青いテーブルの下の子猫たち

     


私は猫が大好きです。日本にも海外にも猫が大切にされている街があります。そういった街のひとつ、青い街並みが美しいモロッコのシャウエンの猫たちの写真をお楽しみください。

青い街シャウエン
私は写真家の岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」というNHKの番組が好きです。岩合さんは初めての街では、ます高台に登って、猫がいそうなエリアを探すのだそうです。

弱視の私には無理な方法です。しかし、そんなことで猫との出会いを諦めるわけにはいきません。私が考え出した方法は簡単です。

観光案内所で猫がいそうな場所を尋ねること。

「変なことを聞きますが、この辺に猫がいそうな場所はありませんか?私、猫が大好きなのです。」

初めて、この質問をした時はとてもドキドキしました。ところが意外にも皆さん普通に答えてくれます。教えてもらった場所に行ってみると、本当に猫がいるのです!

こんな会話も旅の楽しみですが、そもそも猫がたくさんいる街へ行く方が手っ取り早いです。世界には猫と簡単に出会える街がいくつもあります。

今回ご紹介するモロッコのシャウエンも、猫がたくさん暮らす街です。シャウエンは青い街並みも美しく、最近は日本人の間でも人気の観光地です。

高台にてシャウエンの街をバックに記念撮影
2018年7月にモロッコを旅行しました。マラケシュ、サハラ砂漠、フェズと旅して最後の街、シャウエンに近づいてきました。

青い街シャウエンはモロッコの北側にあります。モロッコの夏は気温が高いですが、湿度は低いので過ごしやすいです。

チャーターした車のドライバーが、シャウエンの少し手前の見晴らしの良い場所で写真を撮ってくれました。



シャウエンでは旧市街のホテルに滞在しました。ドライバーがホテルに電話して、旧市街の入り口の門まで迎えを頼んでくれました。

この門をくぐって旧市街へ入って行きます。


青い建物が連なるシャウエンの旧市街
門からホテルまでは徒歩5分ぐらいなのですが、道が迷路のようで、自分ひとりだったら30分ぐらい迷ったと思います。

ホテルのロビー


宿泊した部屋
ホテルに入ってみると、内装にも鮮やかな青が使われていました。モロッコのホテルはどこも壁のタイルやラグがカラフルで、とても可愛いです。

路地裏の猫
ホテルの窓から見下ろすと、路地には猫が!

シャウエン旧市街は山の斜面に広がっています。坂道、階段、屋根。段差を好む猫が飛び歩くには最高の場所です。



壁の間に立つ私
旧市街には、人ひとりがようやく通れるような狭い路地がたくさんあります。

グレーの縞猫


三毛猫


階段に寝転ぶ猫たち
道には無防備な猫たちが、そこここに寝転んでいます。猫を探す必要がないなんて、猫好き弱視者にとっては天国です。

しかし、猫を探す苦労はないけれど、猫を踏まないように注意して歩かなければなりません。ゴミかと思ったら猫だったり、猫だと思ったら茶色い紙袋だったり。

木漏れ日の当たる茶色い猫
それでも青色の階段の上にいる猫なら、なんとか避けて通れるのですが、地面にいる猫には気がつきにくいです。写真の猫には木漏れ日が当たっていたので、もうちょっとで蹴飛ばすところでした。

テーブルの下から出てきた猫
夕食を食べに行ったレストランの椅子を引こうとしたら、猫が出てきました。

椅子の上の猫
ここに限らず、ほとんどのレストランに猫がいました!

私に気がついて起き上がった白黒猫
私に気がついて起き上がった猫。黒猫だと思ったら白黒猫でした。

「猫に食べ物をあげると幸せな気持ちになるんだよ」と言うお店の方の言葉が印象に残りました。この猫も常連客なのですね。

私の足にじゃれつく猫
この街の猫たちは、人が近づいてもほとんど逃げません。むしろじゃれついてきます。近寄られ過ぎて写真が撮りにくいぐらいです。

猫の写真を撮る技術を身につけたいと思いました。

塀の上の猫


塀の上の猫と戯れる私
シャウエンの街は段差が多くて、弱視の私にとって決して歩きやすい街ではありませんでした。しかし、猫がたくさんいるのと、街のお土産やさんがしつこくないことから、3泊もしてしまいました。

この写真は、猫と自撮りをしようと苦戦していたところ、見かねた洋服屋のおじさんが撮ってくれました。

「あんた、ここが気に入ったの?毎日見かけるよ。日本人はすぐ帰っちゃうのに。」

おじさんの言う通り、シャウエンの旧市街は小さくて、日本のツアーでは数時間しか立ち寄らないことが多いです。猫好きの方には、猫たちとゆったりとした時間を過ごしていただくため、宿泊されることをお勧めします。




女性/50代 視覚障害, 肢体不自由, 内部障害

お知らせ:Kindleで『ヨルダン? 行って帰って120時間?? 何、やってたの???』を出しました!読んでみてください。
https://www.amazon.co.jp/ヨルダン?-行って帰って120時間-何、やってたの-ヒロミトラベル土産ばなしヨルダン編-鈴木弘美-ebook/dp/B08WHWD2WC/ref=sr_1_7?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=ヨルダン&qid=1617584617&s=digital-text&sr=1-7

自己紹介
こんにちは。私は先天性白内障で、視力は右0.06、左は見えていません。ルーペや単眼鏡、iPadをフル活用して海外旅行をしています。右の股関節と両膝関節の変形があります。そして数年前に糖尿病になりました。
 今までに行った国は約50カ国。2013年に憧れの世界一周と、ピレネー山脈を超えてスペインの巡礼路約800kmを歩きました。リラックスよりも冒険的な旅が好き。それから旅先で猫を探すのが好きです。
 旅行好きが高じて2020年に総合旅行業務取扱管理者資格を取得。旅を仕事にできたらいいなぁ。

旅行エリア
アフリカ, モロッコ
旅行期間
対象読者
視覚障害 その他
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます
なし
関連タグ
弱視シャウエンモロッコ