縦長に広がる一面真っピンクのチューリップ。後方に円形のチーズを沢山積んだ乳牛のレプリカとお土産店。

     


・チューリップで溢れる花の公園「キューケンホフ」
・ユニークな宿泊体験 「船上ホテル」


毎年異なるテーマで造園される、世界最大の花の公園「キューケンホフ」。
開園期間は3月中旬~5月中旬まで、なんと、たったの2ヶ月間!

広大な園内は、いつ訪れても美しい花々が鑑賞出来るよう工夫がなされており、視覚でも匂いでも一日中楽しめます。 スタッフが毎日かかさずチェックをして植え替えられるので、驚くことに枯れている花が一つとしてありません。

訪れたのは、特に暖かくて花や緑が最も映える美しい5月の季節。
今回はオランダ旅の一部をご紹介します。


もうじき結婚する香港人カップルの友人、I君とLちゃんに誘われオランダ各地を周遊しました。二人はソフトウェアエンジニア。昔ドイツ在住中に知り合った、旅仲間でもある親友です。彼らのウェディングフォト撮影を兼ねた旅に同行しました。

一般的に、中国や香港の人たちは結婚式に向けて、披露宴で流すスライド用に何枚もの大量の写真や長編動画を撮る習慣があるのですが、友人はシナリオまで考え、全て自分達で制作しました。

最近は、彼らのように旅行先で撮る人も多いようです。
いわば、婚前旅行「プレ・ハネムーン」といった感じだろうか。

普通は専属カメラマンを雇って動画編集も依頼しますが、アイザックは1年も前から自国内外を旅しながら撮影プランを練っていたようです。

脚本も撮影もプロ顔負けのオリジナルストーリーで、彼らの家族や同僚、友達も勿論登場します。

二人の出会いからプロポーズまでの内容には、周りが思わず笑いと感動で涙してしまうほど!
旅の一年後の香港での結婚式は本当に素敵でした。

ドイツ →オランダまでの、スマホの列車時刻表
さて、キューケンホフ公園までの行き方です。

蘭国アムステルダムまでは、ドイツ・フランクフルトから約450kmの距離。
東京⇔京都間と同じくらいで、高速鉄道ICEで直通4時間弱かかります。

早朝7時半にドイツを出発し、正午前にオランダ到着。

税関や外貨両替など、旅行につきものの煩わしい国境手続きはEU諸国では何も有りません。←陸続きの国々の、このスムーズな旅行のし易さが気に入っています。

アムステルダム駅からキューケンホフガーデンまでの乗り継ぎの時刻表
アムステルダム中央駅からはスキポール空港駅まで電車で乗り継ぎ、高速バスでキューケンホフ公園まで向かいます。

電車、駅、バス、パーク園内はエレベーターやスロープがあり、車椅子やベビーカーにとっても比較的移動しやすいと思います。

ただ大変だったのは、見慣れない地名や案内表示が多いこと。地図ナビや辞書等のアプリでよく確認しないと行先を何度か間違えそうになります。

単語の文字数が英語よりも若干長く読みづらいのが、オランダ語圏やドイツ語圏の観光トラブルあるある、です。

2人用黄色いリカンベントバイク。2m近くあるサイズ。
アムステルダム中央駅で見た、長~いリカンベントバイク!
ビビッドな黄色でよく目立ちます。

しかも、2人用リカンベントバイクは初めて見ました。ペダルが上の方にあるので太腿の筋力が付きそうですし、寝そべって漕ぐので、見るからに首が非常に疲れそうです。

自転車大国でもあるオランダ。
バイクの種類が豊富でどこの列車の駅も、この様に長い形の自転車でも乗り込めるほど、とても奥行あるエレベーターになっています。

バス内の優先席表示。オランダ語オンリー。。
バス内の車椅子とベビーカー優先席表示のステッカーです。

言葉の響きはドイツ語や英語、仏語によく似ているオランダ語ですが、ちんぷんかんぷん。
唯一読めた単語は、車椅子の意味の「Rolstoel」。

カラフルな花が散りばめられたアーチ型トンネルが5つ
友人はオランダの別の街から向かっていて、キューケンホフ公園で現地合流。

地図と時刻表を頼りになんとかプラン通りの正午すぎに公園に辿り着き、園内で二人と落ち合えました。

青空の快晴で心もわくわく!
室内パビリオン内のあちこちにある、蘭や百合の花々でつくられた色彩鮮やかな花トンネルも必見です。

天井まであるゴッホの展示、ひまわりの絵
いくつかパビリオンの建物のうち、オランダを代表する19世紀の画家の一人、日本人にも人気のヴィンセント・ヴァン・ゴッホの展示施設がとくに賑やかです。

