車椅子とピラミッド

     


ピラミッドって砂漠だし、車椅子じゃ行けないよな…と思ってたら意外と行けちゃった!そんなお話

ピラミッド入り口受付のスロープ
ついにきた…ピラミッド。

この世界中で最も行きたかった場所!

でも、アフリカ…

砂漠…

バリアフリーなんてあるのかな…?

そんな不安もありました。

でも突っ込んでみたら世界は広がるはず!

エジプトのカイロ国際空港からUberに乗ってホテルに辿り着き、翌朝ピラミッドチャレンジ!

ホテルにUberを呼び、ピラミッドまでと伝えると慣れた感じで案内して頂けます。

そして到着すると、意外と綺麗なチケット売り場(写真なくてすみません)

そして至る所にしっかりスロープが用意されていました。

こ、これは期待できる…!
そう思いました。

ピラミッドに来ている他の車椅子ユーザー
さらに!

近づいてみると他の車椅子ユーザーの姿も見えました。

まさか…完全バリアフリーなのか…?

期待はさらに高まります。

ピラミッド近くのスロープ
整った道をどんどん進んでいきます。

あぁ…この先には念願のピラミッドとのご対面です!



ピラミッドを眺める僕
ついに…辿り着きました。

感想は…

とにかく大きい!!

想像の三倍は大きかったです。

何千年も前にどうやってこれを作ったのか。

本当に不思議でした。

でも一つ思ったのは、何千年経ってもここにこうして残っていてくれてありがとうという気持ちでした。

ただひたすら何分も何十分も眺めていました。

ピラミッド脇のスロープ
なんと!

ピラミッドにより近づくためにスロープがありました。

ただ、傾斜もありますしボコボコなので誰かに手伝ってもらった方が良さそうです。

ピラミッド脇のスロープ
途中で道がなくなります…

そしてとにかく人が多い!

ピラミッド脇のスロープの階段
いきなり階段が現れました。

ここで立ち往生…と思ったら周りのエジプト人たちが助けてくれました!!



エジプトの子供達と
エジプト人は世界三大ウザい国?などと言われてますがそんな事はありません。

彼らはとにかく声をかけて、お世話をしたいだけなのだなぁと感じました。

そしてとにかく子供大人関わらず日本人は大人気です!

写真を撮ってください!写真を撮ってください!と言われすぎて一瞬自分はスターになったのかと錯覚するぐらいとにかく話しかけてくれます。

馬車に乗る
お次は馬車に乗りました。

もちろん一人では乗り移りが難しいので、周りの人達に手伝ってもらいました。

それも何も声をかけずとも。

本当に心地のいい国です。

場所から望むピラミッド
馬車からの眺めです。

どうでしょうこの冒険感。

この時はRPGゲームの主人公になった気分でした。

乗り心地はあまり良くないのと直射日光が凄いのでこまめな水分補給とお尻の徐圧を忘れずに。

ピラミッドと馬車と僕
車椅子を後ろにくくりつけて、落ちないように工夫してもらいました。

この写真は僕の最も気に入っている写真です。

スフィンクスと僕
そして馬車旅もクライマックス!

スフィンクスの登場です…

思ってるより小さかったのと、この辺りは異常に混んでたのでうまく写真が撮れませんでした…

なにより一時間近く炎天下に晒されていたので頭がクラクラしています。

スフィンクスの目先にあるケンタッキー
そして噂は本当だったのか…?

スフィンクスの目の先にあるというケンタッキー…

ちゃんとありました。笑

ちなみにしっかりチキンを買って食べましたが、日本の方が何倍も美味しかったです…

ピラミッドナイトショー会場
最後にピラミッドで行われる夜のショーの会場にも行ってみました。

ナイトショーの椅子が並んでいる
ひたすらパイプ椅子が並んでいます。

ツアーを申し込んでる方は夜になるとスフィンクスのライトアップを楽しむことができます。

車椅子のアクセスも良かったです!

夕陽とピラミッド
夕陽に染まるピラミッドとスフィンクスでお別れしたいと思います!

ピラミッドはやはり凸凹道も多かったですが、やはりエジプト人の底なしの優しさのおかげで特に大きな問題もなく楽しむことができました。

今まで行った国の中で最も好きな国民性かもしれません。

あぁ、またエジプトに行きたいなぁ。

みなさま、最後まで読んでくださりありがとうございました!

もし機会があれば、エジプト行ってみてくださいね!


男性/30代 肢体不自由, 車いす

《経歴》
18歳の頃バイク事故で首の骨を折り頸髄を損傷、両手両足に麻痺が 残り車椅子生活を余儀無くされる。 会社員の時に一人でハワイに旅行し、世界観が広がる。
その後海外の暮らしに憧れを持ちLAやオーストラリアに短期移住。
帰国後会社員として再度働き、お金を貯めてから世界一周を決意。
約9ヶ月間23カ国42都市以上を回り、世界一周達成。

現在は車椅子の旅人として全国で講演/執筆活動
エイチ・アイ・エスユニバーサルツーリズムのスペシャルサポーターとして、国内外に赴き車椅子でも旅行しやすいツアー造成の監修などを行なっている。

トミーヒルフィガーアダプティブオフィシャルサポーター
YouTubeチャンネル『Miyo Channel』運営
https://www.youtube.com/channel/UCwKAtfs3eE39D1WfHo_ivcA

2019年7月に光文社より「No Rain, No Rainbow 一度死んだ僕の、車いす世界一周」を出版。

使用車椅子
TiLite TR/2GX

好きな国
タイ/エジプト/アメリカ

旅行エリア
アフリカ, エジプト, カイロ
旅行期間
対象読者
車いす 電動車いす 歩行補助具
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
ピラミッド#バリアフリー