多摩都市モノレール立川北駅

     


東京都立川市のJR立川駅からモノレール沿いに北に一駅、多摩都市モノレール線立飛駅までのお散歩ルポ


 今回ご紹介するのは東京都新宿から電車で約40分の東京都立川市。 都心から離れているとはいえ大都会の真ん中にいるような気分と、開放的なロケ ーションから、郊外都市ならではのお散歩を楽しめます。
さて、筆者は白杖を持つ眼球使用困難の視覚障害者。目が悪くなりすっかり行動範囲が狭くなってしまいました。
しかし、どうにか外出し、その土地の雰囲気を味わいながら散歩をしたい! という思いから筆者がお気に入りにしてる街が東京都立川市。
 それなりの都会で人口も多いのですが新しい街だけあって歩道が広く点字ブロックも敷き詰められていることから、人が多い割には視覚障害者が1人で歩きやすい環 境が整っています。 今回は全盲から少し目の使える白杖持ちの視覚障害者の立場で2回に分けてJR立川駅から多摩 都市モノレール立飛駅までのお散歩コースをご紹介します。



【立川駅解説 】

 まずはJR立川駅の解説です。立川駅の改札は東改札と西改札、そして北改札の3 つ。 いずれも2階にあり、立川周辺の良いところは、この2階エリアが広範囲に存在するところです。

 さて、駅解説に戻りますが、線路に垂直に交わる南北に延びる通路が2つあり、メ インの立川大通りに出る通路は東改札と西改札に挟まれています。東改札から出る と八王子に向かって出る方角になり右が北、左が南になります。西改札から出ると 正反対になるのでご注意ください。ちなみにもうひとつある北改札はこのメイン通 路より西側、つまり八王子寄りに位置しており、東改札と同様西に向かって出るかたちになっています。


 そして、今回は東改札から出るシチュエーションで解説します。改札の左側が駅員 さんのいるところです。帰りもJRから帰る場合はこの位置を覚えておきましょう。 改札を出て10mほど直進すると左右に横切る点字ブロックが現れます。この点字 ブロックはメインの通路の西寄りに位置します。



【JR立川駅からモノレール立川北】

 点字ブロックに到着したら右に曲がって北に向かいます。左側にびゅうプラザ、東改札、ルミネを過ぎて外に出ます。左からチリンチリンと音が聞こえてきたら地上が近い合図です。これはルミネの角に立っている修行僧の鈴の音です。
 駅を出てから左60度10時の方向に見える伊勢丹の右横を北進します。伊勢丹には 駅面に巨大ディスプレイが備え付けられており、その音が聞こえてきます。

駅を出たところから伊勢丹を見た写真
 伊勢丹の右横を進むためには一旦50mほど左に寄る必要があるため、一度左に向 かって進む必要がありますが、点字ブロックは途中で右斜めに進む場所があります。その後明らかに北に向かう分岐点を見つけたらそちらに向かいます。地上にある駅と平行の柳通りを渡るあたりで、点字ブロックが一旦切れるところがありますが、実はちょっと右側に移動すると北に向かう点字ブロックが出現します。 そのまま北に向かうと、伊勢丹の前で点字ブロックが消滅します。右側にガラス 張りの小さなカフェがあり、左前方に伊勢丹がある状態です。

 この通りは右に寄りすぎると下り階段が出現し、左に寄りすぎると建物自体が凸 凹しているので歩きにくいです。できるだけ真ん中を歩きましょう。そうこうする うちに、また進行方向に向かう点字ブロックが出現します。それに沿って30mくら いで左にエクセルシオールカフェがあります。筆者はここを立川に来たときの一服場所としてよく使っています。
 商業ビルの中にもカフェはありますが、やはり通り からすぐに入れるところは視覚障害者にとっては入りやすいのですから。入り口は 下り階段を少し下がり、入って右にレジカウンターがあります。店の雰囲気も読書 にネット検索、執筆など1人でのんびりするには最適です。

さて、エクセルシオールカフェで一服した後、またお散歩。カフェを出て左に向かい、そのまま真っ直ぐ出ると左右に大きな道が出現します。

 これは、緑川通りといい、中央線と平行に走っています。その上を渡るための歩道橋が少し右に位置するため少し右に移動してまた左に曲がりさっきと同じ方向に歩きます。

 下の写真1枚目は緑川通りに出たところ。2枚目はそこから少し右を向いた風景。




緑川通りに出たところ


上の写真から右40度くらいを向いた風景
歩道橋を渡る途中で左を覗くとこんな感じ。正に大都会気分!


歩道橋から見た中央分離帯を挟んだ道
その後左に曲がって直進します。右に高島屋があります。しばらく進むと歩道橋の材質が柔らかくなるエリアに来ます。実は目的地はその手前の右に現れる下り階段を降りて北に向かうのですが、立川の近未来間を味わうためにあえて一旦通りすぎて東に進んでみます。左を見るとこんな感じ。モノレール北口が見えて近未来感満載!


モノレール立川北駅と、モノレール車両
 今まで二階エリアを歩いてきましたが、モノレールはさらに上の3階の高さに位置 しています。さて、次回は立川駅を出てモノレールの下を通って高松駅に向かいます。


女性/40代 視覚障害

動く光・強い光への過敏性が高い眼球使用困難の視覚障害者。画面読み上げ機能と白杖、日傘、電気溶接グラスを使っています。福祉の谷間にあるため自身の疾患「眼瞼けいれん(ジストニア)」での障害年金2級以上を求めて裁判を起こし、5年間の戦いの末最高裁時不受理で敗れる。北海道札幌出身、関東在住。趣味は読書と散歩、パソコン、タブレットいじり、歌。

すべての障害者が救われる年金制度を求める署名にご協力を!
http://chng.it/2SH5kPZjrt
「みんなで勝ち取る眼球困難フロンティアの会(G-frontier)」代表
https://g-frontier.xyz
眼瞼けいれん発症時のエピソード漫画「眼精疲労の恐怖」
http://www.tinami.com/view/635178

旅行エリア
関東, 東京都, 立川市
旅行期間
対象読者
視覚障害 聴覚障害 発達障害 知的障害 精神障害 内部障害 補助犬ユーザ
見つけた設備・特徴 ピクトグラムの説明 新しいウィンドウで開きます

関連タグ
白杖視覚障害補助犬