私の兄の学生時代の友達がポール・ゴーギャンのひ孫さん(米国と仏国籍のオランダ在住フランス人)でした。
ゴーギャン自身は母方の南米ペルー王族と父方のスペイン人の血を引いている説が有り、ひ孫も目元がゴーギャンそっくりです。

彼が日本に遊びに来た時曰く、その昔南仏アルルでルームメート同士だった曾祖父のゴーギャンとゴッホは映画でも描かれている通り、相当変わり者だったそうです。

【情報1点】
ゴッホ
https://xn--uck4a7d.jp/research/r02.php

ゴッホの展示の絵画、アルルの跳ね橋。手前にまあるいモコモコの花の植木鉢が10個並んでいる。
ゴッホの作品、アルルの跳ね橋。

天井まであるゴッホの自画像が3枚
Bigなゴッホの自画像

ゴッホの自画像7枚。
自画像が所狭しと展示されており、その数の多さと大きさに圧倒されます。

モコモコなオレンジ色の花。後方は淡い紫色のライラック
鮮やかなショッキングオレンジ色の花びらが不思議な形に1つ1つ折り重なった花。
ベルベットのように、ふにゃもふで触り心地のいい花です。

芝生に広がるピンク色のチューリップ畑。ちょっと開ききっているのもある。パープル色のヒヤシンスも。
パビリオンをいったん出て、一面に広がるチューリップ畑を鑑賞♪

キューケンホフ公園のHPによると、総面積 32 ヘクタール (79 エーカー) の園地に植えられる花の球根は毎年700万球になるのだとか。

東京ドーム約6.8個分の広さです!

冒頭写真の乳牛レプリカと、牛が背負っている直径40cmのチーズが7つ。
牛の上に載っているのはチーズのレプリカ。酪農大国のチェダーとゴーダ。
オランダチーズは口に広がる濃厚な味わいがなんとも絶品です。香りも強くザ・チーズ🧀

次回は時間があれば、あちこちに点在するチーズ名の付いた村に行ってチーズ市場の競りや工場も見学したいです。


ピンク色のラッパ状の花弁
これも形がとても変わっていて1-2枚のラッパ状の花弁がついています。

チューリップ畑、赤色ピンク白黄色。形も少しずつ異なる花々。
さらに次のチューリップ。

品種もまた大変な数で、世界に約5,600種のチューリップがあるそうです。そして毎年新しい品種が生まれています。

ちなみに、オランダは食用バラの生産も盛んで、観賞用だけでなく女性にとくに嬉しいグルメや美容コスメにも使用されます。

真紅色の立派な形の百合。
赤い百合?香りが強烈なユリです。

黄色と白のチューリップ
黄色と白の色合いも素敵です。
満開が終わり開きすぎたら、すぐに片づけられてしまうのだろうと思うと、ちょっと寂しい気がしました。

農場のチューリップ畑は、球根を採るために花が完全に枯れる前に、刈り取られるようです。

ピンクと白ストライプ
ピンクと白ストライプのゴージャスなチューリップ。

ピンクのヒヤシンス
見事なピンクのヒヤシンス

オレンジと黄色のチューリップ
先端がつんつんとがったチューリップ

2,5畳ほどの白色の多目的トイレ。巨大なトイレットペーパー
園内のトイレの様子です。
シンプルですが、中は横長に広めでアクセシブル。

両側にある手すりも跳ね上げられて使い易いです。

ヨーロッパのたいがいの場所は自動ドアではなく、手動押し扉式です。
激重なドアなのが難点。欧州の障害者はそんなにパワフルなのか。

沖合のデッキに停泊しているボートハウスホテル。ペダル無しの3輪バイクに試乗の筆者。科学博物館前。
オランダ旅行の目玉の1つ。
一度体験してみたかったボートハウスに2泊しました!

【情報2点】
ヴィータ ノヴァ (Vita Nova)
http://vita-nova.hoteleamsterdam.net/en/
https://www.booking.com/hotel/nl/vita-nova-amsterdam.ja.html

地図アプリ。沖合のボートハウスホテルの位置情報。
アムステルダム中央駅からボートホテル Vita Novaまでは歩いて10分程。

徒歩で周るには地図アプリがかかせません。
今の時代に生きてて良かった。

口がパックマンの形のカマンベールチーズと大きなトマト, クラッカー, ピクルス, チョコスプレッド
キューケンホフ公園を出て、
15時過ぎにボートホテルに到着すると、気さくな受付スタッフのおじさんが、
「お腹すいているだろう?」と、
カマンベールチーズとトマト一個づつまるごとと、クラッカーやピクルスまで用意してくれました。
ありがとうおじさん!

