山野の中、枯れた木に苔が生えている

     


5泊6日の飛騨高山旅行も、もう5日目。町を散歩したりレンタカーを借りて遠出したりと、楽しみは尽きません。観光できるのも今日で終わりだと思うと寂しくなります。
でも、5日目は「東山遊歩道」へ散策に行く予定にしていたので、楽しみです!
東山遊歩道沿いには、私の好きなお寺や神社がたくさんあります。

東山遊歩道周辺の案内看板
東山遊歩道(ひがしやまゆうほどう)は、JR高山駅から徒歩20分ほどの場所から始まっています。全長は約5.5キロメートル、徒歩約2時間のコースです。

東山遊歩道周辺の地図


東山遊歩道周辺の地図
細い道や山道もあったので、地図上でうまく表せないのですが、はじめに「照蓮寺」にお参りしてから東山遊歩道に入り、水色の矢印の向きに歩きました。
今回は、以下(5日目前編)の様子をご紹介します。

【5日目・前編】照蓮寺(緑の丸印)……〈東山遊歩道〉東山白山神社……素玄寺……東山神明神社……法華寺……善応寺……宗猷寺(2枚目の写真の赤の丸印)
・すべて徒歩で移動しました。体力のない私でも歩けましたが、途中には階段も多く、細い道や山道もあるので、一部を除いて車いすなどでコースをたどるのは難しいと思います。
・照蓮寺から東山遊歩道を歩き、町中に戻ってくるまでに約2時間半かかりました。今回ご紹介する照蓮寺から宗猷寺まででは、約1時間でした。
・私は、神社の本殿やお寺の本堂を正面から撮影することがおそれ多くてできないので、遠くからの写真ばかりになっていますが、ご容赦ください。

照蓮寺の門
スタートはここ、照蓮寺(しょうれんじ)です。照蓮寺はこの旅行の3日目に訪れた「宮川朝市」からも近い場所にある、浄土真宗大谷派のお寺です。
お参りをして本堂をあとにしたところで、近くにいた方から「お疲れさまです」と声をかけられました。お寺の職員と間違われたようです。確かに、私のほかにはお参りをしている人は見当たりませんでしたし、一般の観光客が、しかも一人でお参りに来るのはめずらしいのだと思いました。

東山遊歩道の案内板、お寺
ここからは坂道になります。この標識には全長4キロメートルと書いてありますが、先ほどの地図には5.5キロメートルとありました。東山遊歩道は歩く道によって距離が変わってくるようです。

小さな赤い実のなった木
かわいらしい木の実を発見。透けるような朱色の実が割れて、種が見えています。この木は遊歩道のあちこちで見かけました。

石畳、すき間に緑の苔が生えている
今度は、足元に生えていた苔に見入ってしまいました。石との調和もすてきです。
私は、こうやっていつも大好きな植物を見る時間がどんどん長くなってしまうので、まだまだじっくり眺めたい気持ちを抑えて先に進みました。あまり長い時間をかけていると、疲れで線維筋痛症の痛みが強くなってしまうかもしれません。山の中で痛みが出たら大変です。

神社本殿前の獅子
東山白山神社に到着。

石段の上に見える赤い本殿
急な階段を上った先に本殿があります。雨は降っていませんでしたが、苔で足を滑らせそうで少し怖かったです。

石灯籠の上に生えた苔
でも、苔はやっぱり魅力的です。もこもこしています。

夫婦杉
こちらは夫婦杉です。もう長い間連れ添っているのでしょうね。

東山遊歩道の途中
舗装された道路に戻り、しばらく行くと、

東山遊歩道のルートを指す標識


地下に続いている遊歩道
矢印が複雑に曲がった、「地下道を通ってください」という標識と、地下に続く階段が現れました。大きな道路の下を通って進みます。

広い歩道の先にある大きな松


素玄寺の門
素玄寺(そげんじ)に着きました。東山遊歩道沿いには、「飛騨三十三観音霊場」のお寺がたくさんあり、素玄寺は第4番札所になっています。

「熊出没注意」の立看板
遊歩道を進むと、「熊出没注意」の立て札がありました。クマがいるのですね…。遭遇しませんように。

草むらの中の赤紫の小さな花
かわいいフォルムの花を発見。色が鮮やかです。

高い木々の中に見える神社


急な石段を上から見たところ
東山神明神社(ひがしやましんめいじんじゃ)に着きました。こちらの石段も急なので、上り下りには注意が必要です。

神社の絵馬殿


絵馬殿の説明書き
境内にある「絵馬殿」は、岐阜県の指定重要文化財だそうです。

森の中の池
次に訪れた法華寺も、飛騨三十三観音霊場のお寺です。ご朱印帳を持ってくれば良かった。

さかさまにぶら下がる空蝉
こんなところでセミが羽化したようです。緑がいっぱいの、セミも喜びそうな環境です。

飛騨高山フリーWi-Fiの標識
フリーWi-Fiのマークがありました。このデザインは2日目(「発達障害者が行く!飛騨高山<2>」https://www.cotravel.jp/diary/index.php?uniqueid=5eedb2cc6608b)に「高山陣屋」の玄関で見た、青海波がモチーフになっているようです。この高山市の町中で利用できるWi-Fiは、最大7日間無料だそうです。

善応寺


赤い小さな実のなった木
次は善応寺(ぜんのうじ)です。境内の木には赤い実がなっていました。秋らしいたたずまいです。

長く続く石畳の道


宗猷寺
こちらはその隣、宗猷寺(そうゆうじ)。大きなお寺です。
ずいぶん歩いた気がしますが、距離としてはまだ半分にも達していません。ここから町の方に曲がって帰ることもできますが、先に進んで高山城跡まで行くこともできます。
せっかくなのでもう少し先まで行こうと思いましたが…。いや、ちょっとストップ。私が「まだ大丈夫」と思って頑張ると、たいていは後々とても疲れて動けなくなるので、もう一度立ち止まって考えました。そして、やっぱり調子も良いので、運動も兼ねて歩こうと思いました。線維筋痛症の主治医にも適度に運動するよう言われているのですが、普段なかなか動けないので、貴重なチャンスです。次は、この先の「錦山神社」からご紹介しますね!

ところで、ここまでの道中、私と同じように東山遊歩道を歩いている観光客にはまったく出会いませんでした。一人でもあるので、クマにも会わないよう祈るばかりです。

飛騨三十三観音霊場会:http://hidakannon.jp/
 ・各寺の住所等の情報が掲載されています。高山市街には33か所のうち10のお寺があります。
高山市公式観光サイト「Free Wi-Fi TAKAYAMA」:http://kankou.city.takayama.lg.jp/s/2000008/2000374.html
 ・フリーWi-Fiの利用方法が掲載されています。

女性/30代 発達障害, 精神障害

九州地方在住。ボランティアから始めた地震被災者支援の仕事が終わり、現在将来を模索中。
発達障害、線維筋痛症、強迫神経症などあり。理解ある周囲のサポートを受けながら生活しています。
長く拒食症でしたが、今はおいしく食べています。旅先での食事もご紹介したいです。
・すきなもの:草、花、猫、スピッツを歌いながらドライブ
・すきな場所:お寺、水源、薄暗いところ
同じところにいても見ているものが違うとよく言われます。ちょっと違った視点での楽しみ方をお届けできたらうれしいです。

・発達障害者主体のNPO法人で活動しています。
HP:https://unevennpo.wixsite.com/decoboco

旅行エリア
中部, 岐阜県, 高山市
旅行期間
対象読者
なし
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます
なし
関連タグ
発達障害ADHD線維筋痛症飛騨高山東山遊歩道