
家族がいて子供もいます。休日は結構どこそこ出かけています。
基本的に出不精ですが、出かけると楽しいと思う人です。
公園など子供が好きそうな場所にちょこちょこ出かけます(お金がかからないのを中心に)。
私が出かける場所は小さなお子さんや家族連れで楽しめる場所が多いと思うので、行ってよかった場所を紹介できればと考えております。
そして、ダイバーシティのある空間や場所があればぜひ紹介していきたいと思っております。

旅行エリア
九州・沖縄, 鹿児島県, いちき串木野市
旅行期間
対象読者
発達障害 精神障害 高齢者 マタニティ 乳幼児連れ
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
子供連れ多目的トイレ