盛り沢山のコンチネンタルブレックファースト。ハムやサラミ,チーズ,ジュースが並んでいる。
こちらは実際の朝食の様子。
沢山の種類のチーズとサラミを1枚づつ試してみました。

スウェーデン風のクラッカー。チョコふりかけ、ゆで卵
スウェーデン風のクラッカーに薄切りチーズやジャム等をのせたり、プレーンヨーグルトにグラノラシリアルを混ぜたり。。見た目にもカラフルな朝食です。ピーナッツバターなどもあり、クラッカーに塗るものが5種類もあるので選ぶのに悩みます。

写真左端の箱はオランダではメジャーな、パンやクラッカーにかけるチョコレートフレーバーふりかけ! ゆで卵は世界共通食かな。

水辺のボートハウス群、ボートが5隻ほど。
泊まった周辺はデッキが5列有り、それぞれの列にこのように数台ボートハウスやボートホテルが並んでいます。

ボートホテル内のベッドルーム、2人用仕様。
ボートホテル内のベッドルームです。
部屋によっては二段ベッドになっています。
陸上のドミトリーやホステルのように、意外と普通のお部屋。窓があるので、きちんと日も差し込み明るいです。

ボートホテル内のベッドルームと通路。
ベッドルームは数部屋あり、
一番奥はお手洗いとシャワー室です。

トイレは小さめでアンバリアフリーです...

ボートの屋上は日除けやテーブル、ベンチがありのんびり出来る。
階段でボートの屋上へ上がります。
ボートは小さすぎず大きすぎず、案外揺れないので居心地いいです。

ボート上でお昼
ボート上でお昼を食べたり、お昼寝したり。。
くつろいだりできます。そよ風も爽やか!

ボート上からの眺め。向こう側にアーチのブリッジと建物が見える。
ボート上からの眺めが気持ち良い。

夕暮れ。古い石積みの、ザ・アムステルダムな街並み。
写真は夕暮れ時の川沿いの景観です。

アムステルダム中心街に、アンネフランクがナチの強制収容所に入れられる前に家族で隠れるように住んでいた家があります。
家々は隙間なく隣り合っています。

【情報2点】
アンネフランクの家「博物館」
https://www.holland.com/global/tourism/destinations/amsterdam/museums/anne-frank-house-18.htm
https://artsandculture.google.com/exhibit/wQi4lSIy?hl=ja

水辺の橋からの夕陽。
水路から見える夕陽の眺めが最高♡

夕食@チャイナタウン。ワンタンスープと焼き豚、青菜ガーリック炒め。
夕食は、アムステルダム市内のチャイナタウンにて広東料理。ワンタンスープと焼き豚、青菜ガーリック炒め、他にも色々頂きました。

オランダですが、在欧アジア人が多いせいかアジア人好みの味付けでなかなか美味しく、まるで香港にいるようです。

道沿い歩道。アムステルダムにあるゲイのバー店。
アムステルダムにあるゲイバー。
店前にお客さんの電動車椅子が駐車されています。かなり大型。
周辺には妖艶な飾り窓がある通りとして知られています。

夕食帰り道の夜景。ライトアップされている。
チャイナタウン夕食帰り道の夜景☆

Vita Novaボートハウスホテル隣りの博物館。逆台形の複雑な形の建物になっている。
泊まったボートホテル Vita Novaの隣に洒落た建物があります。面白そうな博物館でしたが、見る時間が無かったのが残念です。

【情報2点】
NEMO科学技術博物館
https://www.holland.com/global/tourism/article/science-center-nemo.htm
https://orandakids.com/museum/nemo/

チーズ3種類,チェダー,カマンベール, 葱やハーブ入りのクリームチーズ
2日目、宿泊最終日の朝食。
写真奥のオレンジの丸い塊はチェダーチーズ、手前はカマンベール。

右手にある2つはガーリックやハーブ、チャイブ(葱)入りのクリームチーズ。

ボートホテル船内カフェテリア。4人掛けの木製長方形テーブルと椅子が6つ。
船内カフェテリアの奥で、ボートホテルをチェックアウト。船の中とは思えないほど広々しています。

いよいよオランダ旅の終わりです🧀🇳🇱🌷
ドイツの隣国ですが、今回はガラッと変わった春の風景と雰囲気があじわえました。
次回は秋冬に練り歩いてみたいと思います。


--/-- 該当なし

The World is full of adventures.
🇺🇸 https://onl.tw/nnzZUEm
🇩🇪 https://onl.tw/wUwQFE6
🇨🇳 https://onl.tw/6XdGF8H

"幸せの鍵は新しい場所と出会い!" 
趣味は地球ぶらり旅。
散策歴28ヵ国・140都市。
バリアフルでも楽しめる旅の良さをお伝えしていきます。

旅行エリア
ヨーロッパ, オランダ, その他の観光地
旅行期間
対象読者
なし
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます
なし
関連タグ
ヨーロッパ旅行ガーデン自然オランダ船旅